ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広報やない > 広報やない平成27年4月9日号テキスト版02

広報やない平成27年4月9日号テキスト版02

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年4月9日更新

広報やない平成27年4月9日号(P10~17)

市政だより

お知らせ

柳井市水道ビジョンを策定しました
平成35年度を目標年次とした「柳井市水道ビジョン」を策定しました。
本ビジョンでは、水道事業の課題を明らかにし、その課題の解消に向けた方策の内容と工程を示しています。
〇閲覧方法 
▼市役所情報提供コーナー、水道課、各出張所・連絡所
▼水道課ホームページ
 http//www.city-yanai.jp/soshiki/25/
●問い合わせ
 水道課
 電話22- 2111内線651

訪問理美容サービスの出張経費の助成
○対象 在宅生活をする市民で、理髪店や美容院に出向くことが困難な次の人
▼65歳以上の寝たきりまたは認知症の人
▼心身の障がいや傷病等がある人
○利用回数 年4回まで
○その他 理美容料金は、利用者負担
●申請・問い合わせ 印鑑をお持ちの上、市社会福祉課へ申請してください。
 電話22-2111内線191

はり・きゅう施術費の一部助成
心身の安定と健康の増進を図るため、はり・きゅう施術費の一部を助成します。
○対象 (1)または(2)に該当する人
(1)市国民健康保険の被保険者でない70歳以上の市民
(2)市国民健康保険の被保険者
○利用回数 月10回まで
○助成額 
▼はり・きゅう術いずれか
 700円/回
▼はり・きゅう術併用
 800円/回
●申請・問い合わせ 印鑑をお持ちの上、次の場所で申請してください。なお、助成の対象となる施術所については申請の際にお問い合わせください。
▼(1)/市社会福祉課
 電話22-2111内線191
▼(2)/保険年金課
 電話22-2111内線151
▼(1)・(2)/各出張所、連絡所

ゴールデンウィーク期間中のごみ収集日程、PDF版または音訳版でご確認ください。

下水溝清掃の実施に皆さんのご協力をお願いします
■自治会の皆さんにお願いすること(雨天決行)
(1)泥土堀上作業
(2)泥土回収場所(車両が通る道路)までの運搬作業
(3)収集車への泥土積込作業(積込作業は午前中
に終わるように計画してください)
(4)収集車を自治会内の泥土回収場所へ誘導
(5)下水溝の消毒を実施される場合は、使用する方が直接医薬品販売店で購入し、薬剤師又は販売業者から説明を受けて、購入された方自らが散布を行ってください。誤飲事故も発生しています、ペットボトルなどの不適切な小分け配布は絶対にしないでください。
(6)作業中はけがをしないように十分注意してください。なお、家庭ごみ(粗大ごみ、庭木・草等)など、下水溝清掃以外のものは出さないようにしてください。
■5月10日日曜日実施
 白潟東一・白潟東二・白潟西下・白潟西二・江の浦東・江の浦西・宮本東・宮本西・宮野・大屋・大屋東・千才・野地・琴風・琴風団地・片野東・片野西・北中開作・姫田・今市・新町・上田・東後地・西後地・尾の上・和田・サントピア・国清・迫田・下馬皿・中馬皿・土手・北浜・亀岡・魚町・久保・金屋・古市・中野・愛宕・洲崎・小野下後・神出・小木尾上・小木尾中・小木尾下・上浜・伊保庄みどり・高須住宅・旭ヶ丘・余田晩の木
■5月24日日曜日実施
 南中開作・東土手・新天地・山根・山根西・忠信・広瀬・一丁田団地・北町・新市六・新市中・新市三・天神二・天神北・天神南・南浜・東大才・中大才・西大才・みずほ・柳町・スイートレジデンス柳井駅前・東樋の上・西樋の上・サントノーレ柳井中央・中塚・箕越東・コープ柳井・箕越南・グランシエロ柳井駅南・グランビュー南町・ヴィークス柳井駅南・瀬戸側・土穂石・西土穂石・東向地・西向地・浜の内・新生・雇用促進・築出東・築出西・築出北・西高須・西田布路木・余田平尾
■新庄地区(5月24日実施自治会以外)、大畠地区
 詳しくは各出張所にお問い合わせください。
▼5月17日日曜日 新庄地区実施
 新庄出張所 電話22- 0069
▼5月31日日曜日 大畠地区実施
 大畠出張所 電話45- 2211
●問い合わせ
 市民生活課 電話22- 2111内線166

緊急通報装置を月額500円で設置します
急病などの緊急時に通報がすぐに行えるよう緊急通報装置を設置します。ボタンを押すと24時間市の委託業者の緊急通報センターへつながり、救急車の要請依頼や各種相談の受付等に応じます。
○対象 (1)または(2)のいずれかに該当し、固定電話が設置されている在宅の市民
▼高齢者
(1)75歳以上でひとり暮らしの人
(2)65歳以上のひとり暮らし、または高齢者のみの世帯等でかつ、慢性疾患等があり健康上特に注意が必要な人
※同一敷地内及び隣接地に75歳未満の親族がいる人は対象になりません。
▼重度身体障がい者
(1)ひとり暮らしの重度身体障がい者(身体障害者手帳1級または2級)
(2)ひとり暮らしまたは障がい者のみの世帯の障がい者で日常生活に常時注意を必要とし、緊急時等に適切な措置が困難な障がい者
○利用額  月額500円
●申込・問い合わせ
 市社会福祉課
 電話22- 2111内線191

寝具乾燥消毒の訪問サービス
市の委託業者が訪問し、寝具を乾燥・消毒します。
○対象 在宅生活をする市民で、次のいずれかに該当する人
▼65歳以上の人
▼障がい者(身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳を所持する人)
○内容 敷布団、掛布団、毛布、枕のうち4点以内の乾燥と消毒(年間12回まで利用可)
○料金 1回につき220円(委託業者への支払)
●申請・問い合わせ 印鑑をお持ちの上、市社会福祉課へ申請してください。
 電話22- 2111内線191

平郡航路フェリー「へぐり」ドック入りによる臨時ダイヤ
▼代船運航の間はポートビル前の浮桟橋に発着します。
▼代行運航の間は車両での乗船はできません。
▼ドック予備船/旅客船「金比羅丸」旅客定員61人(車両乗船は不可)
●問い合わせ
 平郡航路有限会社
 電話22- 7944

協会けんぽ山口支部の保険料率変更
4月分(5月納付分)から協会けんぽ山口支部の保険料率が変わります。
○対象 健康保険証に「全国健康保険協会山口支部」と記載のある人
○変更内容
▼健康保険料率
10.03%

10.10%
▼介護保険料率
1.72%

1.58%
●問い合わせ
 協会けんぽ(全国健康保険協会)山口支部
 電話083-974-0531

就学援助費・就学奨励費の交付申請(再掲)
市内在住の小・中学生で経済的理由により就学困難と認められた場合に、給食費などの一部を補助する制度です。(所得制限あり)
○申請期限 4月30日木曜日(土・日・祝日を除く市役所執務時間内)
○申請場所 学校教育課
※継続の場合も申請が必要
○持参物 印鑑、同一世帯全員の平成26年分の所得が分かる資料(源泉徴収票や確定申告の写しなど)、保護者の通帳
●問い合わせ
 学校教育課
 電話22-2111内線321

市民相談

岩国年金事務所による年金相談(要予約)
○日時 5月14日木曜日・28日木曜日10時~12時・13時~16時
○場所 市役所3階大会議室
※6月11日木曜日、25日木曜日の年金相談の予約は、5月1日金曜日から受け付けます。
●申込・問い合わせ 相談日の前日までに電話で岩国年金事務所お客様相談室に申し込んでください。(先着順・定員になり次第締切)
 電話0827-24-2222

弁護士による無料法律相談(要予約)
○日時 5月13日水曜日9時30分~12時
○場所 市役所3階大会議室
○定員 8人(市民対象・定員になり次第締切)
●申込・問い合わせ 5月1日金曜日8時30分から電話により先着順で受け付けます。
 市民生活課
 電話22-2111内線161

行政・市民相談        
○日時 5月13日水曜日13時30分~16時(受付15時30分まで)
○場所 市役所3階大会議室
○内容 
▼行政相談/行政相談委員による国・県・市の行政に対する苦情や要望の相談
▼市民相談/行政書士会岩国支部柳井地区会員による官公署手続、書類作成等についての相談
●問い合わせ
 市民生活課
 電話22-2111内線161

行政相談                 
○日時 5月13日水曜日13時30分~16時(受付15時30分まで)
○場所 ふれあいタウン大畠
○内容 行政相談委員による国・県・市の行政に対する苦情や要望の相談
●問い合わせ 大畠出張所
 電話45-2211

平成26年度 「にこにこ運動教室」 に参加した皆様へ
■平成26年度「にこにこ運動教室(計測編)」の「1年後計測」を実施します
 昨年6月から7月にかけて「にこにこ運動教室(計測編)」を開催し、田中宏暁福岡大学スポーツ科学部教授が所属する福岡大学身体活動研究所の協力のもと、体力や筋肉の量の計測、さらに認知機能の簡易テスト等、身体機能の計測を行いました。
 この計測に参加した人には、この1年間の機能の変化を知るための「1年後計測」を、今年の5~6月に実施します。
○対象 対象者には、4月17日金曜日を目途に、ご案内とピンク色の応募用紙をお送りします。詳しくは案内をご覧ください。
○申込 参加を希望する人は、応募書類にご記入の上、同封の返信用封筒で市保健センターにご返送ください。
※今年度の新規募集については、次回の広報やないでお知らせします。
■にこにこ運動教室に参加し、ライフコーダをお持ちの皆様へ
 ~普段は印刷ができない、日ごとの運動強度の推移などをカラー印刷します~
 会場で係員にお声かけください。普段より詳しい分析結果を見て、成果を確認してみましょう。
○日時 4月21日火曜日~22日水曜日8時30分~17時15分
○場所 市保健センター 
●問い合わせ
 市保健センター 電話23-1190

講座・教室

1歳のお誕生わくわくセミナー(託児有)
○日時 5月19日火曜日13時30分~15時30分
○場所 市保健センター
○内容
▼講話「むし歯予防・幼児食のポイント」
▼プチお誕生日会・交流会(手作りおやつ試食)
○対象 市内在住の11~15か月児の親子
○定員 15組(先着順)
○持参物 母子健康手帳、参加費300円程度
●申込・問い合わせ 5月12日火曜日までに電話で市保健センターへ申し込んでください。
 電話23-1190

募集

気軽に野菜を作ってみませんか
JA農園「JAアグリランド」の利用者を募集します。
○場所 石井ダム横
○対象 市内またはJA南すおう管内に居住する人
○区画 1区画24平方メートル(4m×6m)
○利用料 1区画3,500円/3区画以上の利用に割引有り
○期間 1年間(5月開園予定)
○その他 利用者を対象に栽培講習会を開催(年4回程度)
●問い合わせ 詳しくはJA南すおうのホームページをご覧ください。
 JA南すおう営農課
 電話22-9787

人権作品
人権尊重の推進を目的に募集し、優秀賞を受賞した作品を紹介します。

「最後の時の選択」 
柳井高等学校 一年 中村 優希 
(平成26年度受賞時)
私は最近よく病院に行く。それは、二人の祖父が体調を崩し、入退院を繰り返しているからである。だから、私は治療の仕方について興味を持ち調べてみた。そうすると治療には手術をするほかに緩和ケアというものがあることが分かった。私の祖父は、二人とも、緩和ケアを望んでいたので、私は緩和ケアがどういうものなのか、ということを調べてみると「生命を脅かす疾患による問題に直面する患者とその家族に対して、痛みやその他の身体的問題、心理社会的問題、スピリチュアルな問題を早期に発見し、的確な治療、処置を行うことによって、苦しみを予防し、和らげることで、生活の質を改善するアプローチである。」と書いてあった。この書き方だと死んでしまうことを前提としているように思ったので、母になぜ祖父たちは手術をして、病気を治してしまわないのか聞いてみた。そしたら、「本人たちの意志だから尊重してあげたい。」と言われた。
自分が自分の死に方を選ぶということは、そこに責任もついてくるということだと私は思う。どんな死に方を選ぶにしろ、家族はそれに沿うように協力してあげなければならない。本人が辛く、苦しいときは、それを傍で見守っている家族も同じように苦しいのだと思う。
「神様のカルテ」という話の中で、医師の一止は悩みながらも、患者さん一人一人に寄り添おうと努力していた。この本を読んで、私が将来看護師になれたら、一止のような看護師になりたいと感じた。人の病気の治療についての考え方は様々だと思う。長く生きたいと願う人もいれば、最後は家族と過ごしながら死んでいきたいと願う人もいる。そうした色々な人たちの願いを聞かず一方的な治療を提供することは、患者さんの人権を無視していることになるのではないだろうか。
また、最近「ホスピスボランティア」というものを知った。「ホスピスボランティア」とは、「我が家で最後まで過ごしたいと望む患者や、家族を支えるボランティア」と書いてあった。このボランティアは、患者のケアをするだけでなく、その家族のケアもするらしい。患者さんと患者さん家族の負担を考えると、生活を豊かに維持することは、とても意味のある事だと思う。また、ボランティアをすることで、地域のケアの力や、互いに支え合う力が育っていくといいと思う。
私は何もできないけど、祖父の話し相手になったり、傍にいてあげたりすることはできると思う。そして、私にできることを精一杯やり、祖父たちの最後のときは、幸せな気持ちにして送ってあげたい。
●問い合わせ
 人権教育室
 電話22-2111内線333

独歩記念事業柳井市短詩型文学祭作品
○応募部門・規定
▼短歌 自由詠2首1組
▼俳句 自由詠2句1組
▼詩 自由詩1作品(400字詰原稿用紙2枚以内)
※応募は創作未発表の作品に限り、資格は問いません。
○応募点数 短歌・俳句部門は各1人1組、詩部門は1人1点
○応募期限 5月21日木曜日(必着)
○発表 6月23日火曜日に発表し入賞者に直接通知
○賞 各部門1~3位に賞状と副賞(図書カード)
○その他 応募作品は返却しません。応募作品の著作権は柳井市に帰属します。
○応募方法 応募部門・郵便番号・住所・氏名(フリガナ)・年齢(児童・生徒は学年)・電話番号を明記の上、短歌・俳句はハガキで、詩は封書で応募してください(電子メールでの応募可)。
 なお、作品中の漢字で特別な読み方をする場合は、フリガナをつけてください。
●応募・問い合わせ
 〒742‐8714(住所記載不要)
 生涯学習・スポーツ推進課内 中央公民館文学祭係
 電話22-2111内線331
 chuokominkan@city-yanai.jp

防災メールの登録方法
(1)防災メール申込用アドレスyanai@xpressmail.jpに、空メールを送信ください。
(2)返信される登録用メールの指示に従い、登録してください。
※受信する情報は警報のみを選択することもできます。
●問い合わせ
 危機管理室
 電話22-2111内線431

イベント歳時記フォトコンテスト
主催/柳井商工会議所
○対象イベントは(1)・(2) (平成27年の催事に限る)
(1)4月18日土曜日・19日日曜日
 柳井天神春まつり
(2)8月13日木曜日
 柳井金魚ちょうちん祭り
○応募方法 ▼写真2Lサイズ/郵送または持参▼組作品は除外▼応募点数は1イベントにつきお一人様2点まで▼応募作品の裏面に 写真タイトル・住所・氏名・電話番号を記入▼応募作品はオリジナルなものに限る(過去に出品した作品は不可、パソコンでの加工は不可)
○注意事項 ▼応募作品は返却いたしません▼応募作品の著作権は柳井商工会議所に帰属します▼審査結果へのクレームは受け付けません
○募集期間 4月18日土曜日~9月11日金曜日
○審査方法 正副会頭と写真愛好家の当所議員による審査で受賞作品を決定します。
※審査結果の発表は、9月下旬以降を予定しています。また作品は、商工会館1Fロビーに展示します(10月予定)。
○賞品 会頭賞10,000円相当、副会頭賞5,000円相当、優秀賞3,000円相当の賞品を予定
●応募・問い合わせ 詳しくはお問い合わせいただくかホームページをご覧ください。
 〒742-8645 中央2丁目15-1 柳井商工会議所総務課 電話22-3731

建て替えなどにあわせて狭い道路を広げましょう
道幅が4m未満の狭あいな道路は、日常の通行や通風及び採光などの支障となるだけでなく、緊急時や災害時の消防・救急活動に支障をきたす場合があります。そのため、市民の皆さんが建築などをされる際、道幅が4mの道路に拡幅するようご協力をお願いすることとなります。また、その費用の一部を助成します。対象道路、助成内容など詳しくはお問い合わせください。
○対象道路 都市計画区域内の用途地域が定められた地域で、建築基準法第42条第2項の指定を受けた市道
○助成内容 後退用地内に工作物等があれば、その撤去等に係る費用や後退用地部分の擁壁設置費の一部を助成します。なお、助成を受けようとする場合は、事前に市と協議してください。
●問い合わせ
 土木建築課 電話22-2111内線235・236

まちの出来事

3月1日
伊陸南山神社の神楽
市無形民俗文化財に指定されている伊陸南山神社神楽が行われました。この日は伊陸南山神社神楽保存会(小学生から一般まで12人で構成)の皆さんにより、約3時間をかけて12演目の舞が奉納されました。

3月21日
にこにこ健康づくり大学一期生が全過程を修了
1年間、運動を中心とした様々な知識と技術を習得してきた第一期生56人が、大学の全過程を修了しました。今後は家族や地域へ健康づくりの輪を広げていく「(仮称)にこにこ健康推進員」として活躍していただく予定です。(写真はこの日、修了証書を授与された皆さん)

3月21日
やない白壁  花香遊
白壁の町並みで花や香り、遊び、音楽などを楽しむイベント「花香遊」が開催され、約1万人の人出で賑わいました。暖かな日和となったこの日は、家族連れや着物姿の女性客も多く見られ、お香遊びや投扇興、かるた、文香、伊陸糸あやつり人形芝居などの多彩な催しを楽しんでいました。

3月23日
てるてる坊主で晴天をお祈り
4月19日日曜日に恒例の「いほのしょう春まつり」が開催されます。当日の晴天とまつりの盛会を祈って、柳井南小学校1~5年生児童48人が、約450個のてるてる坊主を会場となる学校前の水田に張ったロープに取り付けました。

3月23日
柳井商工生が高齢者施設を訪問し交流
柳井商工高校の生徒が、市内伊保庄の「ゆうわ苑」を訪問し、お年寄りの皆さんと吹奏楽の演奏や折り紙遊びなどを通して交流を深めました。また、同校の柳井縞プロジェクトチームが製作した機織機で、一緒に機織り体験を楽しみました。

3月29日
三つ葉春まつり
やまびこふれあいセンター(大畠大久保地区)で開催されたまつりでは、同地区で8年に一度となる神楽が奉納されました。また、来場者は会場周辺に咲いた菜の花を楽しみながら、ジャンボ鍋やおむすびなど、集落の皆さんのおもてなしを満喫しました。