ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広報やない > 広報やない平成27年10月8日号テキスト版03

広報やない平成27年10月8日号テキスト版03

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月8日更新

広報やない平成27年10月8日号(P14~20)

-市民と市長と気楽にトーク-
皆さんこんなことを気楽にお話しされています

今年度下半期は10月から!
日程等は毎号の市政だよりをご覧ください。
●問い合わせ
 政策企画課
 電話22-2111内線471

平成27年5月から8月までの間に各地区で開催した「市民と市長と気楽にトーク(定例開催)」には、14会場で184人の皆さんが参加されました。今号ではその主なご意見などを掲載しています。
 「市民と市長と気楽にトーク」は、10月以降も各地区での開催を予定しています。気楽にご参加ください。

※「市民と市長と気楽にトーク」には、平成21年5月の開始から本年8月までの間に278回開催し、延べ4,096人の市民の皆さんが参加しています。
▼UJIターン者を支援してほしい。
▼Iターン事例の情報を広く発信してほしい。
▼トワイライトエクスプレスがIターンにつながるとよい。
▼移住された方と良好な関係で交流しており、婦人会としてもありがたいと思っている。
▼夢プラン実現に予算を付けてもらい感謝する。
▼危険空き家の対策を進めてほしい。
▼公共料金を上げる前に市職員の給与カットが必要ではないか。
▼行政改革のため上水道、下水道の統合が必要である。
▼市職員を活性化し、スーパー公務員を目指してほしい。
▼柳井地域の合併は今後どうなるのか。
▼マイナンバー制度の管理はどのような体制を実施するのか。
▼今後の介護に関する市の考え方を知りたい。
▼レンタサイクル等の自転車を活用できたらよい。
▼米軍岩国基地航空機の騒音の対策をお願いしたい。
▼岩政信比古氏の住居跡地の活用を検討してほしい。
▼観光客を増やすため平郡航路の便数を増やして利便性を高めたり、クルージングをしては?
▼婚活イベントを広くPRして出会いの場を増やしてほしい。
▼阿月神明祭への交通アクセスを改善してほしい。
▼低所得者に平郡フェリー運賃の一部を助成してほしい。
▼農業の高齢化対策としてアシストスーツをリースして、移住のPRにつなげては?
▼出来る限り、道路の草刈りを地元で頑張るが、労力を減らす方法を検討してほしい。
▼月性について徹底的に調べて、柳井図書館・大畠図書館に集積したらよい。
▼平郡から大島に行き柳井に戻るクルージングでスナメリを見て子供が喜んだ。観光資源にしてはどうか。
▼圃場整備を早く進めてほしい。
▼事故の多い道路の安全対策を進めてほしい。
▼ウェルネスパークの施設管理をしっかりしてほしい。
▼観光を推進しているのに柳井川の堆積土砂、雑草が生え、見栄えが良くない。
▼土砂災害時の迂回路整備や道路の拡幅をお願いしたい。
▼配布された防災マップの説明会を開催してほしい。
▼旧阿月小学校を解体し跡地を活用したい。
▼波止場の延長をしてほしい。
▼旧神西小学校、旧遠崎小学校や旧うずしお荘の跡地利用について検討してほしい。
▼子供を産み育てる環境整備をしてほしい。
▼市の将来について小中高生へのアンケートを実施しては?
▼将来の子供たちに負担のない市政運営をお願いしたい。
▼柳北小にコミュニティルームができ、地域の人が大いに活用し、生き生きと元気になっている。
▼女性対象の気楽にトークを開催してほしい。
▼予算説明を直接聞けて良くわかった。
▼日積の地元ががんばっている成功事例を知りたい。
▼参加者のいろいろな意見がもっと聞きたいと思うので、また人を誘って参加したい。
▼ふるさと納税に地元農産物の活用し、PRしてほしい。

平成26年度  健全化判断比率・資金不足比率の公表
地方財政の健全化を図るため、「地方公共団体の財政の健全化に関する法律」の規定により、毎年、健全化判断比率と公営企業ごとの資金不足比率を議会に報告し、公表することが義務付けられています。
平成26年度決算の各比率は下記のとおりです。

■健全化判断比率
区分   健全化判断比率 早期健全化基準 財政再生基準
実質赤字比率  -  13.35%  20.0%
連結実質赤字比率 -  18.35%  30.0%
実質公債費比率  10.6%  25.00%  35.0%
将来負担比率  70.6%  350.00 % 
「-」は、実質赤字額、連結実質赤字額がないことを表しています。

■資金不足比率
特別会計名   資金不足比率 経営健全化基準
水道事業会計   -  20.0 %
簡易水道事業特別会計  -  20.0 % 
公共下水道事業特別会計  -  20.0 % 
農業集落排水事業特別会計 -  20.0 % 
港湾整備事業特別会計  -  20.0 % 
「-」は、資金不足額がないことを表しています。
【説明】平成26年度の決算では、健全化判断比率および資金不足比率において、財政の黄信号を示す早期健全化基準、経営健全化基準を下回っており、柳井市の財政が概ね健全であることを表しています。

●問い合わせ
 財政課 電話22-2111内線440

【用語の意味】
■実質赤字比率 一般会計等(普通会計)の実質赤字額の標準財政規模に対する比率
■連結実質赤字比率 一般会計や公営企業会計など全ての会計の実質赤字額の標準財政規模に対する比率
■実質公債費比率 一般会計等が負担する地方債の元利償還金及び準元利償還金(特別会計への繰出金のうち、地方債の償還に充てたもの等)の標準財政規模に対する比率
■将来負担比率 地方債の残高をはじめ一般会計等が将来負担すべき実質的な負債の標準財政規模に対する比率
※標準財政規模 地方公共団体が通常水準の行政活動を行う上での必要な一般財源で、標準税率で算定した税収入額と譲与税などの税外収入に地方交付税を加えた額
■資金不足比率 公営企業会計に係る資金不足の事業規模(事業収入)に対する比率
柳井地域広域水道企業団の資金不足比率の公表

平成26年度柳井地域広域水道企業団の資金不足比率についても、同様に公表します。
会計名      資金不足比率 経営健全化基準
柳井地域広域水道企業団水道用水供給事業会計 -  20.0 %
「-」は、資金不足額がないことを表しています。
●問い合わせ
 柳井地域広域水道企業団 電話28-5333

まちの出来事

9月11日~
市内各地区で敬老会を開催
市内各地区で敬老会が開催されています。今号では大畠、新庄、柳井、余田、日積、伊保庄各地区の様子を掲載しています。式典では、米寿・白寿などの長寿者に記念品が手渡され、長年地区のために尽力されてきた皆さんが、敬老功労者として表彰されました。また、式典後は、趣向を凝らした余興などで楽しいひとときを過ごしました。
各地区の功労者は次とおり
9月11日金曜日 大畠地区敬老会
敬老功労者
桐川 徹さん
三浦 豊子さん
河本 方子さん
9月19日土曜日 新庄地区敬老会
敬老功労者
松村 武男さん
米田 郁子さん
9月19日土曜日 柳井地区敬老会
敬老功労者
坂本 清子さん
福田 美雪さん
9月25日金曜日 余田地区敬老会
敬老功労者
北山 八重子さん
河村 佐枝子さん
9月27日日曜日 日積地区敬老会
敬老功労者
上田 代根子さん
9月29日火曜日 伊保庄地区敬老会
敬老功労者
和田 長子さん
岡 紀美男さん
樋田 公子さん
中嶋 眞弓さん
介護功労者
西村 マサ子さん

9月1日
余田少年少女防犯パトロール隊結団式
余田少年少女防犯パトロール隊は昭和42年に結成され、毎年、余田地区の安全と明るい地域づくりのためにパトロールを行っています。今年も余田小の5・6年生による結団式が開催され、隊長の松村愛輝さんが決意を述べました。

9月12日
認知症高齢者を考える集い
「身近な人が認知症になったとき」をメインテーマに認知症高齢者を考える集いがアクティブやないで開催されました。後半のシンポジウム(写真)では認知症高齢者やその家族を地域でどう支えていくかということについて、活発な意見が交わされました。

9月18日
マイ・ハート・コンサート2015 in 柳井
柳井地域スポーツ・文化まちづくり協議会主催の「マイ・ハート弦楽四重奏団」を迎えたコンサートがサンビームやないで開催されました。フィナーレでは同楽団と柳井中合唱部、吹奏楽部、柳井高校弦楽部、ウインドミルアンサンブルが共演した壮大な演奏が披露されました。

9月24日
交通安全キャンペーン
秋の全国交通安全運動にあわせて、警察関係団体や柳井連合婦人会などの約20人の皆さんが、市内ショッピングセンターで買い物客らにパンフレットなどを配布し、重大事故も発生している高齢者の事故防止を重点に交通安全を呼びかけました。

9月26日
第10回柳井ひとづくりアカデミー
今回は島根県中山間地域研究センター研究統括監・藤山浩氏を講師に迎え、「田園回帰の時代」と題した講演が行われました。藤山先生は島根県海士町や雲南市などの取り組みを例に挙げ、「小さな拠点」づくりとその連携による複合的な地域づくりを提唱されました。

柳井市健康づくり計画
「おいしい  たのしい  元気やない」 
『実践していますか?噛ミング30』

いろいろな食材をバランスよく、しっかり噛んで食べることは、歯と体の健康をつくるためにとても重要です。
厚生労働省と日本歯科医師会では、一口30回以上噛んで食べることを目標とした『噛ミング30』を提唱しています。調理方法や食べ方を工夫して、しっかり噛んで食べる習慣をつけましょう。
◆よく噛んで食べると、こんないいことが
肥満を防ぐ
よく噛んで食べると脳にある満腹中枢が働いて食べ過ぎを防げます。
脳の働きを活発にする
あごを開けたり閉じたりすることで、脳に酸素と栄養を送り、脳細胞の動きを活性化します。子どもの知育を助け、高齢者は認知症予防に役立ちます。
胃腸の働きを促進する
よく噛むと消化酵素の分泌がさかんになり、細かく噛み砕けば胃腸への負担を和らげます。
むし歯、歯周病、口臭を予防します
唾液の分泌が増え、唾液の抗菌化作用によって口の中の清掃効果が高まります。
他にも
▼食べ物の味がよく分かるようになる。
▼口の周りの筋肉が発達して、はっきりとした発音になったり表情が豊かになる。
▼あごや骨の筋肉がバランスよく成長し、きれいな歯並びにつながる
◆噛む回数を増やす工夫
一口の量を減らす
一口の量を減らせば、1回の食事で噛む回数が増えます。
食物繊維の豊富なもの、弾力性のあるものを加える
食物繊維が豊富なごぼう、れんこん、大豆、きのこ類、海藻類やこんにゃく、いか、たこのような弾力性のあるものは、噛みごたえが十分です。
少し硬めの食材を混ぜる
ハンバーグ、卵焼き、コロッケ等の柔らかい料理に豆、きのこ、ミックスベジタブル等の少し硬めの食材を混ぜる。カリカリにしたイリコやナッツ類、するめのような硬いものをおやつにするのもお勧めです。
お口の健康を確認するために、
定期的に歯科検診・相談を受けましょう

11月9日月曜日~11月14日土曜日
「やまぐち歯・口腔の健康づくり推進週間」
山口県歯科医師会所属の歯科医院で、無料の歯科検診・相談が受けられます。(事前に歯科医院に電話で申し込みが必要です)

●問い合わせ
 健康増進課 電話23-1190

人権標語
あいさつで いろんな人を 気持ち良く

図書館だより
柳井図書館 電話22-0628
大畠図書館 電話45-2226

■一般書(柳井図書館)
つまをめとらば 青山 文平
B勘あり! 飯田 真弓
太閤の巨いなる遺命 岩井三四二
密約 上田 秀人 
金魚姫 荻原 浩 
スカラムーシュ・ムーン 海堂 尊
水曜日の凱歌 乃南 アサ
なりたい 畠中 恵
悲素 帚木 蓬生
約束 水谷 修
ひんやりスープ 丸山 久美
和のかごとざる 高宮 紀子
■一般書(大畠図書館)
鵺の家 廣嶋 玲子
世界の果てのこどもたち 中脇 初枝
贖い 五十嵐貴久
赤い呪縛 小杉 英了
若年性アルツハイマーの母と生きる 岩佐 まり
■児童書(柳井図書館)
たなからぼたもち くすのきしげのり
としょかんへいこう 斎藤 洋
およげないさかな せなけいこ
さくら猫と生きる 今西 乃子
広島の木に会いにいく 石田 優子

しらかべポリスニュース
電話23-0110
■夜間の交通事故防止
 夕暮れが早くなってきています。
 薄暮時はドライバーも歩行者も、一番気をつけなければいけない時間帯です!
○ドライバーは…
 車のライトは暗い夜道を照らすとともに、周囲の車や人に自分の存在をアピールする効果もあります。早めのライト点灯を心がけることで、周りの危険をいち早く発見できる、周りも危険を察知して回避することができる。一石二鳥の交通事故防止対策です。
 また、ライトをこまめに切り替えることも、歩行者等の早期発見に大変効果的です。対向車のいない夜道では、基本的にライトは上向き、対向車や対向歩行者・自転車等がいるときはライトを下向きに切り替え、安全と思いやりの運転を心がけてください。
○歩行者は…
 夕方から外出する際は、必ず反射材を着用しましょう。反射材の着用効果は、着用していない場合と比較すると約3倍の視認距離を確保することができます。
■「古着を買い取りたい」という電話があり、業者に来てもらった。実際には「貴金属を出せ」と言われ困った。
個人の家を訪問して、不用品などを買い取るサービスのことを「訪問買取」と言います。
現在、訪問の許可を得ていない家に、物品の買取目的で訪問することは、法律で禁止されています。そのため、一部の悪質な事業者は、「古着などの不用品を買い取りたい」と言って訪問の約束を取り付け、いったん家の中に入ると「この家にある貴金属類を出せ」と態度を豹変させるようです。
その結果、高価な貴金属や家族の思い出の詰まった宝飾品を、二束三文で悪質業者に買いたたかれると言う被害が、現在でも発生しています。なかには、家の中に入ったとたん、悪質業者に家具の中を強引に探られるなど、強盗に近い手口による被害も発生したことがあるようです。
「不用品の買い取り」の勧誘電話がかかってきたときは、相手の連絡先を聞いて一旦電話を切り、身近な人や消費生活センターにご相談ください。
市消費生活センター
 電話22-2125(月曜日~金曜日8時30分~17時)
県消費生活センター
 電話083-924-0999

やまぐちフラワーランドイベントガイド
電話24-1187

ケイトウ ヒユ科 観賞期:6月~10月
炎のような花形や豊富な花色が、夏から秋にかけて花壇に鮮やかな彩りを与えてくれます。フラワーランドでは、花穂が大きくボリュームのある品種『センチュリー』約5,600本を芝生の広場周辺で楽しむことができます。

◆16日金曜日~18日日曜日
○ 県内生産者おすすめの切りバラ展示
◆17日土曜日,18日日曜日
○ 子育て応援グループ「ママトリエ」のフリーマーケット
○ 秋の写生大会
○ 園内を散策しながらポプリを作ろう(18日のみ)
◆23日金曜日~25日日曜日
○ オータムフェスタ
  絵手紙展示
  お庭で摘み取り&アレンジ体験(24日,25日)
◆30日金曜日~11月1日日曜日
○ 花とお菓子まつり(果子乃季連携)
  スタンプラリー
  ジェラート風 多肉の寄せ植え体験(31日,11月1日)

休日夜間応急診療所(電話22-9001)
受付は診療終了時間の30分前まで/土曜日休診
■休日昼間:9時~12時・13時~17時
■平日夜間:19時~22時
県小児救急医療電話相談(19時~翌朝8時)
電話083-921-2755(携帯電話から 電話#8000)

◀「いほのしょう春まつり」に向けての菜の花の種まき
 伊保庄地区で毎年春に開催される「いほのしょう春まつり」の会場を彩るため、小田小学校と柳井南小学校の1・2年生40人と中村・中村南長寿会の皆さんが、菜の花の種をまきました。児童らは紙コップに分けられた小さな菜の花の種を楽しげにまいていました。

広報やない10月8日号の主な内容
マイナンバーをお知らせします      2   にこにこ健康づくりに参加しよう      6
特定健診はもう受診されましたか     4   市政だより                8

表紙写真の説明
 シートベルトとチャイルドシートの着用を呼びかけるキャンペーンの様子です。交通安全に携わる関係者の皆さんの地道な活動が、事故防止に役立っています。
編集後記
 近頃、LEDの薄型信号機を見かけます。機能的なのだとは思いますが、なんだか威厳が足りない気がするのです。電子書籍でなく紙の本を読み、音楽はダウンロードせずCDを買ってしまう昭和のおじさんの私にはモノとしての質量を感じられないと少しさびしいです。(三浦)

「広報やない」の音訳版と点訳(抜粋)の作成をしています。●問い合わせ 音訳しらかべの会 電話23-0172(粟屋)
「音訳しらかべの会」の皆さんによる「声の広報(音訳版広報)」を発行後1週間程度で市ホームページに掲載しています。