ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広報やない > 広報やない平成29年4月27日号テキスト版01

広報やない平成29年4月27日号テキスト版01

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月27日更新

広報やない平成29年4月27日号(P1~5)

月性生誕200年顕彰プロジェクト/柳井ひとづくりアカデミー
いま、蘇る幕末維新(申込不要・無料)
連続講演 第2回
○日時 5月27日土曜日14時~16時(開場13時~)
○場所 アクティブやない/臨時駐車場:柳井小学校グラウンド
○講師 奈良 勝司 先生 (立命館大学助教)
○演題
「積極開国論か、攘夷論か
 相異なる世界観のはざまで揺れ動いた幕末の徳川政権」
講師からのメッセージ
 開国は明治維新で達成された最大のものの一つです。しかし思想課題としてみた場合、西洋列強の軍事力を恐れて仕方なくとか、むしろ当たり前の選択であってあえて論じるような問題ではないといった感覚が今でも強く、実は研究史においても本格的な考察はほとんどされてきませんでした。
 本講演では、積極開国論の思想がいかなる背景のもと生まれたのか(どんな経緯と潮流があったのか)、先入観を排して考えてみたいと思います。
●問い合わせ
 (公財)僧月性顕彰会事務局(大畠公民館内)電話45-2211

奈良 勝司 先生 プロフィール
1977年生まれ。立命館大学文学部日本史学専攻。同大学院文学研究科史学専攻日本史学専修。文学博士。
 2005~2011年立命館大学文学部非常勤講師、2011~2012年ドイツ・ルール大学東アジア学部客員准教授を経て、現在、立命館大学文学部日本史研究学域助教。
 主な著書として『明治維新と世界認識体系―幕末の徳川政権 信義と征夷のあいだ』(有志舎刊・2010年)、主な論文として「明治維新における自他認識の展開と国際秩序の転回」(ナカニシヤ出版・2016年刊『ウェストファリア史観を脱構築する』に収載)など。

市政だより

パブリックコメントを実施します
皆さんの意見をお寄せください。
なお、提出された意見はホームページで公開する予定ですが、個別には回答しませんのでご了承ください。
■第2次柳井市環境基本計画(案)
○募集期限 5月19日金曜日必着
○閲覧場所
▼市役所情報提供コーナー
▼各出張所・連絡所
▼市民生活課・同ホームページ
  http://www.city-yanai.jp/soshiki/17/keikakuan/
○提出方法 住所、氏名、電話番号を明記し、次の方法でご意見をお寄せください。(様式不問)
▼市民生活課へ持参
▼郵送(〒742-8714市民生活課)
▼FAX・電子メール
●問い合わせ 市民生活課
 電話22-2111内線165
 FAX23-7566
 shiminseikatsu@city-yanai.jp

高齢者の肺炎球菌ワクチン定期接種(公費接種)
ー今年度の対象者には4月上旬に予診票をお送りしましたー
肺炎球菌ワクチンは肺炎球菌による肺炎などの感染症を予防し重症化を防ぎます。
○接種期間 4月1日土曜日~平成30年3月31日土曜日
○対象 今までにこのワクチンを接種したことがなく、以下に該当する人
▼平成29年度中に下表の年齢になる人
平成30年3月31日の満年齢 生年月日
65歳 昭和27年4月2日 ~ 昭和28年4月1日生
70歳 昭和22年4月2日 ~ 昭和23年4月1日生
75歳 昭和17年4月2日 ~ 昭和18年4月1日生
80歳 昭和12年4月2日 ~ 昭和13年4月1日生
85歳 昭和07年4月2日 ~ 昭和08年4月1日生
90歳 昭和02年4月2日 ~ 昭和03年4月1日生
95歳 大正11年4月2日 ~ 大正12年4月1日生
100歳 大正06年4月2日 ~ 大正07年4月1日生
▼60歳以上65歳未満で心臓、腎臓、呼吸器の機能不全、またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障害のある人
※接種する人の接種の意思が確認できない場合は、定期接種として受けることはできません(任意接種は可能)。
○自己負担金 2,780円/生活保護受給者は無料
○接種方法
(1)事前に指定医療機関に予約します。
※指定医療機関は予診票同封の一覧表で確認してください。一覧表に掲載のない医療機関は、市保健センターにお問い合わせください。
(2)接種当日は自宅に届いた予診票、健康手帳、本人確認ができるもの、自己負担金(2,780円)が必要です。
※健康手帳は市保健センターで交付しています。
●問い合わせ
 市保健センター 電話23-1190

蚊が媒介する感染症の予防
デング熱、ジカウイルス感染症、日本脳炎などは、ウイルスをもった蚊に刺されることで感染します。蚊に刺されないための対策として次のことに注意しましょう。
▼流行地域では長袖、長ズボンを着用し、虫除けを使いましょう。
▼蚊が多く発生する夕方から夜間に外出するときや草むらなどに入る場合は注意しましょう。
▼妊婦はジカウイルス感染症流行地への渡航を控えてください。
 やむを得ず渡航する場合は主治医と相談の上、厳密な防蚊対策を講じることが必要です。
●問い合わせ
 県柳井健康福祉センター
 電話22-3631

ダニ媒介性疾患の予防
病原体をもつマダニやツツガムシにかまれると感染症にかかることがあります。屋外で活動するときは次のことに注意しましょう。
▼公園や住宅地の庭などで剪定や草取りをする際も注意しましょう。
▼やぶや草むらなどダニの生息する場所に入る場合には、長袖、長ズボン、足を完全に覆う靴下・靴を着用するなど、肌の露出を少なくすることが大切です。
▼屋外活動後にはダニにかまれていないか確認してください。
 帰宅後すぐに服を着替え、シャワーで洗い流すと有効です。
▼犬や猫などの動物にダニがつくことがあります。除去には目の細かいクシをかけると効果的です。ダニ駆除薬もありますので獣医師に相談してください。
▼吸血中のダニに気がついたときはできるだけ医療機関で処置してください(自分でダニをつぶさないようにしてください)。
▼ダニにかまれた後に発熱等の症状があった場合は、医療機関を受診してください。
●問い合わせ
 県柳井健康福祉センター
 電話22-3631

平郡航路フェリー「へぐり」 ドック入りによる臨時ダイヤ
●問い合わせ 平郡航路(有) 電話22-7944
▼代船運行の間は車両での乗船はできません。
▼代船/旅客船「金比羅丸」旅客定員61人(車両乗船は不可)
■5月15日月曜日 /1便往路は「へぐり」、1便復路から代船で運航
  往路        復路
  平郡東  平郡西  柳井港  柳井港  平郡西  平郡東
1便  6時   6時40分  7時40分  8時30分  9時15分  9時40分
2便  14時30分 14時55分 15時40分 16時30分 17時15分 17時40分
■5月16日火曜日~22日月曜日 /代船で運航
  平郡東  平郡西  柳井港  柳井港  平郡西  平郡東
1便  6時30分  6時55分  7時40分  8時30分  9時15分  9時40分
2便  14時30分 14時55分 15時40分 16時30分 17時15分 17時40分

市道等の維持管理にご協力ください
市道の総延長は486kmあり、草刈など維持管理には、日頃から皆様にご協力をいただいています。
▼団体が日を決めて市道や河川の草刈をする場合、事前にボランティア登録することで、けがや対物への賠償ができる市民賠償責任保険を適用できます。
▼刈払機を使用する場合、燃料を支給しています。登録申請の際に申出ください。
●申込・問い合わせ
土木課
電話22-2111内線223,224

国民年金
こんなときにはこんな手続きを
就職や退職、結婚などで年金の種別が変わったときは、14日以内に届出をしましょう。
○手続きに必要なもの
 年金手帳、印鑑、退職したときや配偶者の扶養から外れるときはその日付を確認できるもの(資格取得喪失確認書等)
○届け出先
■第1号被保険者(自営業者、学生、無職の人など)
▼就職して厚生年金に加入したとき/勤務先
▼結婚して配偶者に扶養されるようになったとき/配偶者の勤務先
■第2号被保険者(会社員や公務員など)
▼退職したとき/市役所
▼退職して配偶者に扶養されるようになったとき/配偶者の勤務先
■第3号被保険者(第2号被保険者に扶養されている配偶者)
▼離婚または配偶者の扶養から外れたとき、配偶者が退職したとき/市役所
▼就職して厚生年金に加入したとき/勤務先
▼配偶者が転職したとき/配偶者の勤務先
■20歳になった人
▼第1号被保険者に該当するとき/市役所
▼第3号被保険者に該当するとき/配偶者の勤務先
●問い合わせ
市民生活課
電話22-2111内線168,169

浄化槽の設置費を補助しています(要事前相談)
○対象地域 公共下水道事業認可区域・農業集落排水事業認可区域を除く市内全域
○補助対象 以下の設置費
▼一般家庭の専用住宅に設置される10人槽以下のもの
▼小規模店舗などの併用住宅に設置される10人槽以下のもの(住宅部分の面積が1/2以上)
○補助金交付までの流れ
▼設置工事着工前に補助金の交付申請をし、交付決定を受ける。
▼浄化槽の完成検査終了後に補助金を交付。
○申請期限 平成30年1月末
●申込・問い合わせ
下水道課
電話22-2111内線293

以下の記事に誤りがありましたので、お詫びして訂正いたします。
○広報やない2017年4月13日号(No.280)19ページ「山口健康マイレージ「特典カード」の使い方」の記事の「柳井市内の協力店」のうち
▼正
 果子乃季ゆめタウン柳井店
 果子乃季総本店
▼誤
 果子の季ゆめタウン柳井店
 果子の季総本店

臨時福祉給付金(経済対策分)の申請はお済みですか
-申請期限は6月1日(木)まで-
申請期限を過ぎると受付できません。支給対象の人で申請をしていない場合は、早めに手続きをしてください。
 給付金について詳しくは、広報やない1月26日号をご覧いただくかお問い合わせください。
○申請窓口 市社会福祉課、各出張所・連絡所
○申請に必要なもの 申請者の印鑑、本人確認書類、振込先通帳の写しなど
※家族のなかに支給対象者が複数人いる場合、各人の申請書の提出がないと給付することができません。
●問い合わせ
市社会福祉課
電話22-2111内線181,184
振り込め詐欺や個人情報の搾取にご注意ください。
市や厚生労働省などがATM(銀行・コンビニなどの現金自動支払機)の操作をお願いすることは絶対にありません。

障がい者等の軽自動車税を減免します(要申請)
次の要件に該当する場合、軽自動車税を全額減免します。
○要件
■1台のみの減免
 (1)~(3)のいずれかの人が、AまたはBを運転する場合
▼(1)身体障がい者、精神障がい者本人(2)障がい者と同一世帯の人(3)障がい者のみの世帯の障がい者を常時介護する人
▼A:障がい者本人の軽自動車、B:障がい者と生計を同一にする人の軽自動車
※障がいの程度により減免できない場合があります。また、自動車税の減免を受けている場合を除きます。
■所有者・使用者・台数にかかわらず減免
 構造変更(車いすの昇降装置等)を施した軽自動車
○手続き 5月24日水曜日までに所定の申請書を税務課へ提出してください。
○その他 軽自動車税の減免を受けた場合は、障がい者福祉タクシー券の交付を受けることができません。
●申込・問い合わせ
税務課
電話22-2111内線131,132

市民相談

リウマチ医療講演・相談会(無料・申込不要)
○日時 5月28日日曜日13時~15時30分
○場所 市文化福祉会館2階大会議室
■医療講演
 周東総合病院整形外科部長・木村光浩氏
 「生物学的製剤時代の関節リウマチにおける外科治療」
■医療相談
 木村光浩氏、野田整形外科クリニック院長・野田基博氏
●問い合わせ
(公社)日本リウマチ友の会山口支部
電話090-9416-7346(森川)

心身障害児療育相談会(無料・要予約)
○日時 6月8日木曜日13時~16時
○場所 県柳井健康福祉センター
○対象 心身に障がいがある、または障がいが疑われる乳幼児の保護者
○相談科目 小児科・言語・心理診断・保健衛生
○申込期限 5月18日木曜日
●申込・問い合わせ
市保健センター
電話23-1190

講座・教室

はだしでエアロビクスダンス♪
エアロフットセラピー
柳井市武道館オリジナルの簡単で効果的なエアロビクスダンス教室です。コンディショニング要素を取り入れ、歩く動作を基本に音楽にあわせて有酸素運動で脂肪燃焼を促します。
○日時
▼5月11・25日、6月1・15日、7月13・27日 各木曜日10時~11時
▼5月17・31日、6月7・21日、7月5・19日 各水曜日13時30分~14時30分
○場所 FUJIBO柳井化学武道館
○講師
 プロフェッショナルコンディショニングトレーナー
 大海仁子さん(ADIエアロビクスインストラクター)
○参加料 1回500円
○持参物 運動のできる服装
●申込・問い合わせ
FUJIBO柳井化学武道館
電話25-3383

平成29年度第1回市民活動講座&交流会(入場無料・要申込)
■「まちづくりへの思いをカタチにしよう!」
 まちづくりへの素朴な疑問を出し合い、今の自分たちができることを考えてみませんか。
○日時 5月19日金曜日13時30分~15時30分
○場所 市文化福祉会館2階大会議室
○講師 M&Sコンサルティング代表
 溝田修司氏
○定員 30人
●申込・問い合わせ
やない市民活動センター
電話25-3535

元気アップ教室(65歳以上の市民・無料)
○日時 6月7日水曜日~8月30日水曜日の毎週水曜日・全12回/13時30分~15時
○場所 アクアヒルやない
簡単な体操と負荷の軽い運動器具を使用したトレーニングを組み合わせて、年齢に応じた筋力アップと日常の生活動作の維持・改善を目指す
○定員 20人
○対象 全12回のメニューをなるべく欠席せずに参加でき、医師に運動の制限をうけていない人
○持参物 室内シューズ、タオル、飲料水、運動のできる服装
○申込期限 5月26日金曜日
●申込・問い合わせ
高齢者支援課
電話22-2111内線156

高齢者向け水中運動教室(65歳以上の市民・無料)
○日時 6月8日木曜日~29日木曜日の毎週木曜日(全4回)10時30分~11時30分
○場所 アクアヒルやない
○内容 水中ウォーキング、アクアビクス
○定員 30人
○持参物 水着、水泳帽子、バスタオルなど
○その他
▼ロビーで受付後、10時30分にプールに移動します。
▼終了後のプール利用には、利用料(720円)または回数券が必要です。
○申込期限 5月26日金曜日
●申込・問い合わせ
高齢者支援課
電話22-2111内線156

要約筆記者養成講座(無料)
○日時 6月10日土曜日~11月25日土曜日の毎週土曜日(全23回・9月23日、10月7日を除く)/10時~17時
○場所 県聴覚障害者情報センター(山口市鋳銭司)ほか
○内容 手書きまたはパソコンで話しの内容をその場で要約し、文字にして伝える要約筆記者の養成
○対象 県内在住者で要約筆記の習得に熱意のある人
○定員 20人程度
○参加料 テキスト代4,400円
○持参物 パソコン希望者はノートパソコン(Windows7以上)、LANケーブル
○申込期限 5月26日金曜日必着
●申込・問い合わせ
県聴覚障害者情報センター
電話083-985-0611
FAX 083-985-0613

催し

おはなしの会「おまつりかみしばい」(幼児・児童向け/無料)
○日時 5月13日土曜日10時30分~14時30分
※6月からは原則毎月第1土曜日に実施します。
○場所 大畠総合センター1階(ふれあいうずしおまつり会場の一画)
○内容 読み語りボランティア「たまてばこ」などによる紙芝居、絵本の読み語り、簡単な工作など
●問い合わせ
大畠図書館
電話45-2226

募集

柳井市まち・ひと・しごと創生総合戦略策定委員会委員
市では平成27年10月に「柳井市まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定し、この総合戦略に基づき地方創生の取組を進めています。このたび任期満了に伴い、一部委員を公募します。
○応募資格 人口減少の克服・地方創生に関心があり、以下のすべてを満たす柳井市民。ただし、国・地方公共団体の議員・公務員を除く。
▼4月1日現在、20歳以上
▼平日の日中に開催予定の委員会(年2回程度)に出席することができる。
○募集人員 2人(うち1人は女性優先)/応募者多数の場合、書類選考
○任期(予定) 7月1日土曜日~平成31年3月31日土曜日
○賃金 日額4,800円
○応募期限 5月19日金曜日(当日消印有効)
●申込・問い合わせ「応募の動機、市の人口減少克服・地方創生のために必要なこと」を800字程度(様式自由)にまとめ、住所・氏名・年齢・性別・電話番号を明記し、窓口または郵送、FAX、メールで提出してください。
政策企画課 電話22-2111内線471
FAX4595
〒742-8714(住所記載不要)
seisakukikaku@city-yanai.jp

山口県地球温暖化防止活動推進員
県内に居住し、地球温暖化防止に向けた活動に興味のある人
○申込期限 5月19日金曜日 
詳しくは県ホームページをご覧いただくか、お問い合わせください。
●問い合わせ
▼山口県環境政策課
 電話083-933-2690
▼市民生活課
 電話22-2111内線165

平成29年度山口県親と子のよい歯のコンクール参加者
県・県歯科医師会では、むし歯のない幼児とその親を表彰しています。
平成28年度中に3歳児歯科健診を受診した幼児とその親
○選出基準の例 幼児・親ともに歯・口の中が健康で歯並びがきれいなど
○選考会 6月15日木曜日に歯科医師による審査を行ない、市の代表1組を選出
○申込期限 5月26日金曜日
●申込・問い合わせ
市保健センター 電話23-1190