ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 柳井市の文化財 > 行里の五輪塔 一基

行里の五輪塔 一基

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年3月23日更新

行里の五輪塔 一基

昭和55年9月10日指定

柳井市柳井893

行里の五輪塔の写真
 柳井市白潟西の行里にある五輪塔は、黄土色の凝灰岩製で、総高99.8センチメートル、総重量137.0キログラムあり、凝灰岩の特質をよく生かした、素材で堂々とした威容で、薬研彫りの四門梵字がそろっているものもめずらしく、その形式、手法からして鎌倉時代末期の製作と推定される。

 この五輪塔は、現在平井 忠家の庭園隅に、他の花崗岩製の五輪塔五基分以上と合祀されているが、古くは平井家の東方約80メートルの地の二個所にあったもの。

 四門梵字のほかに銘文はない。この五輪塔にまつわる「七人ミサキ」の伝説は『玖珂郡志』にも記されているが、凝灰岩製のものと他の花崗岩製のそれとは、造顕年代にかなりの開きがあると思われ、伝説とのかかわりは今後の調査を待たなくてはならない。

 この五輪塔は、現在のところ市内では最古で最大のものだが、法量は次のとおり。
(単位はセンチメートル)

  総  高 99.8
  地輪高さ 20.4 表の縦37.7、横37.8
  水輪高さ 29.0 上・下面平旦で重厚な球形
  火輪高さ 22.6
  空風輪高さ 27.8
  総重量 137.0キログラム