ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広報やない > 広報やない平成26年8月14日号テキスト版02

広報やない平成26年8月14日号テキスト版02

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年8月14日更新

広報やない平成26年8月14日号(P9~10)

まちの出来事

7月17日
全日本少年サッカー大会に出場
全日本少年サッカー大会に県代表として出場するFCリベルターデ(周南市を中心に活動)所属の松村龍希さん(大畠小6年)が大会への出場を市長に報告しました。市長は「柳井市の先陣を切って、柳井のサッカーを盛り上げてほしい」と激励しました。

7月18日
余田少年少女防犯パトロール
余田地区の防犯協議会が昭和42年から続けている活動に、今年は余田小学校5・6年生17人の隊員が参加しました。余田出張所で開催された結団式では、地区の防犯に取り組むことを誓い、その後、隊員全員で地区内をパトロールしました。

7月23日
囲碁全国大会に出場
柳井小学校チーム(写真左から山田健人さん、沖田琉唯さん、東條吏起さん(6年生)/琴石囲碁クラブ所属)が県大会で優勝。柳井小チームとしては3年連続となる文部科学大臣杯小・中学校囲碁団体戦全国大会への出場を市長に報告しました。

8月3日
ねんりんピック・リハーサル大会
来年度の「ねんりんピックおいでませ!山口2015」において柳井市で開催される将棋交流大会のリハーサル大会「柳井市オープン将棋選手権大会」が、文化福祉会館で行われました。小学生から高齢者まで50人のアマチュア棋士が熱戦を繰り広げました。

8月6日
全国中学校柔道大会に出場
大畠中3年・守友あみさん(写真左)が県大会で優勝し、第45回全国中学校柔道大会(愛媛県武道館)に出場します。コーチの山中雅典さん(写真右)と日々練習に取り組んできた守友さんは「ベスト8を目指します。コーチにも恩返ししたい」と抱負を語りました。

 

柳井市健康づくり計画「おいしい  たのしい  元気やない」 
『野菜をたくさん食べて生活習慣病を防ぎましょう』
 野菜にはカロテンが多く含まれる緑黄色野菜と、それ以外の淡色野菜があり、それぞれ健康を維持するために必要なビタミンやミネラルなどが多く含まれています。これらをしっかりとることで、高血圧、脂質異常症、糖尿病、がんをはじめとする生活習慣病を防ぐほか、ストレス、風邪なども予防します。今よりプラス1皿を目標に野菜をたっぷり食べましょう。
◆1日に必要な野菜の量は350g以上です。そのうち120gは緑黄色野菜でとりましょう。 
◆必要な量をとるために、1日5皿の野菜料理をとりましょう
◆野菜に含まれる栄養素の主な働きと多く含む野菜
ビタミンA(カロテン) ▶目や皮膚の粘膜の強化▶風邪予防。 人参、かぼちゃ、ほうれん草、小松菜など
ビタミンC ▶ストレスや風邪などに対する抵抗力を高める▶鉄分の吸収を促進▶肌を若々しく保ち、シミ、そばかすを予防 ピーマン、ブロッコリー、にがうり、キャベツなど
葉酸 ▶皮膚や口内の粘膜の強化▶アミノ酸の合成やたんぱく質の生成、促進▶造血に作用▶胎児の正常な発育(妊娠中に限らず、妊娠前の男女、授乳中の母親に特に摂取が勧められています) 枝豆、ほうれん草、アスパラガス、オクラなど
ミネラル 
カリウム ▶ナトリウムの排出を促進する働きがあるため、高血圧予防に効果▶利尿作用 ほうれん草、小松菜、かぼちゃ、トマトなど
カルシウム ▶骨や歯をつくり、骨粗鬆症を予防▶神経の鎮静作用 小松菜、大根葉、青梗菜、春菊など
鉄 ▶からだの各器官に酸素を運び、貧血などを予防、改善 枝豆、大根葉、小松菜、ほうれん草など
食物繊維 ▶血中コレステロールの低下作用▶食後の血糖値上昇を抑制▶高血圧、脂質異常症、糖尿病や便秘などの予防 オクラ、枝豆、ごぼう、かぼちゃ、ブロッコリーなど

◆作ってみよう!『たたききゅうりの梅あえ』 (1人前あたり 11kcal、塩分1.1g )
【材料(2人前)】 きゅうり…1本、塩…小さじ1/4、梅干し…大1個、しょうゆ…小さじ1/2
【作り方】
 (1)きゅうりに塩をふって板ずり(まな板に押し付けながらゴリゴリと転がす。)して水で洗う。
 (2)きゅうりは両端を、少しずつ切り落とす。 
 (3)水けをきってビニール袋に入れ、ビニール袋の上からすりこ木などで軽くたたき、ひびが入った ら手で食べやすい大きさにちぎる。
 (4)梅干しは種をとって包丁で細かくたたき、しょうゆと混ぜ、(3)に入れて味をなじませる。
●問い合わせ
 市保健センター 電話23-1190