ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 柳井市議会 > 平成21年6月議会の一般質問

平成21年6月議会の一般質問

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年3月23日更新

平成21年第2回 柳井市議会定例会 一般質問内容

[1] 君国 泰照 議員

 1 新柳井市長の政治姿勢について
  (1)国や県に頼らない市政で自主財源の貧しい中で地域経済の活
   性化事業の展開としての定住施策、雇用の創出、高齢化、福祉、
   水道 料金、武道館等の市民サービス。柳井市発展の起爆剤とな
   りうる高 規格道路、岩国・柳井線、柳井・玖珂線。上関に通じる
   県道、柳井・上関線は、国、県の施策支援は必要である。柳井で
   暮らせる「幸せ」市民の夢を実現するには、財源が伴うが市長の
   基本姿勢について問う。
 2 上関原発計画について隣接市の市長としての見解を問う
  (1)いよいよ2010年より着工の運びとなるが、上関原発着工に対
   し隣接市長としての見解を求める。着工による、物、人、金、即ち
   関連事業や雇用、交付金による経済波及効果、各交付金の配分
   による地域振興策に対して市長の考えを問う!
 3 市長、特別職、非常勤行政委員等の給料、報酬について
  (1)未曾有の経済変動で景気低迷する中で、全国各地より首長自
   らの意思で給料をカットされている。柳井市民も議員定数削減や
   市長や職員の給料削減を望む声も大であるのは事実である。人
   口も県下で下から2番目であり、行財政改革の先陣を切って、カッ
   トされてはいかがなものかを問う!


[2] 坂ノ井 徳 議員
 
 1 ニューディール8項目について
  (1)税金の無駄遣いを“ゼロ”にするとは、どの様なものが対象とな
   るのかを伺います。
  (2)最大の強みである豊かな天然資源を活かしとあるが、何をどの
   様に活かすのか?伺います。
  (3)土木建築業に蓄積された技術を活かすとあるが、どんな技術が
   活かされるのか?伺います。
 2 市の財政状況について
  (1)自主財源率50%を下回る財政体力をどの様に改善されるお考
   えかを伺います。

 



[3] 中次 俊郎 議員
 
 1 柳井ニューディール8つの約束について
  (1)柳井ニューディール全般のタイムスケジュールについてお尋ね
   いたします。
  (2)学校の統合問題については、計画を白紙に戻すとの公約です
   が、整備計画見直しについてお尋ねいたします。
  (3)障害者の就労のサポートについてお尋ねいたします。
  (4)住民が積極的に市政運営に関与していく仕組みの中で、自治
   会組織や地区社会福祉協議会等の役割についてお尋ねいたしま
   す。
 2 柳井市都市計画マスタープランについて
  (1)都市計画道路網中で、50年以上の長期未着手路線である姫
   田線については、過去見直しがされておらず、この度のマスタープ
   ラン策定により、今後長期未着手路線としてどのような見直しがさ
   れるのか、お尋ねいたします。
  (2)安全・安心のまちづくりのため、集中豪雨や大地震など自然災
   害への的確な対応が望まれます。防災、減災にむけての新たな実
   施計画をお尋ねいたします。

[4] 光野 恵美子 議員
 
 1 教育問題について
  (1)学校給食について
   柳井市は大畠地区の小中学校の自校式給食を廃止し、柳井市の
   学校給食センターへ統合する計画を進めています。旧大畠町が行
   っていた小中学校自校式給食は、地域の方々のご協力のもと豊
   かな食育が進められてきました。関係者の方々からは自校式給食
   の存続を望まれる声が多く出されています。教育行政の合理化は
   子ども達の成長を阻害するものです。自校式給食は、子ども達にと
   って大切な守るべき宝です。今後の計画の進め方についてお答え
   下さい。また、合併後の給食事業の推移をお答え下さい。
 2 新型インフルエンザについて
  (1)新型インフルエンザは感染力が強く、現在は弱毒性ですが、強
   毒性に変わる恐れがあります。柳井市も既に3回の対策本部会議
   を開催され対応されていますが、この間の学校、保育園、幼稚園、
   介護施設等への通達は、どの様に行われましたでしょうか。また、
   今後の情勢の変化を踏まえた対応についてお答え下さい。
 3 米軍再編による岩国基地機能強化問題について
  (1)柳井市議会も、岩国基地強化は近隣自治体に大きな影響を及
   ぼすものとして「米海軍厚木基地機能の岩国移転に反対する要望
   決議」(平成17年6月議会)を可決しています。岩国市では井原元
   市長から福田現市長へ変わり、政策は180度違ってきています。
   柳井市民の安全・安心を守る立場である柳井市の井原市長は、ど
   ちらの立場に立たれるのでしょうか。以前私は、柳井市への影響
   を把握するために、騒音等の苦情受付窓口を飛行時間に合わせ
   て設置する事と周知を要望しましたが、現在はどの様に行われて
   いますでしょうか。


[5] 東 泰雄 議員
 
 1 核兵器廃絶について
  (1)核兵器廃絶を提唱したオバマ米大統領のプラハ演説は、世界に
   大きな波紋を広げている。また、柳井市議会は平成17年6月議会
   で「非核平和都市宣言」を採択している。
    8月の原爆記念日に向けて何か行動すべきと思うが、いかがお
   考えか。
   「平和市長会議」に参加する考えは。
 2 上関原発について
  (1)中国電力は原発建設に向けて準備を進めているが、上関町や
   周辺の住民には根強い反対の声がある。
    (1)原発建設の是非や原発の安全性についての考えは。
    (2)建設予定地周辺には貴重な生物が棲息している。自然保護と
     種の保存についての考えは。
 3 教育問題について
  (1)柳井市立小中学校整備計画について
   学校統合問題について市長は「計画を白紙に戻し、再度住民と話
   し合う」と発言したとの報道があった。学校統合についての基本的
   認識を問う。
  (2)全国一斉学力テストについて
   今年4月、3回目の学力テストが実施された。結果は公表すべきで
   ないと思うが、市の考えは。
    学力テストにむけて全県下で事前にテストが実施されたが、この
   目的は何か。
 4 サンビームやないについて
  (1)施設改修や器材の更新を行い、もっと利用率の向上を。また、
   専門技術者の後継者づくりを。





[6] 三島 好雄 議員
 
 1 企業誘致と学校統合に関する方針をうかがいたい。
  (1)企業誘致については、新明和工業跡地の問題があるが、井原
   市長は5月13日に上京し、日立関係の会社を訪問された。その後
   も企業が市役所を訪れるなど、活発な活動を行っているが、どのよ
   うなやり取りがなされているのか。また、企業誘致に関する市長の
   考え方をうかがいたい。
    また、学校統合についての方針はどうか。
 2 インフルエンザ対策について
  (1)インフルエンザは収束の方向に向かっているが、怖いのは秋に
   なりインフルエンザが強毒性になった場合のこと。そういう事態は
   十分考えられるが、市の対応をうかがいたい。
 3 政府の新年度補正予算に対する対応について
  (1)5月29日に国の新年度補正予算案が成立した。今後は関連法
   案の成立を待つが、「子育て応援特別手当」や「地域活性化・公共
   投資臨時交付金」「地域活性化・経済危機対策臨時交付金」など、
   たくさんのメニューがある。これら補正予算の関連法案が成立した
   後は迅速な対応が求められるが、市の対応をうかがいたい。

[7] 石丸 東海 議員
 
 1 市長の政治姿勢について
  (1)市民参加型市政について
  (2)小中学校統合について
  (3)広域合併について
 2 ケーブルテレビについて
  (1)周防ケーブルテレビの整備状況と加入状況について
  (2)今後の整備計画について
 3 土地開発公社の経営状況について
  (1)公社長期所有地の処分について

[8] 田中 晴美 議員
 
 1 武道館の建て替えについて
  (1)河内山市長は、昨年9月の山本議員への答弁で、武道館建設
   については、早目早目に、内々に関係機関との相談をしなければ
   ならないと答えられました。その後、どの関係機関と相談をされ、ど
   の様な陳情をされているのか、その結果いつごろの建設予定にな
   るのかをお伺い致します。。

[9] 鬼武 利之 議員
 
 1 井原市長の政治姿勢について
  (1)市長の政治哲学と基本理念について
  (2)首長に求められる要件と理想のリーダー像について
  (3)柳井市の課題と新しい柳井のまちづくりについて
 2 福祉医療助成制度について
  (1)県の見直しによる市への影響について
  (2)市独自での継続問題について
   ※来年度以降の方針と財源問題について
 3 県道柳井・上関線について
  (1)県道柳井・上関線改良事業の進捗状況と早期完成に向けての
   市の取り組みについて

[10] 藤里 克享 議員
 
 1 農業、林業、水産業の振興について
  (1)2009年柳井ニューディールの中で「柳井の最大の強みである
   豊かな天然資源を活かして農業、林業、水産業を振興します」とマ
   ニフェストに掲げておられます。お考えをお聞かせ下さい。
  (2)大型農業機械の導入が困難な地域の農道の整備についての
   柳井市の対応についてお聞かせ下さい。
  (3)中山間直接支払制度第2期が本年度で終了しますが、第3期の
   見通しについて
 2 県道柳井・玖珂線の改良について
  (1)馬皿・伊陸大ノ口間のトンネル化について再三議会で要望して
   おります。市の答弁では「1つのルートとして、山口県に検討してい
   ただくように、引き続き、要望してまいりたい」であった。その後の
   経緯についてお聞かせ下さい。