ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広報やない > 広報やない平成26年6月12日号テキスト版03

広報やない平成26年6月12日号テキスト版03

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年6月12日更新

広報やない平成26年6月12日号(P19~22)

まちの出来事

5/15 スポーツ少年団体力テスト
運動能力や適性を科学的・総合的にとらえ、練習のプログラムづくり等に活用することを目的とした体力テストがバタフライアリーナで行われ、8団体128人が参加。それぞれが自己記録の更新を目指しました。(写真は腕立て伏せの様子)

5/18 柳西地区親睦大運動会
柳西地区の8自治会による三世代交流運動会が柳井中学校グラウンドで開催されました。「ふれあい、親切、健康」をスローガンに、子供から大人まで約300人が参加。晴天のもと自治会対抗の綱引きや玉入れ、リレーなどで競い合いました。

5/18 柳東春まつり芸能大会
平成26年度柳東春まつり芸能大会が柳東文化会館で開催されました。この春まつりは柳東文化会館が主催する3大イベントの一つで、地域の皆さんが歌謡や演奏、ダンスなど様々な芸能を披露しました。(写真はルンビニ第二保育園の園児による詩の朗読の様子)

5/23 第36回「消費者月間」記念大会
県・市・山口県地域消費者団体連絡協議会主催による消費者の連携、安心・安全なくらしをテーマとした記念大会がアクティブやないで開催されました。(写真は西田公昭・立正大学心理学部教授による講演の様子)

5/30 柳井市赤十字奉仕団非常炊き出し訓練
市赤十字奉仕団が、市役所で災害時に備えた非常食の炊き出し訓練を行いました。この非常食は、無洗米と水などを専用のポリエチレン製の袋に入れ、沸騰した湯に浸けることで、簡単かつ衛生的に調理できるというものです。

柳井市健康づくり計画 おいしい  たのしい  元気やない」 
「おいしい たのしい 元気やない 24」

毎年6月は「食育月間」毎月19日は「食育の日」です
朝ごはんから、よい生活習慣を始めましょう!
 1日のリズムは、早寝・早起き・朝ごはんから始まります。朝何も食べないでいると、血糖値も下がったままで、体がだるく、頭や体が目覚めない状態が続いてしまいます。いきいきとした1日を過ごすためにも、まず朝ごはんを食べ、1日3食バランスよく食べるように見直してみましょう。
◆バランスのよい食事の基本 3つのお皿(食材)をそろえるようにしましょう
 主食(ご飯・パン)+主菜(卵・大豆製品・肉・魚)+副菜(野菜)  
 【朝食に便利な食材】 パン、レトルトのおかゆ、豆腐、納豆、卵豆腐、温泉卵、ハム、ウインナー、ツナやコーン等の缶詰、トマト、きゅうり、レタス、野菜ジュース、果物、牛乳・乳製品など
◆朝食のはたらき
○脳が目覚める 脳の唯一のエネルギー源となるブドウ糖を、ご飯やパンなどから補給すると脳が目覚めます。
○体温を上げる 血流がよくなり、からだを徐々に温めて、活動的にします。特にたんぱく質の多い食材(卵・大豆製品・肉・魚・牛乳・乳製品)をとることにより体温が上がりやすくなります。
○肥満を予防する 昼食までの空腹感をなくし、昼食や夕食、間食の食べ過ぎを防ぎます。
○便秘を予防する 腸が刺激されて規則正しい排便習慣が身につき、便秘を予防します。
◆朝食を無理なくとるために
○朝食内容は少しずつステップアップする
 ▼欠食している人 おにぎり、パン、果物、牛乳、野菜ジュースなど何か口にする。
 ▼単品(おにぎりのみ、パンのみ)の人 味噌汁、チーズ、果物など何か1品加える。
 ▼2品(ご飯とみそ汁、パンと牛乳など)の人 もう1品加える。
○下ごしらえは前日にする
 ▼野菜はサラダにしたり、茹でて冷蔵庫へ入れておく。
 ▼ご飯はタイマーで炊けるようにセットする。炊き込みご飯にすると食欲も出て栄養もとれます。
 ▼肉や魚は下味をつけて、朝は焼くだけにする。
○レトルト食品やインスタント食品を上手に利用する 時間がない朝には、加工食品を利用し、ひと工夫すると栄養バランスがアップします。
 ▼インスタントみそ汁に豆腐やカットワカメを入れて具だくさんに
 ▼レトルトのスープにご飯を入れて、ひと煮立ちさせてリゾット風に
 ▼季節の野菜にミートソースをかけて電子レンジにかけてグラタン風に
○夕食は早めに、夜食を控えて、深酒を避ける 遅い時間に食べ過ぎると、胃に血液が集中して睡眠が浅く目覚めが悪くなります。また、朝は食欲がなく朝食を抜く原因にもなります。
○睡眠を十分とり、早起きしてからだを動かす 目が覚めたらストレッチ体操などをして体を動かしてみましょう。体を動かすと消化器官も働き始めます。
●問い合わせ
 市保健センター 電話23-1190

人権標語
支え愛 相談し愛 助け愛

図書館だより
柳井図書館 電話22-0628
大畠図書館 電話45-2226

■一般書(柳井図書館)
スペードの3 朝井リョウ
くもりときどき晴レル 岩瀬 成子
無縁旅人 香納 諒一
さいごの毛布 近藤 史恵
フェイバリット・ワン 林 真理子
バベル 福田 和代
豆の上で眠る 湊 かなえ
ありふれた愛じゃない 村山 由佳
満顔 米澤 穂信 
日本の桜 勝木 俊雄
半自叙伝 古井 由吉
書かずにはいられない 北村 薫
■一般書(大畠図書館)
波形の声  長岡 弘樹
神様のケーキを頬ばるまで 彩瀬 まる
ひとりごと 森 浩美
消えてなくなっても 椰月美智子
パリわずらい江戸わずらい 浅田 次郎
■児童書(柳井図書館)
いしをつんだおとこ あきやまただし
月見草の花嫁 飯野 和好
ならんでるならんでる 竹下 文子
こどもたちへ まどみちお
きょうから飛べるよ 小手鞠るい

しらかべポリスニュース
電話23-0110

■山口県警察で勤務する船舶職員
 山口県警察では、船舶職員(航海士)を募集します。
○対象 昭和50年4月2日以降に生まれた人
○募集人員 1人程度
○勤務地 山口県内で警察用船舶を配置している警察署
○受験資格 六級海技士(航海)以上及び一級小型船舶操縦士の両資格を有する人
○募集期間 6月4日水曜日~9月8日月曜日
○受験申込書 
 各警察署、山口県警察本部で配布しています。
 また、山口県警察本部のホームページ(http://www.police.pref.yamaguchi.jp/<外部リンク>)からもダウンロードできます。
●問い合わせ
 山口県警察本部警務課人事係
 電話083-933-0110

消費者相談 ワンポイントアドバイス

■「訪問販売お断り」のステッカーは、効果がありますか
 市内の全世帯へ配布した「訪問販売お断り」のステッカーは、正しく使えば一定の効果が期待できます。使い方は次のとおり。
▼玄関の目立つところに貼る。
▼ステッカーを無視する販売業者には、玄 関を閉めたまま応対する。
▼ステッカーに注意を向けて「わたしの意思 を無視しないでください。帰ってくださ い」と言う。
 訪問販売全般を拒否するステッカーを無視しても、事業者は法律違反にはなりません。しかし、モラルの高い事業者であれば、おそらくステッカーを尊重するはずです。
 また訪問販売で「いりません」「帰ってください」と言われたら、事業者は勧誘をやめなければいけません。もしも、断っても勧誘をやめない事業者がいれば、それは法律違反ですので、警察に通報するとよいでしょう。
 訪問販売に関する苦情や相談があれば、気軽にお問い合わせください。
市消費生活センター
 電話22-2125(月曜日~金曜日8時30分~17時)
県消費生活センター
 電話083-924-0999

やまぐちフラワーランド イベントガイド
電話24-1187

◆多肉植物の寄せ植え体験
 14 土曜日~15 日曜日 
◆カエルのオブジェを探そう
 14 土曜日~15 日曜日
◆花の共演(果子乃季あじさい祭り連携 イベント) 27 金曜日~29 日曜日
 会場間無料シャトルバス運行
 スタンプラリー
 スタンプを集めて花苗かお菓子と交換
◆初夏の山野草展 27 金曜日~29 日曜日

ケイトウ きもの
ヒユ科 1年草 観賞期:6月~11月
炎のような鮮やかな花色で夏から秋まで長い間花壇を彩ってくれます。草丈が10cmから20cm程度のわい性品種で、寄せ植えなど鉢植えに向いています。フラワーランドでは、フラワーガーデンに約800本を植栽しています。

やない西蔵 ギャラリー展示 開館9時~17時(毎週火曜日休館)

6/11水曜日~6/23月曜日
 桧垣圭子作品展
6/25水曜日~6/30月曜日
 第5回デジカメマスター塾卒業生写真展
7/02水曜日~7/14月曜日
 喜楽絵画教室・新庄絵画教室 合同作品展
●問い合わせ
 やない西蔵  電話23-2490

休日夜間応急診療所(電話22-9001)
受付は診療終了時間の30分前まで/土曜日休診
■休日昼間: 9時~12時・13時~17時
■平日夜間:19時~22時
 県小児救急医療電話相談(19時~23時)
 電話083-921-2755(携帯電話からは電話#8000)

人口と世帯(5月31日現在)
人口34,011人(前月比18人減)
男性15,814人
女性18,197人
15,957世帯

広報やない6月12日号の主な内容
集約型のまちづくりに向けて 2  
災害から身を守るために 6     
受けて安心 結核・肺がん検診 9
市政だより 12

表紙写真の説明
 伊保庄地区三世代交流大運動会の様子です。幼児や小学生からお年寄りまで約400人が参加し、様々な競技を通して交流を深めました。
編集後記
 4年に一度のサッカーワールドカップがブラジルで開幕。3度目の出場となる日本代表遠藤保仁選手はテレビ番組で「どこにいても、何歳でも、成長できる」と話されていました。地道な努力の積み重ねが実を結ぶ瞬間を見逃さないようにしたいです。が、予選リーグの一部は平日の朝。もどかしいです。(三浦)

「広報やない」の音訳版と点訳(抜粋)の作成をしています。 ●問い合わせ 音訳しらかべの会 電話23-0172(粟屋)
「音訳しらかべの会」の皆さんによる「声の広報(音訳版広報)」を発行後1週間程度で市ホームページに掲載しています。