ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 国民健康保険 > 特定健康診査を受けましょう (6月中旬に受診券を送付します)

特定健康診査を受けましょう (6月中旬に受診券を送付します)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年5月25日更新

特定健康診査・特定保健指導 

特定健康診査は、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)とその予備群の人を見つけ、特定保健指導を行い、生活習慣病を早期発見・改善する目的で40歳~74歳の人を対象に実施しています。『受診券』は毎年6月中旬にお送りします。受診券が届いてから1月31日までが受診可能期間で、特定健康診査 実施医療機関 [PDFファイル/116KB]で受けていただきます。(事前予約が必要な医療機関もありますので、直接、お問い合わせください。) 

  健康診査の検査項目

問診・身体計測・血圧測定・血液検査(脂質・肝機能・腎機能・血糖・貧血)・心電図・尿検査

 受診するときに必要なもの

  • 特定健康診査受診券
  • 国保の保険証
  • 自己負担金 500円(70才以上)、1,000円(70才未満)、ただし、今年度40,45,50,55,60,65歳になられる人は節目検診として無料になります。(詳しくは、受診券の自己負担額欄をご確認ください)

健診結果について 

受診した医療機関で結果の説明を受けてください。特定保健指導の対象となった場合は、保健センターから案内文書をお送りします。

 集団健診(10月下旬)

 保健センターの胃がん集団検診(胃透視)または大腸がん検診のいずれかを受ける人は、特定健診を同日無料で受けらることができます。(予約制、定員あり) 

 

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)