ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > ごみ・リサイクル > ごみの出し方(カン・金属類)

ごみの出し方(カン・金属類)

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年3月23日更新

ごみの出し方(カン・金属類)

月1回収集(祝日及び振替休日でも収集します)

市指定ごみ袋はありません。透明の袋に入れて収集日当日(8時30分まで)に出してください。

出せる大きさの目安は18リットル缶までです。
汚れを取り除いて出してください。
カン・金属類(例)
カン・金属類

◆注意していただくもの 
品 目

出し方

鍋・やかんホーロー製は「不燃ごみ」に
カサ布・ビニールははずして「可燃ごみ」に
スプレー缶使い切って、穴をあけて
金属製のポット内側がステンレスのものに限る。
魔法瓶は「不燃ごみ」に
電気ポットは「粗大ごみ」に
トースターオーブントースターは「粗大ごみ」に
コンロ粗大ごみ」に
※刃物など危険なものは別の入れ物に入れて「キケン」の表示をしてください。
※スプレー缶やカセットコンロ用のボンベは、必ず中身を使い切って、穴をあけてから出してください。
スプレー缶製品の本体には高圧ガス保安法に基づいて「使い切って捨てること」という注意表示が記載されています。
缶を振って「シャカシャカ」と音がしたら中身が残っていますので、火気のない風通しの良い屋外で、スプレーボタンを押すなどしてガスを完全に抜いてください。
穴をあける際も火気に注意し、市販の穴あけ用具等を使って穴をあけてください。
クギ等を使って穴をあける場合は、ケガに注意してください。
中身が残ったまま廃棄すると、ごみ収集車やごみ処理施設が火災になる危険が生じますので、ご協力をお願いします。