ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広報やない > 広報やない平成26年6月26日号テキスト版03

広報やない平成26年6月26日号テキスト版03

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年6月26日更新

広報やない平成26年6月12日号(P13~16)

まちの出来事

6/7 にこにこ健康づくり大学開講式
市では「にこにこ健康づくり」事業として、誰でも楽で長続きする運動と、地域で声をかけあい元気になる仕組みづくりを進めています。「にこにこ健康づくり大学」は、運動を中心とした知識や技術を学び、家族や地域へ活かしてもらうことを目的に開講されました。

6/9 柳井市をきれいにする実践活動の日
市と「小さな親切」運動柳井支部との連携により「柳井市をきれいにする実践活動の日」にあわせて、「日本列島クリーン大作戦」が市内各所で展開されました。当日は朝から蒸し暑い気候でしたが、多くの人が参加し、まちをきれいにしました。

6/10 余田小児童が梅もぎ体験
余田小3・4年生児童17人が参加し、市内余田・河村太郎さんの梅畑で梅もぎを体験しました。たわわに実った青梅を収穫し、午後からは梅ジャムなどの食品加工にも挑戦。地元農産物の「梅」を通して地域の皆さんとふれあいました。

6/13 アマモの保全活動
県漁協柳井支店青壮年部と柳井南中の全校生徒58人が、伊保庄の海岸でアマモの種子のついた花枝採取に取り組みました。同青壮年部と同中生徒は、花枝から得られた種子をまいたり、発芽させた苗を植えるなどして、海を育むアマモ場の再生に取り組んでいます。

6/17 全国中学生レスリング選手権大会で準優勝
柳井西中学校3年・荒川廣貴さんが、茨城県水戸市で開催された沼尻直杯第40回全国中学生レスリング選手権大会73kg級で準優勝し、市長に報告しました。荒川さんは「東京オリンピックに出場したい」と将来に向けての抱負を語りました。

「7月の子育て支援」は、PDF版または音訳でご確認ください。

市長コラム「柳井で暮らす幸せ」
■地域経済に光明、好循環へ
よくニュースで耳にする「有効求人倍率」とは、求職者に対してどれだけの求人があるかを表すもので、雇用状況を示す代表的な指標です。ハローワーク柳井管内(柳井市、周防大島町、上関町、田布施町、平生町)の求人倍率は、平成20年秋のリーマンショック以降、一時は0.3倍台を記録するなど長年に渡り県内最低レベルを推移してきましたが、昨夏以降、管内で新規求人が大幅に増加し、1倍を超える月も出てきています。中でも本市に限れば、県内トップクラスの求人倍率となっています。
また、厚労省の委託事業「実践型地域雇用創造事業」では、3年目の最終年度を迎える現時点で、目標としていた151人を大きく上回る「199人」の新規雇用を生み出すことが出来ました。
さらに、本市の歴史ある事業所が、このたび新たに大きな設備投資(約20億円)と新たな雇用(20人)を生み出していただくことを、先般の市議会においてご報告したところです。同事業所は、同時に市所有の遊休地もご購入いただくなど、明るいニュースを提供していただいています。
本地域は、高度な技術や技能を有する企業が少なくないこと、景気回復の中、より質や付加価値の高い製品を求める傾向が強まることで、県外から大量の受注のある企業があることなどから、雇用情勢は好転しつつあります。
また、何と言っても、それぞれの事業主、従業員の方々の地道な仕事の積み重ねが今日に繋がっていることは言うまでもありません。
本市としても、昨年4月からハローワーク柳井と市役所の企業立地・雇用創造推進室が共同で実施している延べ500件を超える事業所訪問や私自身による企業訪問などを通じて、雇用情勢に明るさが見えてきた今だからこそ、企業活動をお手伝いできるよう引き続き汗をかいて参ります。
私は、「医・職・住」を優先すべき課題として取り組んできました。住みよさに加え、働く場の確保を進めていき、定住促進、経済活性化へと好循環に結び付けていきたいと思います。
    柳井市長 井原 健太郎

7月は『愛の血液助け合い運動』強調月間
 1年でもっとも暑くなるこの時期は、献血する人が少なく、血液の確保が難しくなります。そのため7月を「愛の血液助け合い運動」強調月間として広く献血運動への参加を呼びかけています。
400ml献血にご理解を!
 人間一人ひとりの血液は、たとえ血液型が同じでも微妙に違っています。このため1人の患者さんに複数の献血者からの血液を輸血すると、その献血者が多いほど副作用(発熱や発疹など)発生の可能性が高くなります。成分献血、400ml献血は、200ml献血に比べて献血量が多いことから、少ない献血者からの輸血を可能にし、患者さんの安全性を向上させる献血方法と言えます。
 血液センターでは、献血のお申し込みをしていただく人の健康状態について慎重に確認した上で、400ml献血のご協力をお願いしています。
献血まつり
○日時 7月21日月曜日9時30分~16時
○場所 ゆめタウン柳井
○内容 400ml献血(初回の人のみ200ml献血可)
○イベント 献血クイズ、射的、ヨーヨーつりなどが無料で楽しめます。また、献血をされた人には、献血くじや粗品をご用意しています。
●問い合わせ
 市保健センター 電話23-1190

人権標語
ちょっとまって 人のわる口 いじめの一ぽ

7月のイベントカレンダー

1日 火曜日  
市民と市長と気楽にトーク(定例)
18:30~ 伊陸公民館

4日 金曜日
市民と市長と気楽にトーク(定例)
18:30~ 新庄公民館

9日 水曜日
市民と市長と気楽にトーク(定例)
10:30~ 平郡東小体育館
13:00~ 平郡西集会所

12日 土曜日
第7回柳井ひとづくりアカデミー
13:30~ サンビームやない

16日 水曜日
サザンセト伊保庄マリンパーク海開き
10:00~ 伊保庄マリンパーク
市民と市長と気楽にトーク(定例)
18:30~ 柳北小コミュニティルーム

18日 金曜日
市民と市長と気楽にトーク(定例)
18:30~ 伊保庄公民館

21日 月曜日
献血まつり
9:30~ ゆめタウン柳井

23日 水曜日
市民と市長と気楽にトーク(定例)
18:30~ 日積公民館

7月の検査・相談等日程は、PDF版または音訳でご確認ください。

水道修理連絡先(市指定水道工事協同組合)
電話090-9505-1140  
電話がつながりにくい場合は、長めに呼び出すか、しばらくして電話をお掛け直しください。
市指定水道工事協同組合(下記加盟業者・順不同)
河本設備工業株式会社 有限会社笹木設備 ベルダ株式会社 トオル電気株式会社 ミヤハラ設備株式会社 日昭住設株式会社 株式会社安原設備工業

けんけつ

400ml献血
11日 金曜日
9:30~12:00 柳井総合卸センター
14:00~16:00 柳井総合庁舎
14日 月曜日
9:30~12:00 中国電力(株)柳井発電所
14:00~16:00 周東総合病院
献血まつり 200ml(初回の人のみ)・400ml献血
21日 月曜日
9:30~16:00 ゆめタウン柳井

●問い合わせ
 市保健センター 電話23-1190

広報やない2014年6月26日号の主な内容
国保・後期高齢者医療のお知らせ 2
後期高齢者医療の年間保険料 3
柳井金魚ちょうちん祭り「助っ人スタッフ」募集 4
市政だより 5

「広報やない」の音訳テープと点訳(抜粋)の作成をしています。●問い合わせ  音訳しらかべの会 電話23-0172(粟屋)
「音訳しらかべの会」の皆さんによる「声の広報(音訳版広報)」を発行後1週間程度で市ホームページに掲載しています。