ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 柳井市の文化財 > 高山寺の大モクセイ

高山寺の大モクセイ

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年3月23日更新

高山寺の大モクセイ

昭和50年9月30日指定

柳井市伊陸5324
高山寺

高山寺の大モクセイ
 本堂の裏、西北西隅に大きなモクセイがある。
 
 この木は、根元から三幹に分かれたように見えるが、最初三株いっしょに植えたのが一体となったのかもしれない。
 
 目通り幹囲りは、二体合体のものが216センチメートル。大幹のものが146センチメートル。根囲りは、三幹合体で約340センチメートルある。

 樹高1500センチメートル。枝張りは東約650センチメートル。西約780センチメートル。南約620センチメートル。
北約780センチメートル。

 花は、十月に黄白色の小花を葉腋に束生し、峻烈な芳香を放つ。なお、花の色は日陰などで白色のこともある。
花冠は四裂し、径5~6ミリメートル。花糸は葯より短い。

 樹高、樹幹、枝張りなど、いずれもまれにみる大きさである。ちなみにモクセイは柳井市の市木に選定されている。