ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広報やない > 広報やない平成25年6月13日号テキスト版03

広報やない平成25年6月13日号テキスト版03

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年6月13日更新

広報やない平成25年6月13日号(P13~16)

まちの出来事

5/3 柳井縞NORENプロジェクト  柳井縞まつり
柳井縞の会(石田忠男会長)が創立20周年記念行事として企画した柳井縞NORENプロジェクトの集大成、柳井縞まつりが開催されました。白壁に飾られた1,086枚(871枚+215枚/やないにいこう)の柳井縞のれんは、全長約400mにもおよび、世界記録に挑戦しています。
のべ約3,300人もの人が織った柳井縞のれんが、子どもたちや多くの参加者の手によって、白壁の町並みの軒先へ掛けられました。

5/15 求人確保促進月間における企業・事業所訪問
求人確保のための取り組みとして、市長、県柳井県民局長、柳井公共職業安定所長があさひ製菓(株)を訪問し、坪野恒幸社長に求人確保の要請をしました。この他にも3事業所を訪問したほか、従業員が30人以上の事業所に対して、文書により要請を行いました。

5/17 市赤十字奉仕団非常炊き出し訓練
市赤十字奉仕団が、非常食の炊き出し訓練を行いました。写真は無洗米と水などを専用のポリエチレン製の袋に入れ、沸騰した湯に浸け炊飯する方法です。災害はいつどこで何が起こるか分からないため、普段から訓練の必要があると山本郁枝委員長は話されました。

5/28 旭日双光章の受章報告
柳井地区青色申告会連合会会長(現山口県青色申告会連合会会長)の多治比輝明さんが春の叙勲で「旭日双光章」を受章され、市長に報告されました。申告納税制度の普及や個人事業者の地位向上に多年にわたり尽力されてこられた功労による叙勲受章です。

柳井市健康づくり計画「おいしい  たのしい  元気やない」(14) 
『家庭の味付けを見直してみませんか?』
「柳井市健康づくり計画」では、高血圧を含めた生活習慣病予防を目標のひとつとして取り組みを進めています。昨年10月からは、「薄味・減塩に心がける人」を増やすことを目的に、家庭の味噌汁の塩分濃度を測定できる「減塩テープ」を配布し、多くの方に利用していただいています。
 
[減塩テープ配布事業]の中間報告
【方法】 減塩テープ(試験紙)を、1世帯に2枚ずつ配布し、まず家庭の味噌汁の塩分濃度を測定します。その後、より薄味を目指した味付けを心がけ、約1か月間あけて2回目の測定をし、結果をアンケート用紙に記入して、提出していただきました。
【アンケートの結果】 アンケート提出数 88世帯(配布数156世帯のうち56.4%回収)   
塩分濃度の測定結果について1回目と2回目を比較すると、濃い塩分濃度だった人が15.9%から9.1%に減少し、薄い塩分濃度だった人が58.0%から63.6%に増加していました。
薄い判定が出て安心した人や非常に濃い判定が出て驚いた人もいましたが、数値を見ると家庭の味付けが実際にどのくらいかが分かり、減塩の意識が高まったとの感想が多くありました。また、塩分測定をきっかけに薄味を心がけるようになり、家族もそれに慣れてきて、今後も気をつけたいとの感想もありました。

「減塩テープ」は市保健センター窓口で配布しています。
まずはご家庭の味付けを測ってみましょう。

味噌汁は、標準の塩分濃度でもお椀1杯分で、1.5g程度の塩分、インスタントの吸い物1食分では2g程度の塩分が含まれています。汁物で塩分をとり過ぎないように気をつけましょう。
【汁物による塩分を控えるために】
・1日1杯程度にする
・具だくさんにして汁の量を減らす
・天然素材(煮干しや昆布、かつお節等)で濃い目のだしをとる
・ねぎ、みつ葉等の薬味、ゆずの皮、七味唐辛子を取り入れる

◆問い合わせ 市保健センター 電話23-1190

図書館だより

■休館日
・毎週月
※柳井図書館
・祝日の翌日
・月末整理日3月31日(日曜日)
※大畠図書館
・祝日

■一般書(柳井図書館)
かんかん橋を渡ったら あさのあつこ
ガソリン生活 伊坂幸太郎
猫弁と指輪物語 大山 淳子
谷中ゲリラアーチスト 織田啓一郎
消えたなでしこ 西村京太郎
夢を売る男 百田 尚樹
アトロシティー 前川  裕
天翔ける 村山 由佳
ギッちょん 山下 澄人 
教えて!池上さん2 池上  彰
介護のしくみ 東田  勉
ステッチ図鑑 マギー・ゴードン
■一般書(大畠図書館)
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の旅  村上 春樹
日本の転機 ロナルド・ドーア
仲代達矢が語る日本映画の黄金時代 春日 太一
にすいです 冲方  丁
本屋さんのアンソロジー 飛鳥井千砂 他
■児童書(柳井図書館)
こぶたのかばん 佐々木マキ
えんそくおにぎり 宮野 聡子
これはちいさな本  レイン・スミス
森に住む動物 飯島 正弘
魔女のシュークリーム 岡田  淳

しらかべポリスニュース

■梅雨時期の災害に備えて
これから始まる梅雨時期に備え、次のことに注意して災害から身を守りましょう。
【平素の心がけ】
○自宅周辺の危険箇所、避難場所、避難ルート(今号2・3ページ参照)を確認しておく。
○地域における災害発生時の役割分担、家族間の連絡方法、集合場所等を決めておく。
○非常持ち出し品(貴重品、携帯ラジオ、懐中電灯、医薬品等)を準備しておく。
【大雨に対する準備】
○テレビ、ラジオ、インターネット等で最新の気象情報を入手する。
○強い雨が1時間以上降り続いたら避難の準備をする。
○自宅のまわりをよく観察して、土砂災害の危険サイン(今号3ページ参照)を見逃さない。
○危険を感じたら早めに自主避難する。
【避難する際に大切なこと】
○身体の不自由な人、お年寄り、子供さんから目を離さず、手を引くなどして安全な誘導を心がける。
○警察や自治体等の避難指示に従い、安全な場所に避難する。
○どのようなときでも、あわてず、落ち着いて行動する。

消費者相談ワンポイントアドバイス

■「インチキ内職」の被害に遭わないためには、どんなことに気をつけたらよいでしょうか
 近年問題になっている「インチキ内職」とは、次のようなものです。
(1)募集広告や勧誘電話で「高収入の仕事を提供すること」を強調する。
(2)仕事を提供する条件として、さまざまな名目でお金の支払いを要求する。
(例)登録料・資格を取るための教材費やレッスン料・使用する物品の購入費、など。
(3)約束どおりに仕事を提供してもらえず、期待していた「高収入」が得られない。
 このような「インチキ内職」にだまされないためには、次の点に注意します。
・高額な収入が得られるという「うまい話」には用心する。
・申し込む前に、仕事の内容・収入条件などを記した書類(契約書など)を請求し、内容を確認する。
・信頼できる業者かどうか確かめる。
 消費生活センターでも「インチキ内職」に関するご相談を受け付けています。
市消費生活センター
 電話22-2125((月曜日)~(金曜日)8時30分~17時)
県消費生活センター
 電話083(924)0999

やまぐちフラワーランドイベントガイド 電話24-1187

6/21金~6/23日 
花の共演(果子乃季あじさい祭り連携イベント)
 会場間無料シャトルバス運行
スタンプラリー 
 スタンプを集めて花苗またはお菓子と交換
6/22土・6/23日
手作り雑貨の展示即売会(カシー  フレンドリー)
6/28金~6/30日
初夏の山野草展

ニューギニアインパチェンス
 ツリフネソウ科  1年草  観賞期:5月~10月
その名のとおりニューギニア原産のとてもエキゾチックなお花。通常のインパチェンスより大輪の花を咲かせ、その豪華な花色が人目を惹きつけます。フラワーランドでは、自由広場を中心に植栽しています。

人口と世帯(5月31日現在)
人口34,424人(前月比45人減)
男性16,020人 女性18,404人
16,018世帯

やない西蔵ギャラリー展示
開館9時~17時(毎週火曜日休館) 
6/19水~7/1月 新庄絵画教室会員作品展
7/3水~7/15月 周南絵画教室会員作品展
●問い合わせ やない西蔵電話23-2490

広報番組「柳井市政だより」放映中
(株)周防ケーブルネットコミュニティチャンネルで放映しています。
○開始時間  10時・15時30分・18時・22時
○主な内容  前半:土砂災害防止月間
        後半:熱中症について
          防災メールについて

休日夜間応急診療所(電話22-9001)
受付は診療終了時間の30分前まで/土曜日休診
■休日昼間: 9時~12時・13時~17時
■平日夜間:19時~22時
 県小児救急医療電話相談(19時~23時)
 電話083(921)2755(携帯電話からは#8000)

広報やない6月13日号の主な内容
災害から身を守るために            2        エコキャンペーン            6
市政だより                 7       柳井市健康づくり計画          14

表紙写真の説明
 柳井縞NORENプロジェクト・柳井縞まつりの様子です。藍色を基調としたカラフルな縦じまが、涼やかに風に揺れていました。
編集後記
 柳井商工会議所が中心となって開発した「柳井甘露醤油ラーメン」を食べました。麺と魚介系スープがよく合っていて美味しかったです。黒にこだわった彩りも食欲をそそります。(三浦)

広報やない」の音訳版と点訳(抜粋)の作成をしています。 ●問い合わせ 音訳しらかべの会電話23-0172(粟屋)
「音訳しらかべの会」の皆さんによる「声の広報(音訳版広報)」を発行後1週間程度で市ホームページに掲載しています。