ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広報やない > 広報やない平成29年7月13日号テキスト版02

広報やない平成29年7月13日号テキスト版02

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月13日更新

広報やない平成29年7月13日号(P7~12)

市政だより

市民と市長と気楽にトーク(定例開催は申込不要)
■定例開催(申込不要)
○日時・場所 各18時30分~20時(平郡地区を除く)
7月25日火曜日/伊保庄北文化会館
7月27日木曜日
10時30分~12時/平郡東小体育館
12時45分~14時15分/平郡西集会所
8月1日火曜日/阿月公民館
8月4日金曜日/新庄公民館
8月7日月曜日/余田公民館
8月14日月曜日/柳東文化会館
■随時開催(要事前申込)
 3人以上の参加者から受け付けています。
●問い合わせ
 政策企画課
 電話22-2111内線471

福祉医療費受給者証(乳幼児・ひとり親家庭)の交付申請
■乳幼児用の申請
○対象 小学校就学前の乳幼児(平成23年4月2日以降に生まれた児童)
○所得制限 改正前の地方税法の規定で計算した平成29年度市民税所得割(税額控除前)の父母の合計額が136,700円以下
※離職して育児等により当分の間就労できない場合は、所得制限の特例についてご相談ください。
■ひとり親家庭用の申請
○対象 ひとり親家庭の子と親、父母のいない子(子の年齢は高校卒業年齢の18歳の年度末まで。高校生等は20歳の年度末まで)
○所得制限 改正前の地方税法の規定で計算した平成29年度市民税所得割が非課税の世帯(同居の祖父母等も含む)
■共通項目
○持参物 対象者全員の健康保険等の被保険者証(写し可)、印鑑
※1月2日以降に転入した場合は1月1日現在の住所地の市町村で発行される「平成29年度所得課税証明書」が必要です。児童手当用としてすでに提出済の人はお問い合わせください。
○その他 
▼過去に所得制限で非該当となった人も、申請により平成28年中の所得で再審査します。
▼対象要件が継続していると判断できる人は、申請を省略し受給者証を7月中旬に郵送します。
○申請期限 7月31日月曜日(以降は随時受付し、申請月の初日から適用)
●申込・問い合わせ 市社会福祉課に備付の申請書(現在受給者証の交付を受けている人には7月中旬に送付)で申請してください。
市社会福祉課
電話22-2111内線183

児童扶養手当・特別児童扶養手当の手続をお願いします
次の手当を受給している人は期間内に手続をしてください。
■児童扶養手当現況届(ひとり親家庭等)
○受付期間 8月1日火曜日~31日木曜日
○申請書 対象者に7月下旬に送付予定
○その他 必ず受給者本人が届出ください。届出がないと手当を受けられません。
■特別児童扶養手当所得状況届(中程度以上の障害を持つ児童を監護する人)
○受付期間 8月10日木曜日~9月11日月曜日
○申請書 対象者に8月初旬に送付予定
○その他 期限までの届出がないと手当の支払いが遅れることがあります。
■共通項目
○持参物 証書、印鑑など
●申込・問い合わせ 受付期間内に手続ができない場合はご相談ください。
市社会福祉課
電話22-2111内線188

市道損傷等の情報提供をお願いします
市では定期的に市道のパトロールを行い、陥没などの危険箇所の発見と早急な復旧等に努めています。
▼市道に穴ぼこ・陥没・段差、側溝蓋の損傷、カーブミラーの不具合などを発見したときはお知らせください。
▼自損事故などで道路付属物(ガードレール、カーブミラーなど)を壊してしまった場合は、原因者が現状復旧することになります。警察署に事故を届け出るとともに、市土木課に連絡してください。
●問い合わせ
 土木課 電話22-2111内線221,222

7月は再犯防止啓発月間・
社会を明るくする運動強調月間
犯罪や非行の繰り返しを防ぐ「再犯防止」が課題となっています。
 犯罪や非行をなくすためには、家庭や地域づくりとともに、立ち直ろうと決意した人を社会で受け入れていくことも大切です。
▼犯罪や非行をした人たちの立ち直りを支えましょう。
▼犯罪や非行に走らないよう地域社会で支えましょう。就労や住居等の生活基盤づくりにご協力ください。
●問い合わせ
 市社会福祉課
 電話22-2111内線184

民間保育サービス施設利用者の保育料を助成します
○対象 認可保育所への入所要件を満たしているが、一定の要件を満たしている市内の認可外保育施設(事業所内保育施設等は除く)に入所している児童の保護者
○助成額 現に入所している認可外保育施設の保育料と、認可保育所に入所した場合の保育料の差額(上限額:児童1人につき月額45,000円)
●問い合わせ
 市社会福祉課
 電話22-2111 内線188

年金請求書の手続漏れがありませんか?
老齢基礎年金を受け取るのに必要な期間(受給資格期間)が、「25年」から「10年」に短縮されることになりました。日本年金機構は対象者に黄色の封筒(A4サイズ)を送付しています。
○制度開始 8月1日(最も早い年金の支払いは10月)
まだ請求手続をしていない人はお問い合わせください。
●問い合わせ
▼ねんきんダイヤル
 電話0570-05-1165
▼岩国年金事務所
 電話0827-24-
 2222
▼市民生活課
 電話22-2111内線168,169

犬は責任をもって飼いましょう
散歩中の犬のフンの放置などの苦情が絶えません。ペットを飼うということは、愛情を持って終生飼養する、人に迷惑や危害を与えないといった、動物・社会に対する責任を負うことになります。周囲への十分な心配りと責任をもって飼いましょう。
▼登録申請と年1回の狂犬病予防注射をしましょう
▼放し飼いは禁止されています。散歩中も必ずつなぎましょう
▼散歩中のフンは飼い主が責任をもって持ち帰りましょう
▼所有者を明らかにする名札をつけましょう
▼習性などを理解し、正しいしつけをしましょう
●問い合わせ
 市民生活課
 電話22-2111内線166

グループ・サークルのパンフレットを作成しました
市内各公民館などで生涯学習活動を実践している自主グループのパンフレット(平成29年度版)を作成しました。生活を豊かにする活動を始めてみませんか。
○配布場所 市内各公民館、バタフライアリーナ、図書館、生涯学習・スポーツ推進課(同課ホームページにも掲載中)。
●問い合わせ
 生涯学習・スポーツ推進課
 電話22-2111内線331

柳井市地域福祉計画・柳井市地域福祉活動計画
第3期策定のための市民懇談会を開催します
市では地域福祉の推進を図るため地域福祉計画(第3期計画期間:平成30~34年度)の策定を進めています。そこで、市民の皆様のご意見をいただく市民懇談会を開催します。
○日時・場所 各10時~11時30分(平郡地区を除く)
 柳井地区は9月実施予定です。後日お知らせします。
日時・場所 日時・場所
7月24日月曜日 余田公民館 
7月26日水曜日 大畠総合センター 
8月3日木曜日
10時~11時 平郡西集会所 
13時~14時 平郡東公民館 
8月4日金曜日 伊陸公民館
8月9日水曜日 新庄公民館
8月10日木曜日 伊保庄公民館
8月22日火曜日 阿月公民館
8月29日火曜日 日積公民館
●問い合わせ
 市社会福祉課 電話22-2111内線184

市民相談

無料人権・子どもの人権相談所(予約不要)
悩みやもめごと(差別、相続、登記手続、金銭の貸借等)、心配ごとなどの相談に応じます。
○日時 8月3日木曜日9時30分~12時
○場所 市役所1階102会議室
○相談担当者 市内人権擁護委員
●問い合わせ
 人権啓発室
 電話22-2111内線181

心身障害児療育相談会(無料・要予約)
○日時 8月10日木曜日13時~16時
○場所 県柳井健康福祉センター
○相談科目 小児科・言語・心理診断・保健衛生
○対象 心身に障がいがある、または障がいが疑われる乳幼児の保護者
○申込期限 7月20日木曜日
●申込・問い合わせ
 市保健センター
 電話23-1190

70歳以上の国民健康保険にご加入の皆さん
後期高齢者医療制度にご加入の皆さん
高額療養費の自己負担限度額が変わります
高額療養費制度はひと月に支払った医療費が高額になり、一定の限度額を超えた場合に、その超えた額が払い戻される制度です。
8月から、70歳以上の人の自己負担限度額が次の表のように変わります。

平成29年7月診療分まで
所得区分 自己負担限度額(月額) 外来(個人ごと) 外来+入院(世帯ごと)※4 4回目以降※5
現役並み所得者 住民税の課税所得145万円以上の被保険者・同じ世帯の被保険者※1 44,400円 80,100円+(医療費総額-267,000円)×1% 44,400円
一般 ほかの区分のいずれにも該当しない 12,000円 44,400円
低所得者2 住民税が非課税で低所得者1に該当しない※2 8,000円 24,600円
低所得者1 住民税が非課税で所得が0円または老齢福祉年金受給者 ※2,※3 8,000円 15,000円

平成29年8月診療分から自己負担限度額(月額)
外来(個人ごと) 外来+入院(世帯ごと)※4 4回目以降※5
57,600円 80,100円+(医療費総額-267,000円)×1% 44,400円
14,000円※6 57,600円 44,400円
8,000円 24,600円
8,000円 15,000円
※1 条件により「一般」の区分と同様となる場合があります。詳しくはお問い合わせください。
※2 「低所得者1・2」は、国保は同じ世帯の世帯主及び被保険者の収入で、後期高齢者医療は同じ世帯の全員の収入で判定します。※3 年金の所得は控除額を80万円として計算します。
※4 医療費を世帯ごとに計算するときは、国保は世帯内の70歳以上75歳未満の被保険者分を、後期高齢者医療は世帯内の被保険者分を合算します。
※5 過去12カ月以内に、「外来+入院(世帯ごと)」での高額療養費の支給が4回目以降となる場合、限度額が引き下げられます。
※6 年間上限額(8月~翌年7月)144,000円が設定されます。
●問い合わせ
 市民生活課 電話22-2111内線150,151,169

岩国年金事務所による年金相談(要予約)
○日時 8月10日木曜日,24日木曜日/10時~12時,13時~16時
○場所 市役所3階大会議室
※9月14日木曜日,28日木曜日の年金相談の予約は8月1日火曜日から受け付けます。
●申込・問い合わせ 相談日の前日までに電話で申し込んでください(先着順、定員になり次第締切)。予約の際には基礎年金番号を確認します。
岩国年金事務所お客様相談室
電話0827-24-2222

弁護士による無料法律相談(要予約)
○日時 8月16日水曜日9時30分~12時
○場所 市役所3階大会議室
○定員 8人(市民対象・定員になり次第締切)
●申込・問い合わせ 8月1日火曜日8時30分から電話により先着順で受け付けます。
市民生活課
電話22-2111内線161

行政・市民相談
○日時 8月16日水曜日13時30分~16時(受付15時30分まで)   
○場所 市役所3階大会議室
○内容
行政相談:行政相談委員による行政に対する苦情や要望の相談
市民相談:行政書士会岩国支部柳井地区会員による官公署手続、書類作成等についての相談
●問い合わせ
市民生活課
電話22-2111内線161

行政相談
○日時 8月16日水曜日13時30分~16時(受付15時30分まで)   
○場所 ふれあいタウン大畠
○内容 行政相談委員による行政に対する苦情や要望の相談
●問い合わせ
 大畠出張所 電話45-2211

講座・教室

中央公民館教室
■小学生生活講座4 ボタン飾りのおしゃれ小物を作ろう!
○日時 8月5日土曜日10時~12時
○場所 市文化福祉会館1階教養室
○内容 裁縫で小物作りに挑戦
○講師 柳井友の会の皆さん
○対象 小学2年生以上15人(先着順)
○参加料 300円(材料費込み)
○持参物 裁縫道具、お茶などの飲み物
○申込期限 7月28日金曜日
●申込・問い合わせ
生涯学習・スポーツ推進課
電話22-2111内線331

島スクエア次世代育成講座
親子発明工作教室~すもうロボットを作ろう~(無料)
○日時 8月10日木曜日10時~15時30分(午前・午後2部制)
○場所 大島商船高等専門学校
○内容 紙コップとモーターですもうロボットを作る
○対象 小学生(午前・午後各20人)とその保護者
○申込期限 7月28日金曜日
●申込・問い合わせ
大島商船高等専門学校総務課
電話0820-74-5524
FAX0820-74-5522
srenkei@oshima-k.ac.jp

やない創業塾
■第5期受講生募集
 創業に必要な知識、手続き、計画づくりなどを解説します。
○日時 8月26日土曜日,9月2日土曜日,9日土曜日,23日土曜日の全4回/13時~17時
○場所 柳井商工会議所1階研修室
○講師 シンプルシステム株式会社 代表取締役・伊藤勝彦氏
○対象 創業を目指したい人、創業後3年以内の人・10人
○参加料 3,000円(全4回分)
●申込・問い合わせ
 柳井商工会議所中小企業相談所 電話22-3731/FAX22-8811
 info@yanaicci.or.jp

催し

柳井市海水浴場開設情報
■7月13日木曜日~8月20日日曜日
 サザンセト伊保庄マリンパーク
■7月15日土曜日~8月20日日曜日
 大畠ふれあいビーチ
 湯原海水浴場
 五十谷海水浴場(平郡)
○注意
▼バーベキュー、花火など火気の使用はご遠慮ください。
▼キャンプ場はありません。
●問い合わせ
 商工観光課
 電話22-2111内線361

やない西蔵
ギャラリー展示情報
開館9時~17時/毎週火曜日休館
■7月12日水曜日~21日金曜日
 柳井金魚ちょうちん祭り絵手紙展示/大畠保育所、放光保育園、柳井南保育所、柳井幼稚園、余田保育園、ルンビニ保育園、ルンビニ第二保育園、若葉保育園
■7月22日土曜日~29日土曜日
 書で描く my Umbrella展/柳川眞知子
●問い合わせ
 やない西蔵 電話23-2490

若さあふれる多文化伝統芸能フェスタ(無料・申込不要)
○日時 8月5日土曜日14時~
○場所 山口県教育会館(山口市)
○内容 山口県、中国山東省、韓国慶尚南道の若者たちによる伝統芸能の公演
●問い合わせ
三県省道青少年文化交流事業実行委員会(県文化振興課内)
電話083-933-2627

募集

第54回サザンセト大畠タイ釣り大会(要申込)
○日時 10月24日火曜日(荒天中止)/受付6時・帰港13時
○集合場所 神代石神漁港
○定員 100人(定員超えの場合、抽選)
○参加料 1人12,500円(えさ代を含む)
○持参物 道具は各自持参
○その他 入賞者には豪華景品をご用意
○申込期限 8月18日金曜日必着
●申込・問い合わせ 詳しくはお問い合わせください。
 大畠観光協会(大畠商工会内)
 電話45-2414
 http://www.shokokai.or.jp/oobatake/<外部リンク>

第29回サザンセト音楽祭洋楽の部出演者
■やまぐち文化プログラム協賛
○日時 11月12日日曜日
○場所 サンビームやない
○対象 一定の技術水準を有し、柳井市または周防大島、上関、平生のいずれかの町に在住、通勤、通学している個人または団体
○募集分野 洋楽(カラオケ、ロックを除く)
○定員 12組程度
○募集期限 8月25日金曜日
●申込・問い合わせ サンビームやない、柳井図書館、市役所ロビー、アクティブやない備付の申込書で申し込んでください。
サザンセト音楽祭実行委員会(サンビームやない内)
電話22-0111

柳井市子ども・子育て会議委員
幼児期の教育・保育や地域の子ども・子育て支援の推進を図るため、柳井市子ども・子育て会議の委員を募集します。この会議では子育て当事者の立場からご意見をいただきます。
○応募資格 以下のすべてを満たす人
▼平成29年7月1日現在、市内に住所を有する20歳以上の人で、18歳未満の子どもの保護者であり子育て支援に関心のある人
▼平日の日中に開催予定の会議に出席可能である人
○募集人員 2人(うち1人を女性優先)
○任期 2年間
○報酬 日額5,100円
○募集期限 8月14日月曜日必着
○応募方法 「応募の動機、柳井市の子育てに関する課題と望むこと」を800字程度(様式自由)にまとめ、住所・氏名・年齢・性別・電話番号を明記して応募してください。
※収集した個人情報は、選考以外には使用しません。ただし、選考の結果、委員となった人の氏名は公表します。
●申込・問い合わせ
市社会福祉課
電話22-2111内線188
FAX23-7566
shakaifukushi@city-yanai.jp

平成29年度火災予防作品/防火標語の部
○「防火標語の部」募集課題 住宅防火(特に住宅用火災警報器)/放火火災防止/防炎エプロンの普及/その他火災予防に関する標語(山火事予防は除く)
65歳以上の柳井市、周防大島町、上関町、平生町居住者
○募集期限 10月27日金曜日(当日消印有効)
●申込・問い合わせ 作品・郵便番号・住所・氏名(ふりがな)・年齢・性別・電話番号を明記して、消防本部予防課または最寄りの消防署に提出してください。
柳井地区広域消防本部予防課
電話23-7774/FAX23-4503

戦没者遺児による慰霊友好親善事業参加者
亡き父等の眠る旧戦域に赴き慰霊を追悼し、現地の人々との友好親善を行います(厚労省補助事業)。
○対象 戦没者遺児
○参加費 10万円(集合場所への交通費、渡航手続手数料等の別途負担有)
○主な地域(各々日程あり) フィリピン、ミャンマー、中国、ニューギニア、旧ソ連、トラック・パラオ諸島他
●申込・問い合わせ
(一財)日本遺族会事務局
電話03-3261-5521

試験

平成29年度柳井地区広域消防組合消防職員採用試験
○募集職種 消防吏員
○募集人員 2人
○受験資格 平成6年4月2日から平成12年4月1日までに生まれ、原則として高等学校の教育課程を修了した人(平成30年3月卒業見込みを含む)。
※その他の資格について詳しくはお問い合わせください。
○試験日/場所 第1次試験・9月17日日曜日、第2次試験・10月下旬/柳井地区広域消防本部
○採用 平成30年4月1日以降
○申込期間 7月7日金曜日~8月4日金曜日17時15分(郵送の場合は受付期間内の消印有効)
●問い合わせ
 柳井地区広域消防本部総務課 電話23-7772

健康&すくすく

熱中症に要注意
熱中症は室内にいるときや寝ている間でも発症します。湿度が高い日・風が弱い日・急に暑くなるなど、体が暑さに慣れていないときは注意が必要です。特に高齢者や子どもは、脱水を起こしやすく、熱中症になりやすいとされます。また、体調が悪い・持病がある・肥満の人も注意が必要です。
●問い合わせ 市保健センター 電話23-1190
熱中症の予防法
▼気温の高い時間帯の外出を避ける、日陰を歩く、適宜休憩するなど、暑さを避ける工夫をしましょう。
▼室内では風通しをよくし、カーテンやすだれなどで日光を遮りましょう。室温が28℃以上にならないよう、エアコンや扇風機を利用しましょう。
▼吸汗・速乾性のある素材の涼しい服装をしましょう。また、日傘や帽子で直射日光を避けましょう。
▼作業や運動の前、寝る前、入浴の前後など、のどが渇く前から、お茶や水でこまめに水分を補給しましょう。大量に汗をかいた場合は、スポーツ飲料などで塩分も補給しましょう。
▼日頃からウォーキングなどの無理のない運動で、汗をかく習慣を身につけましょう。
▼栄養バランスの整った食事をして、睡眠や休養を十分に取りましょう。
熱中症になったときには
▼汗が止まらない、めまいや立ちくらみ、筋肉痛や気分の悪さを感じたら、すぐに涼しい場所に避難して体を冷やし、水分と塩分を補給しましょう。また、周囲の人に体調の変化を伝えましょう。
▼水分が飲めない、頭痛や吐き気がある、休んでも気分がよくならない、呼びかけに対し反応がおかしい(意識障害がある)などの場合は、ためらわずに救急車を呼び、医療機関で適切な処置を受けましょう。

毎年7月28日は日本肝炎デー
7月24日~30日は肝臓週間
肝臓は肝炎などで機能が悪化しても、自覚症状が出にくい「沈黙の臓器」と言われます。肝炎や肝炎を放置して起こる肝硬変・肝がんなどの肝臓病を、早期に発見して進行を予防するために、定期的に健診や検査を受けましょう。
●問い合わせ 市保健センター 電話23-1190
(1)生活習慣による肝炎
 肥満や偏った食事、お酒の飲みすぎ、運動不足などにより、肝臓に脂肪が溜まる「脂肪肝」になると、肝臓の細胞が炎症を起こしてしまいます。
▼バランスのよい食事、適量の飲酒、適度な運動で肝臓を守りましょう。
▼特定健診等を定期的に受けて、肝機能の低下や生活習慣病の有無をチェックしましょう。異常があっても、早めの治療や生活の改善で、肝臓病の進行を予防できます。
(2)ウイルス感染による肝炎
 B型・C型肝炎ウイルスの感染の有無は、血液検査で調べることができます。もし感染していた場合でも、検査で早期に発見し、専門の医療機関で治療を受けることで、肝臓病の進行を予防できます。
 今まで検査を受けたことがない人は、早めに感染の有無を検査しましょう。市では、肝炎ウイルス検査を受けたことのない40歳以上の市民を対象に、B型・C型肝炎ウイルス検診を実施しています。

8月の健康相談(予約不要)
■健康相談の日
 毎週月曜日水曜日金曜日(11日祝日) /9時~11時30分
■こころの相談会
 8月2日水曜日13時30分~15時
■乳幼児健康相談・栄養相談
 8月9日水曜日 9時30分~11時
○場所 市保健センター
●問い合わせ
 市保健センター 電話23-1190

台風3号の接近に伴う
結核・肺がん検診 日程変更
柳東地区の検診日程を以下のとおり延期しました。詳しい日程は6月8日号11ページをご覧いただくかお問い合わせください。
▼柳東地区
 7月4日火曜日 → 7月24日月曜日
 /同じ時間・場所で実施
●問い合わせ
 市保健センター 電話23-1190