ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市長の部屋 > 市長コラム(平成26年7月24日)

市長コラム(平成26年7月24日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月24日更新

市長コラム「柳井で暮らす幸せ」

市民に寄り添い年間15万件

 「22局2111番」、これは、柳井市役所の電話番号(代表)です。年末年始を除く平日朝8時半から夕方5時15分まで、こちらに電話をおかけいただくと、電話交換手を通じて、各課、各職員へ転送されます。一日平均600件程度、年間約15万件の電話に、3名の交換手が応対しています。
 どの自治体でも、そこで働く職員は、住民の皆様への接客態度について、日々その向上をめざしていることと思います。職員の接遇については、様々な場面でご指摘、苦言等を受けることもありますが、広く市民の皆様と日常的に接する市職員としてのあるべき姿について、改めて肝に銘じて参る覚悟です。
 そういった中、本市の電話交換手は、丁寧で的確かつスピーディな応対が、ご好評をいただいています。電話は、対面とは違った難しさのある仕事ですが、一所懸命、市民の皆様のお気持ちに寄り添う思いで、その役割を果たしています。
 近年では電子メールによるお問い合わせも増えていますが、直接庁舎にお越しいただくことができない方々もいらっしゃる中、代表電話をこれからも気軽にご利用いただきたい、また、一般の市民の皆様にとっては馴染みの薄い行政の組織の中で、どこの部署に聞いてよいかわからない場合には、遠慮なさらずに代表電話へお電話いただきたいと思います。丁寧、親切に、できる限りご要望、ご期待に沿って参ります。       

柳井市長  井原健太郎