ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広報やない > 広報やない平成28年10月13日号テキスト版03

広報やない平成28年10月13日号テキスト版03

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月13日更新

広報やない平成28年10月13日号(P13~16)

まちの出来事

9月12日
「市民と音楽のつどい」の募金を寄付
7月24日に陸上自衛隊第13音楽隊を迎えて開催された「市民と音楽のつどい」における来場者からの募金163,952円が、主催者である柳井ライオンズクラブ(大野倍代会長・写真左から2番目)から市へ寄付されました。同クラブは毎年、チャリティー演奏会で来場者から寄せられた浄財を市へ寄付されており、今年度も含めた寄付総額は7,611,854円に及んでいます。

9月20日
青年海外協力隊としてウガンダへ
独立行政法人国際協力機構(JICA)の青年海外協力隊員としてアフリカ・ウガンダに派遣される田中崇志さん(市内余田)が市長を表敬訪問しました。田中さんは小・中・高・大学と野球に取り組んできた経験を生かし、子どもたちへの野球の指導、普及を任務として2年間派遣されます。市長は「誰もができる経験ではない。2年後にぜひその体験を聞かせてください」と激励しました。

10月1日
日積ほっとネット、ほっとサロンがスタート
市が進める生活支援体制整備事業としてスタートする「日積ほっとネット」「日積ほっとサロン」のオープニング式典が、日積・四季の里で開催されました。「ほっとネット」は買い物やゴミ出しなど日常生活の困りごとを有償で支援する仕組み、「ほっとサロン」は月1回、高齢者らのふれあい・交流の場を提供するもので、ともに市社会福祉協議会が運営を担い、地域で高齢者らを支える新たな取り組みとしてスタートします。

10月3日
柳井市観光振興協力隊員に委嘱状
観光振興を中心に住民ともに地域の課題に取り組む「観光振興協力隊(地域おこし協力隊)」として、広島県福山市から家族と柳井市に移住した白木紘平さんが就任。市長が委嘱状を手渡しました。白木さんは「趣味の自転車なども取り入れ、美しい海や自然を生かした観光振興、地域づくりに取り組みたい」と抱負を述べました。

9月9日~10月4日
市内各地区で敬老会を開催
市内各地区で敬老会が開催されました。式典では米寿、白寿などの長寿者に記念品が贈られました。また、長年地域のために尽力されてきた皆さんが、敬老功労者として表彰されました。
各地区の敬老功労者の皆さん

大畠地区敬老会
9月9日金曜日/ふれあいタウン大畠
 大浦隆明さん

柳井地区敬老会
9月17日土曜日/サンビームやない
 森重満ゆみさん
 今宮弘子さん
 國原桂子さん
 平野恵子さん

余田地区敬老会
9月23日金曜日/余田小学校体育館
 平岡文夫さん
 三浦貞子さん
 大石千香子さん

日積地区敬老会
9月25日日曜日/四季の里地域交流ホーム
 沖村久江さん
 西村ミツコさん

平郡西地区敬老会
9月28日水曜日/平郡西集会所
 吉田太一さん

平郡東地区敬老会
9月28日水曜日/平郡東小学校体育館
 今年度は該当者なし

阿月地区敬老会
9月29日木曜日/阿月地区体育館
 尾崎悦子さん
 阿月グラウンド・ゴルフ同好会  

伊保庄地区敬老会
9月30日金曜日/柳井南中学校体育館
 中嶋宣子さん
 齋藤慶範さん
 梅野孝子さん
 鬼武幹子さん
 西山龍子さん

伊陸地区敬老会
10月2日日曜日/伊陸小学校体育館
 金丸久美子さん
 村中さちゑさん
 山本郁子さん

新庄地区敬老会
10月4日火曜日/新庄小学校体育館
 時藤宣子さん
 大瀬戸雪雄さん

人権標語
言わないよ 相手が傷つく その言葉

しらかべポリスニュース
柳井警察署 電話23-0110
津波防災について
南海トラフ地震や、活断層等に伴う地震が発生した際には、津波による大きな被害が予想されるため、1秒でも早く避難することを日頃から考えておくことが大切です。
 11月5日は「津波防災の日」です。これを機に、ご家族等で防災について、よく話し合っておきましょう。
津波に備えて
「もしも」を想定し備えましょう。
○避難場所、避難ルートを確認しておく(より高い場所を目指す)
○家族で連絡方法を決めておく
地震が発生したら
自助(自分の身を守る)・共助(助け合い)を心がけましょう。
○落ち着いて自分の身を守る
○玄関や窓を開け、逃げ道を確保する
○強い揺れや、長い揺れを感じたときは、直ちに海岸から離れ、急いで高台などの安全な場所へ避難する
○正しい津波情報を、テレビ、ラジオ、スマートフォン等でリアルタイムに入手する
○避難時の持ち物は最小限とし、リュックサックなどを使用して両手が自由に使えるようにしておく

新刊情報 図書館だより
柳井図書館 電話22-0628
大畠図書館 電話45-2226
■休館日:毎週月曜日 
 柳井図書館/祝日の翌日、月末整理日11/1火
 大畠図書館/祝日
新刊図書の一部をご紹介します。
■一般書(柳井図書館)
アンマーとぼくら 有川  浩
歌姫メイの秘密  伊藤たかみ
家康、江戸を建てる 門井 慶喜
このあたりの人たち 川上 弘美
真贋   今野  敏
柳に風   佐伯 泰英
ドッグファイト  楡  周平
コンビニ人間  村田沙耶香
あしたの君へ  柚木 裕子 
豊臣水軍興亡史  山内  譲
へんな星たち  鳴沢 真也
スマホ断食  藤原 智美
■一般書(大畠図書館)
恋するハンバーグ 山口惠似子
週末介護  岸本 葉子
東京會舘とわたし 上・下 辻村 深月
行方   春口 裕子
ダイエット物語…ただし猫 新井 素子
■児童書(柳井図書館)
おたからパン  真珠まりこ
げたにばける  新美 南吉
船を見に行く  A・コック
レイさんといた夏 安田 夏菜
よくわかる貿易  泉 美智子

表紙写真の説明
 リオ五輪レスリングで銀メダルを獲得した太田忍選手の祝賀パレードが9月19日㈷、白壁の町並みで開催されました。当日は雨模様のなか市民約700人が駆けつけ「太田選手、おかえりなさい」という声で迎えました。

編集後記
 丸々と太った美味しそうな栗をいただきました。その中で皮に小さな穴が開いている一つを割ってみると、もぞもぞと動く芋虫を発見。クリシギゾウムシという虫の幼虫だそうです。食べても人体に影響はないそうです。それどころか美味しくいただく地方もあるとか。(三浦)

9/13  市長が敬老訪問  河原さんの100歳を祝う
敬老の日を前に、今年6月に100歳の誕生日をめでたく迎えられた河原光儀さん(市内大畠西上原)を市長が訪問。記念品などを手渡し長寿を祝いました。河原さんは子供3人、孫8人、ひ孫19人に恵まれ、長生きの秘訣として「気は長く、心は丸く、腹立てず、口慎めば自然長命」を心掛けていると笑顔で語りました。

コスモス‘ソナタ’キク科 一年草 
草丈が低く、花が大きい人気の品種です。コスモスはメキシコが原産ですが、すっかり日本の秋の風物詩となっています。やまぐちフラワーランドでは、フラワーガーデンに植栽しています。

やまぐちフラワーランド
イベントガイド
電話24-1187
◆10月16日日曜日
 ちゅーピーまつり&ファーマーズマーケット
◆10月21日金曜日~23日日曜日
 オータムフェスタ
 21日金曜日~ 絵手紙展示
 22日土曜日 ガーデニングセミナー
 22日土曜日,23日日曜日 秋の写生大会
◆10月28日金曜日~30日日曜日
 花とお菓子まつり
◆10月29日土曜日,30日日曜日
 ハロウィン・アレンジ体験
◆10月29日土曜日
 絵手紙体験
 ハロウィン・フェイスペインティング
◆10月30日日曜日
 キットパス体験

休日夜間応急診療所 電話22-9001
受付は診療終了時間の30分前まで/土曜日休診
■休日昼間:9時~12時・13時~17時
■平日夜間:19時~22時
県小児救急医療電話相談
19時~翌朝8時
電話083-921-2755(携帯電話からは電話#8000)

市の人口
9月30日現在
32,993人(前月比37人減)
男性 15,381人
女性 17,612人
15,816世帯

「音訳しらかべの会」の皆さんによる「声の広報(音訳版広報)」を、発行後1週間程度で市ホームページに掲載しています。