ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市長の部屋 > 市長コラム(平成22年4月22日)

市長コラム(平成22年4月22日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年3月23日更新

北京五輪の感動を再び!女子ソフトボール公式戦を開催

 広報やないや報道等でご存知の方々も多いかと思いますが、5月29日(土曜日)、30日(日曜日)の両日、ビジコム柳井スタジアムにおいて、第43回日本女子ソフトボールリーグ第5節の大会を開催することになりました。

 本大会の開催にあたっては、昭和58年に日立東京エレクトロニクス(株)柳井工場として操業を開始され、国内屈指の半導体メーカーとして本市の地域経済にも大きく貢献いただいている(株)ルネサス柳井セミコンダクタの多大なお力添えをいただきました。本大会に出場されるルネサスエレクトロニクス高崎チームは、北京オリンピック金メダリスト上野由岐子投手を擁し、国内最強といわれるチームですが、関連会社である(株)ルネサス柳井セミコンダクタとのご縁で、今までも何度か本市にお越しいただいております。昨年、市体育協会の藤麻功会長と共に宇津木麗華監督にお出会いする機会を得ました。その折に「ぜひ柳井でも試合を」とお願いをさせていただいたわけですが、監督はもとより、県ソフトボール協会や関係者の方々のご尽力により今回の大会開催の運びとなりました。ルネサスエレクトロニクス高崎 上野投手

  なかなか明るいニュースが少ない社会情勢ではありますが、「スポーツのまち柳井」にとって大変良い話題であり、観光振興の面からも市内外から多くのファンにご来場いただけるものと期待しています。実行委員会は、会場周辺に特産品販売コーナーを設けたり、白壁の町並み、やまぐちフラワーランドなどの観光もご提案できるよう準備をしています。そして、今大会が一過性のスポーツイベントで終わるのではなく、これを機会に地元と企業との絆がさらに強まることが私の一番の願いです。私は、企業誘致を推進することも重要ですが、今現在立地していただいている企業を、さまざまな形で応援することも大切にしていきたいと考えています。

 ぜひ皆様には、上野投手をはじめ、世界トップレベルのプレーを間近に見ることができるめったにないチャンスをお見逃し無きよう、ご来場を心からお待ちしております。この大会は、来年開催される山口国体のプレイベントとしての位置づけています。多くの方々の心に残るような、夢のイベントとして絶対に成功させたいと強く思っています。 

柳井市長 井原健太郎