ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 柳東小学校 > 学校及び地域の概要

学校及び地域の概要

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月16日更新

柳東小学校

  本校は、JR山陽本線柳井港駅、内海航路の基点柳井港の北方にあり、北に琴石山を仰ぎ南は風光明媚な瀬戸内海を眺望できる住宅地にある。商都柳井に3キロメートルと近く、商業・農業・漁業と地元小規模工場の従業員が多かったが、近年、交通の便のよさから、広島・徳山方面までの通勤者が増え、共働きの家庭が多くなった。本校区に近年住宅団地が増えたが、少子化の影響もあり、児童数は横ばい傾向にある。
 保護者は、教育に対する関心が強く、学校教育、PTA(親師会)活動にも非常に積極的、かつ協力的である。子ども会、スポーツ少年団の活動に力が注がれ、その成果があがっている団体も見られる。
 地域の方々との連携については、柳東防犯少年少女パトロール隊が組織され、児童のボランティア活動が展開されている。このことは、地域の青少年の健全育成に大きく貢献している。
 また、平成11年に柳東児童クラブが開設され、校地に隣接した建物で30名余りの児童が下校後の時間を過ごしている。
 文化的環境としては、近くに国指定の文化財茶臼山古墳があり、そこから出土した大鏡は全国的に有名で、平成10年に古墳公園・茶臼山古墳資料館として整備された。

柳東小学校の沿革史


Adobe Readerダウンロード<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)