ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市長の部屋 > 市長コラム(平成25年5月23日)

市長コラム(平成25年5月23日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年5月23日更新

市長コラム「柳井で暮らす幸せ」

市民とつくる観光交流

 先般の大型連休、皆さん思い思いにお過ごしになられたことと思います。私も家族で市内各所に足を運びましたが、どこも多くの方々で賑わっていました。
柳井縞まつり まず、白壁の町並みでは、柳井縞まつりが開催されました。柳井縞の会が「柳井縞NORENプロジェクト」として1年をかけて取り組まれ、国外からも含め約3200人の方々が参加、1086枚(871(やない)+215(に行こう))もの暖簾を織り、白壁通りに掛け、その枚数と距離で世界記録に挑戦しようというイベントでした。会の皆さんとお手伝いいただいた方のご苦労に敬服すると同時に、改めて伝統ある柳井縞の魅力が広くPRされたことをうれしく思いました。
 また、天候にも恵まれたやまぐちフラワーランドには、ご家族連れや三世代でお越しの方々が目立ちました。5月3日には通算95万人の来園者を達成し、今秋100万人に達する予定です。今後とも、市民に花の文化を広めていくために、花のまちづくりを推進して参ります。
 そして、4月12日にオープンした「ふれあいどころ437」では、直売所も農家レストランも大人気です。地域の皆さんがお客様に喜んでいただくために、また自らの地域を元気にしていこうと全力を尽くされています。そのチャレンジを、多くの市民に参加し応援していただくことによって、地域の活性化が成功するものと確信しています。
 皆さんぜひお出かけになって、現場で活躍されている方々にあたたかいエールをお送りいただきたいと思います。

柳井市長  井原健太郎