ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広報やない > 広報やない平成29年3月23日号テキスト版01

広報やない平成29年3月23日号テキスト版01

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月23日更新

広報やない平成29年3月23日号(P1~4)

月性生誕200年顕彰プロジェクト/柳井ひとづくりアカデミー
いま、蘇る幕末維新(申込不要・無料)
連続講演 第1回
○日時 4月23日日曜日14時~16時
○場所 アクティブやない/臨時駐車場:柳井小学校
※同日に柳井天神春まつりを開催中。できるだけ乗り合いでお越しください。
○講師 三谷 博 先生(跡見学園女子大学教授)
○演題「幕末維新の、ここが面白い―19世紀東アジアの歴史舞台で何が起こったのか」
講師からのメッセージ 明治維新が日本近代の出発点だというのは常識に属します。しかし、どういう意味でそう言えるのでしょうか。天皇を中心に集権国家を創ったのは確かですが、それだけなのでしょうか。
 この講演では、背景としての19世紀グローバル化、維新最大の変革だった世襲身分制の廃止とその犠牲数(約3万人)のこと、「復古」象徴の役割、そして明治日本の及ぼした近隣・世界へのインパクトといった問題を通観し、その世界史的意味を考えようと思います。●問い合わせ
 (公財)僧月性顕彰会事務局(大畠公民館内) 電話45-2211
 
三谷 博 先生 プロフィール
1950年広島県福山市生まれ。東京大学文学部国史学科卒業。学習院女子短期大学助教授、デリー大学客員教授、東京大学教養学部教授などを経て、1996年東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻教授。2015年定年退職、現在は東京大学名誉教授、跡見学園女子大学教授。専門は日本近代史。
 主な著作として『明治維新とナショナリズム―幕末の外交と政治変動』山川出版社(サントリー学芸賞受賞)、『ペリー来航』吉川弘文館、『明治維新を考える』岩波現代文庫、『危機が生んだ挙国一致』NHK出版、『愛国・革命・民主―日本史から世界を考える』筑摩選書など。

市政だより

お知らせ

期限の切れた福祉医療費
受給者証は破棄してください
3月31日で有効期間の終了する福祉医療費受給者証を持っている人は4月以降、速やかに各自で破棄してください。
●問い合わせ
社会福祉課
電話22-2111内線183

市戦没者追悼式を開催します
式当日の13時にサイレンを吹鳴(60秒間)します。戦没者のご冥福と恒久平和を祈り、黙とうをお願いします。
○日時 4月6日木曜日13時~
○場所 サンビームやない
○その他 参列を希望する戦没者のご遺族で3月24日金曜日までに案内状が届かない場合は、お問い合わせください。
●問い合わせ
市社会福祉課
電話22-2111内線183

タクシーの割引証の受付を開始します
29年度の申請は3/27月から
4月1日以降にタクシー基本料金相当額の割引が受けられる乗車割引証を交付します。

■障害者タクシー福祉乗車割引証
○対象 次のいずれかを所持する市民で適用除外要件にあたらない人
▼身体障害者手帳1~3級
▼療育手帳
▼精神障害者保健福祉手帳
○適用除外要件 障がい者本人または生計を同一にする介護者が自動車税・軽自動車税の減免を受けている場合
○助成内容 利用1回につき基本料金相当額を助成。基本料金を超えた金額は自己負担。
○発行枚数 年間利用上限は48回分(1冊)。人工透析をしている人は96回分(2冊)。
○申請 手帳を持参し申請してください。郵送申請を希望する人は市社会福祉課まで連絡してください。
●申込・問い合わせ
市社会福祉課
電話22-2111内線191,192

■高齢者福祉タクシー乗車割引証
○対象 75歳以上の在宅の市民で次の要件1のいずれかに該当し、要件2のすべてに該当する人
※各要件の世帯認定は住民登録上の世帯ではなく生活実態から判断します。同一敷地内・隣接地に75歳未満の親族がいる人は対象になりません。
○要件1((1)~(4)のいずれか)
(1)75歳以上の一人暮らし高齢者
(2)75歳以上の高齢者のみで構成される世帯に属する人
(3)75歳以上の高齢者と介護保険要介護認定で要介護4・5の認定を受けている人のみで構成される世帯に属する人
(4)75歳以上の高齢者と身体障害者手帳1~3級、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳を所持する人のみで構成される世帯に属する人
■要件2((1)~(3)すべて)
(1)外出のとき車などの交通手段をもっていない世帯に属する人
(2)平成28年度住民税または平成29年度住民税が非課税の世帯に属する人
(3)障害者タクシー福祉乗車割引証の対象とならない人(「障害者タクシー福祉乗車割引証」の適用除外要件にあたる場合を除く)
○助成内容 利用1回につき基本料金相当額を助成。基本料金を超えた金額は自己負担。
○発行枚数 1年間の利用上限は24枚(1冊)。年度途中に申請した場合は申請月以降の残月数で換算(1カ月2枚換算)。
○申請 印鑑を持参し、高齢者支援課、各出張所・連絡所で申請してください。平成28年1月1日時点で市内に住民登録がなかった人は、同時点の住所地の市町村が発行する「平成28年度課税証明書」が必要です。
●申込・問い合わせ
高齢者支援課
電話22-2111内線186

平成29年度 市国民健康保険
人間ドックの受付を開始します
必ず受診を希望する検査機関(下表)に検査日を予約した後に、市に申し込んでください。
○利用要件 検査日に市国民健康保険の加入者であること
▼後期高齢者医療制度加入者は市国民健康保険の人間ドックは受けられません。
▼同年度に特定健診とドックの両方を受診することはできません。
○検査機関・料金(自己負担額)
検査機関名 電話 半日 短期入院
周東総合病院健康管理センター 22-3456 11,955円 40,467円
光市立大和総合病院健診科 48-2112 11,664円 33,784円
平生クリニックセンター 56-2000 11,502円 なし
○任意追加検査(要追加料金) 頭部MRI検査(大和総合病院を除く)
○申込期限 平成30年1月31日水曜日
●申込・問い合わせ 検査機関に予約した後、国民健康保険証と印鑑を持参の上、市民生活課、各出張所・連絡所へ申し込んでください。
市民生活課 電話22-2111内線150,151

学生納付特例の申請手続きをお忘れなく
平成29年度の受付は4月から
学生で国民年金保険料を納めることが困難な場合に保険料の納付が猶予される制度です。
 万一、病気やけがで障害が残ったときに保険料を納めていなかったり、学生納付特例の手続きをしていないと障害年金が受け取れなくなる可能性があります。
■これまでに承認を受けた人
 平成29年度も在学予定の人は4~5月に日本年金機構から申請書が届きます。記入の上返送してください(学生証の写しや在学証明書の提出は不要)。
■29年度に初めて申請する人
 市民生活課国民年金の窓口で手続きをしてください。
年金手帳、印鑑、学生証の写し(両面)または在学証明書(4月1日以降に発行されたもの)
※代理人による申請の場合は委任状や身分証明書が必要な場合があります。
※学生納付特例の承認を受けた期間は受給資格期間に算入されますが、年金額には反映されません(10年以内に追納すると反映されます)。
●問い合わせ
 岩国年金事務所
 電話0827-24-2222
 市民生活課
 電話22-2111内線168,169

タケノコを出荷してみませんか
傷のないタケノコを規格毎に選別し出荷します(根イボが全くないものは荷受不可)。
○対象 JA南すおう管内に居住する竹林所有者等(要事前登録)
○出荷先 JA南すおう青果物卸売市場(余田)
○出荷期間 4月6日木曜日~5月1日月曜日までの火曜日木曜日日曜日/15時~16時
●問い合わせ
出荷規格等詳しくはお問い合わせください。
 柳井(岩国)農林事務所
 電話0827-29-1565

就学援助費・就学奨励費の交付申請 (所得制限あり・継続の場合も要申請)
経済的理由により就学困難と認められた場合に給食費などの一部を補助します。
○対象 市内在住の小・中学生
○申請期間 4月10日月曜日~28日金曜日/土曜日・日曜日・祝日を除く市役所執務時間内
○申請場所 学校教育課
○持参物 印鑑、同一世帯全員の平成28年分の所得が分かる資料(源泉徴収票や確定申告の写しなど)、保護者の通帳
●申込・問い合わせ
学校教育課
電話22-2111内線321

児童扶養手当・特別児童扶養手当・特別障害者手当等の支給額の変更(平成29年4月~)
全国消費者物価指数の公表により、次のとおり変更されます。
区分 28年度(月額) 29年度(月額)
児童扶養手当
児童1人
全部支給 42,330円 42,290円
一部支給 42,320~9,990円 42,280~9,990円
第2子加算額
全部支給 10,000円 9,990円
一部支給 9,990~5,000円 9,980~5,000円
第3子以降加算額
全部支給 6,000円 5,990円
一部支給 5,990~3,000円 5,980~3,000円
特別児童扶養手当
1級 51,500円 51,450円
2級 34,300円 34,270円
特別障害者手当 26,830円 26,810円
障害児福祉手当・経過的福祉手当 14,600円 14,580円
●問い合わせ
市社会福祉課 電話22-2111内線188,191

市民相談

身体障害者定期・巡回相談
○日時 5月12日金曜日13時30分~15時30分
○場所 周東総合病院1階救急外来
○内容 補装具支給の適否、処方判定・適合判定、身体障がいに関しての医学的相談、補装具の装着、リハビリ等に関する相談
○実施機関 山口県身体障害者更生相談所
○申込期限 4月21日金曜日
●申込・問い合わせ
市社会福祉課
電話22-2111内線191

「法テラスの日」無料法律相談会(要予約)
○日時 4月20日木曜日13時30分~16時30分
○場所 法テラス山口、下関・周南・宇部・岩国・萩の各法律相談センター
○内容 借金・離婚・相続・労働問題等の民事トラブルの相談
●申込・問い合わせ
法テラス山口
電話050-3383-5490

講座・教室

体組成・体力(初回)測定会/4月分(要予約)
健康づくりの成果を見える化しませんか?
体組成(体脂肪や筋肉量)の履歴を残し、長期的な
視点で体の変化を把握します。
○日時 【定例開催】
▼4月1日土曜日 (1)14時~ (2)16時~ (3)18時~
▼4月2日日曜日 (1)10時30分~ (2)12時30分~ (3)14時30分~
※随時開催も受け付けています。詳しくはお問い合わせください。
○場所 アクアヒルやない
○内容
(1)体組成測定(体脂肪率、部位別脂肪量、部位別筋肉量など)
(2)体力テスト(エアロバイクを活用した簡易体力テスト)
(3)ミズノスタッフによる運動指導(自重によるトレーニングやコンディショニングを指導します)
○対象 高校生以上なら誰でも(市外在住者も可)
○参加費 1,000円(市内在住者)、1,500円(市外在住者)
●申込 アクアヒルやない 電話24-0025
●問い合わせ 市保健センター 電話23-1190

催し

おはなしの会(無料)
■大畠図書館(幼児・児童向け)
○日時 4月1日土曜日13時30分~15時
○場所 大畠公民館2階和室
○内容 腹話術「もんちゃん」、絵本の読み語りや紙芝居
○出演 読み語りボランティア「たまてばこ」
●問い合わせ
大畠図書館 電話45-2226
■柳井図書館
○日時・内容 4月22日土曜日
▼13時30分~14時/乳幼児向け おはなしバスケット「こんにちわ」
▼14時30分~15時30分 /幼児・児童向け おはなしの会「春がきた。」
○場所 柳井図書館2階視聴覚室
○出演 人形劇サークルぶれーめん
●問い合わせ
柳井図書館 電話22-0628

春の味覚
タケノコ掘り体験交流会
タケノコ掘りを通じてタケノコの地産地消や竹林の適正な管理の普及啓発を図ります。
○日時 4月15日土曜日10時~12時(雨天・イノシシ被害のあったときは中止)
○場所 黒杭川ダム公園隣接竹林
○内容 タケノコの収穫体験
○定員 30人(先着順)
○参加料 大人300円、小中学生100円
○持参物 汚れても良い服装、袋、軍手、タオル、飲み物
○申込締切 4月9日日曜日
●申込・問い合わせ
竹林ボランティア柳井
電話/FAX7351(田村)

募集

学校給食センターのパート調理員
市内の子どもたちの給食をいっしょに作りませんか。資格等は問いません。
○勤務内容 調理補助
○募集人員 若干名
○勤務場所 市学校給食センター
○勤務時間
 月曜日~金曜日/8時30分~15時30分
○休日 土曜日日曜日祝日、春・夏・冬休み
○賃金 時給840円
○採用 面接の上、選考し採用
●申込・問い合わせ
履歴書を提出してください。
給食センター 電話22-1312

ふるさと学生応援奨学金奨学生
学業成績が優秀であるにもかかわらず経済的な理由で修学が困難な人に対する市の奨学金制度です。
○対象 次の全ての要件を満たす人
▼大学、短期大学、専修学校のうち修業年限2年以上の専門課程、高等専門学校(第4・5学年、専攻科に限る)に在学する人
▼保護者が市内に2年以上住所を有する人
▼他の奨学金の貸付を受けない人
▼市町村税を完納している連帯保証人2人を有する人
○募集人数 2人程度(選考による)
○貸付金額(月額)
▼一般奨学金・3万円
▼定住促進奨学金・1万円/大学等の卒業後、市内に定住したいと考えている奨学生に対し、一般奨学金に上乗せして貸付
○貸付期間 在学する大学等の正規の修業期間
○返還方法 貸付期間の2.5倍の期間(最長10年)内で、卒業の6カ月後から毎月の返還
○申込期間 4月3日月曜日~6月9日金曜日市役所執務時間内(郵送の場合は消印有効)
●申込・問い合わせ
申請書等必要書類を提出してください。
教育総務課
電話22-2111内線312