ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広報やない > 広報やない平成25年4月11日号テキスト版01

広報やない平成25年4月11日号テキスト版01

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年4月11日更新

広報やない平成25年4月11日号(P2~4)

平成25年度柳井市当初予算

平成25年度予算が、3月定例市議会で可決されました。
一般会計の予算額は、153億8,000万円で、前年度当初予算に比べ10億8,700万円(△6.6%)の減額となりました。
●問い合わせ 財政課 電話22-2111内線440~443   

■一般会計当初予算の概要
予算編成方針
平成25年度予算は、予算編成期間中に市長の第1期目の任期が満了するという状況により、骨格予算として編成しました。具体的には、政策的、投資的な事業費は最小限に留め、人件費や扶助費等の義務的経費、庁舎等の施設に係る維持管理経費、既に継続して行っている事業などを中心に、当初予算で編成しなければ市民生活に影響を及ぼしたり、防災関連事業で緊急を要する事業費を計上しました。
そのため、今後必要とする政策的なものや投資的な事業費は、6月議会に肉付予算として補正予算の計上をする予定です。
歳入  
歳入の根幹をなす市税は、45億6,258万5千円で、(前年度45億2,246万2千円)に比べ、4,012万3千円(0.9%)増加しています。これは、税制改正により、県たばこ税の一部が市たばこ税に税源移譲されるため、市たばこ税を前年度(1億9、197万2千円)に比べ4,223万4千円((22.0%)増加すると見込んだことが要因です。
地方交付税は、48億5,000万円で、前年度(48億8,000万円)に比べ、3,000万円(△0.6%)減少しています。これは、市税が前年度より増加したため、その分地方交付税が減少すると見込んだものです。
市債は、11億3,360万円で、前年度(18億3,090万円)に比べ、6億9,730万円(△38.1%)と大幅に減少しています。これは、骨格予算での編成のため建設関連事業費が大幅に減少したためです。
そのほか前年度と比べ、国庫支出金は、柳北小学校建設事業の終了に伴う校舎建設事業費負担金の減等により、県支出金は、柳井、大畠の両児童クラブの建設の終了に伴う建設補助金の減等により、繰入金は、建設関連事業費の減等により、それぞれ減少しています。
歳出の性質別特徴 
▼人件費:増 定年退職者数の増に伴う退職手当の増により、前年度比2.4%増加
▼扶助費(社会保障費):増 4月から施行される障害者総合支援法に基づく新たなサービスの経費により、前年度比2.1%増加
▼公債費:減 過去に借り入れた市債の一部の償還が終了、および市債発行の抑制により、前年度比1.7%減少
▼普通建設事業費:減 都市農村交流施設建設事業や柳北小学校建設事業の終了、骨格予算編成のため建設関連事業費の減により、前年度比60.9%と大幅に減少
▼物件費:増 都市農村交流施設「ふれあいどころ437」の管理運営経費や、平成27年度の固定資産税評価替えに備えた不動産鑑定評価業務経費を新たに計上したことにより、前年度比1.1%増加
▼補助費等:減 市内事業所への企業立地促進奨励金や、離島航路への運営補助金の減により、前年度比2.5%減少
▼維持補修費:増 斎苑の火葬炉設備の修繕経費の計上により、前年度比66 .2%増加

■特別会計の概要
特別会計の予算額は、110億7,273万9千円で、前年度当初予算に比べ6億9,662万7千円(6.7%)増額となりました。
▼国民健康保険事業特別会計 給付費の増加のため1億1,310万2千円の増額
▼港湾整備事業特別会計 宮本塩浜1号線の道路改良事業のため2,720万7千円の増額
▼市営駐車場事業特別会計 まちなか駐車場の拡張工事が終了したため2,210万4千円の減額
▼簡易水道事業特別会計 3地区の簡易水道の統合事業のため5,514万5千円の増額
▼公共下水道事業特別会計 事業計画変更により返還金が生じたため4億4,182万9千円の増額
▼農業集落排水事業特別会計 処理場や中継ポンプの修繕のため2、653万9千円の増額
▼介護保険事業特別会計 給付費の増加のため5,418万6千円の増額
▼その他の特別会計 概ね前年度と同程度の予算額

平成25年度 一般会計・特別会計

平成25年度 一般会計
歳入:153億8,000万円

用語解説
▼歳入…一年間におけるすべての収入
▼自主財源…市が自主的に収入できる財源
▼依存財源…市独自で収入額を決められない財源
▼市税…市民税、固定資産税、たばこ税など
▼地方交付税…地方自治体の行政サービスが一定水準を確保できるよう国から交付されるもの
▼国庫(県)支出金…市が行う事業に対して国や県から交付されるもの

平成25年度 一般会計
性質別歳出:153億8,000万円

用語解説
▼歳出…一年間におけるすべての支出
▼人件費…職員等に勤労の対価として支払われる経費
▼扶助費…社会保障制度の一環として支給される経費
▼公債費…市債を返済するための経費
▼普通建設事業費…道路など社会資本整備に要する経費
▼補助費等…各種団体への助成金等に支払われる経費

平成25年度 特別会計
予算額(千円)、対前年度比(%)
一般会計 15,380,000 △6.6
特別会計 11,072,739 6.7
  国民健康保険事業特別会計 4,703,460 2.5
  港湾整備事業特別会計 82,274 49.4
  市有林野区事業特別会計 976 45.2
  市営駐車場事業特別会計 30,655 △41.9
  簡易水道事業特別会計 347,836 18.8
  公共下水道事業特別会計 1,635,407 37.0
  農業集落排水事業特別会計 290,930 10.0
  介護保険事業特別会計 3,412,560 1.6
  後期高齢者医療事業特別会計 568,641 0.1
一般会計+特別会計 26,452,739 △1.5

 

平成25年度当初予算の主な事業

新規事業/予算額(千円)
起業家養成支援事業          2,000     起業する人材の養成のため、島スクエア起業教育研究センターへ研究費を助成。(政策企画課)
固定資産情報管理システム更新事業   10,253 平成27年度の固定資産税評価替えに備え、航空写真による撮影データを更新。(税務課)
未熟児養育医療給付事業        3,015    病院に入院し、養育医療を受ける必要のある未熟児に対し、その治療に必要な医療費を給付。 (保健センター)
障害者虐待防止事業           829 障害者虐待防止のため、近隣町と協力し障害者虐待防止センターの機能を果たす。(社会福祉課)
斎苑火葬炉修繕事業          9,555 火葬業務を支障なく行うため、更新時期を迎えた斎苑火葬炉設備を修繕。(市民生活課)
ふれあいどころ437管理運営事業     9,123 農業振興と地域活性化のため、4月12日オープンの都市農村交流施設「ふれあいどころ437」を指定管理者制度により管理運営する。(農林水産課)
漁船捲揚施設補修事業         3,159 柳井漁港での船引揚げ作業の安全を確保するため、船揚場の修繕費を補助。 (農林水産課)
鳴門漁港海岸保全施設整備事業      17,527 鳴門漁港海岸を波浪や高潮等の被害から守るため、海岸保全施設の整備を行う。(経済建設課)
江ノ尻浜の上線道路改良事業       25,647 平成24年度から26年度にかけて行う事業で、今年度は、建物調査、用地の購入および移転の補償を行う。(土木建築課)
神花原三本松線(白潟西)道路改良事業  5,509 平成25年度から27年度にかけて行う事業で、今年度は、用地の購入及び土地の鑑定評価を行う。(土木建築課)
箕越大祖線道路改良事業        3,000 平成25年度から28年度にかけて行う事業で、今年度は、測量および設計を行う。(土木建築課)
高潮ハザードマップ整備事業      2,593 高潮災害時における迅速な避難体制の整備のため、高潮ハザードマップを作成。(土木建築課)
津波ハザードマップ整備事業      4,740 津波災害時における迅速な避難体制の整備のため、津波ハザードマップを作成。(危機管理室)
「立志(こころざし)の教育」推進事業   198    教師や児童生徒の発想力や想像力を育成し、言語教育、理数教育の充実を図る。(学校教育課)

継続事業/予算額(千円)
国民健康保険税負担軽減対策事業    200,000 保険給付費等の上昇に伴う国民健康保険税引上げによる負担を軽減するため、国保会計への繰出しを行う。(健康増進課)
不燃物処理場浸出水処理施設改修事業  79,050 安全で安定した排水処理を行うため、老朽化した不燃物処理場浸出水処理施設を改修。(市民生活課)
漁港機能保全事業           11,626 漁港施設の長寿命化および補修更新の最適化を図るため、漁港機能保全計画を策定する。 (経済建設課)
道路新設改良事業負担金        20,000 幹線道路整備のため、田布呂木土穂石線改良事業等の県事業費の一部を負担。(土木建築課)
橋りょう長寿命化事業         55,428 橋りょうの老朽化が進行しているため、長寿命化修繕計画に基づき計画的に修繕する。(土木建築課)
古開作線整備事業           126,700 県事業土穂石川河川改修に伴い、都市計画道路古開作線の道路整備を行う。(都市計画課)
大田川排水区ポンプ場建設事業     84,015 平成24年度から26年度にかけて行う事業で、大田川排水区の浸水対策のため、江の浦ポンプ場を建設。(都市計画課)
宮本雨水ポンプ場整備事業       52,000 老朽化した宮本雨水ポンプ場の排水能力や耐震性の向上のため、施設の整備に必要な詳細設計を行う。(都市計画課)
防災行政無線整備事業         90,083 平成23年度から25年度にかけて行う事業で、災害情報を住民に伝達するため、防災行政無線を整備。(危機管理室)
埋蔵文化財調査事業             18,085 国営ほ場整備に先立ち、埋蔵文化財保護のため、遺跡の発掘調査を行う。(生涯学習・スポーツ推進課)

詳しくは財政課ホームページをご覧いただくか、お問い合わせください。
http://www.city-yanai.jp/soshiki/7/yosan.html

●問い合わせ
 財政課 電話22-2111内線440~443