ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 救急、消防、防災 > ご自宅等の防災地図情報をご確認ください

ご自宅等の防災地図情報をご確認ください

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年8月12日更新

台風、地震、地すべりなど災害の種類によって避難場所も異なります。家の周りにはどういった災害の危険性があるのか、避難できる場所はどこがあるか、日頃から考えておきましょう。 

情報マップの種類内容

洪水ハザードマップ

柳井川、土穂石川、灸(やいと)川が氾濫した場合の浸水想定区域や洪水時の心構え等を記載。

土砂災害ハザードマップ

土砂災害警戒区域等の位置や、災害時にいち早く円滑な避難が行えるよう避難場所、気象情報、災害情報の伝達方法等を記載。

地震(ゆれやすさ)マップ

柳井市への影響が大きいと考えられる地震が発生した場合の地盤のゆれやすさや地震に対する備え等を記載。

危険ため池ハザードマップ

大雨等により、ため池が万が一決壊した場合の浸水区域図。

高潮ハザードマップ

過去最大規模の高潮被害を発生させた台風と同等の気象条件を想定した浸水区域に加え、高潮発生の仕組みや浸水時避難のポイント等を記載。

津波ハザードマップ

南海トラフを震源とする地震で想定される津波浸水区域に加え、避難場所や避難の目安となる海抜10m以上の等高線を記載。

※最新の指定緊急避難場所等は、「指定緊急避難場所と指定避難所を指定しました」のページでご確認ください。

※情報伝達経路は、「防災情報の伝達について」  [PDFファイル/517KB]でご確認ください。


Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)