ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 柳井市議会 > 平成22年12月議会の一般質問

平成22年12月議会の一般質問

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年3月23日更新

平成22年第4回 柳井市議会定例会 一般質問内容 

[1] 君国 泰照 議員
 1 平成23年度予算においての取り組む姿勢や方針、重点施策案、
  目標や目的について
 2 観光立市について
 (1)企業誘致や若者流出、人口減、活気が無い、産業が無い、金が
  無い、夢が無いと閉塞感漂う中で、雇用の場の創出、第1次、2次、
  3次産業の振興と活気ある街づくりを構築する特効薬は観光振興で
  ある。来年の国体を起爆剤として観光立市、観光元年として取り組
  む宣言や施策、事業展開、重要課題として取り組むことはできない
  かをお尋ねする。
 3 沿道、空地、休耕田、河川、ミニ公園の景観、修景事業について
 (1)市民の苦言で他都市に比べ柳井の沿線はセンスがなく汚いと耳
  にする。特に柳井警察署から南浜、市民球場から柳井港間は、大
  変見苦しい道路である。農村、農道、特にフラワーランド周辺や観光
  ルート路線、休耕田、空地、棚田等、柳井の四季、美しい街やない
  を国体を契機に市民あげて取り組まれないかを問う。

[2] 山本 達也 議員
 1 旧大里小跡地利用と都市・農村交流施設の整備、夢がつながる
  地域づくり推進室の役割について
 (1)旧大里小跡地利用の具体的な計画及び今後のスケジュールに
  つい  て
 (2)夢がつながる地域づくり推進室が設置されるに至った経緯と推進
  室の都市・農村交流施設整備への関わりについて
 (3)市長は、従来、施設整備にあたっては、地元の意向を尊重すると
  発言されてきたが、その考えに変わりないか?
 2 金魚ちょうちん祭りを国体PRとあわせ、全国に発信できるメリハリ
  をつけた事業展開をすることについて
 (1)金魚ちょうちん祭りは、来年が第20回目の節目の年となる。柳井
  には、春の天神まつり、夏の金魚ちょうちん祭り、秋の柳井まつりの
  3大まつりがあるが、来年の山口国体開催PRも兼ねて、金魚ちょう
  ちん祭りをバージョンアップし、金魚ちょうちんをキーワードに、全国
  に柳井をPRする絶好のチャンスと考える。住民、行政、民間企業が
  一体となって、取組みが必要と考えるが、如何か?
 3 地域の3次救急医療を担う国立病院岩国医療センター並びに岩国
  空港への柳井市からのアクセス道路整備について
 (1)岩国基地沖合移設に伴う愛宕山開発事業により、国立病院岩国
  医療センターが現在地から愛宕山に移転し、柳井市から遠くなる。
  現在でも国病岩国への搬送は多く、特に救急医療現場は、時間と
  の戦いである。岩国空港の再開とあわせ、柳井市からのアクセス道
  路整備の必要性は言うまでもない。早急な対策が求められると考え
  るが、如何か?
 






[3] 東 泰雄 議員
 1 住宅リフォーム助成制度の創設について
 (1)長引く不況下で、地元中小建設業者は仕事確保に苦しんでいる。
  住宅リフォーム費用の一部を公費助成することにより、リフォームの
  需要が増大し、中小業者の仕事が増える。
   全国的にもこのような助成制度を創設して、地域活性化に取り組
  んでいる自治体が増えている。柳井市もリフォーム助成制度の創設
  を。
 2 生活保護について
 (1)ローン付き住宅を保有していることを理由に保護申請を受理しな
  いのは、生活保護行政の瑕疵であると思う。
   急迫事態の申請者にあたたかい行政を望む。

[4] 賀原 基和 議員
 1 茶臼山古墳の現状と今後の対応について
 (1)歴史遺産(観光地)として現在の開館対応で良いのか。
 (2)茶臼山古墳周辺の維持管理について
 2 安心安全のまちづくりの中での柳井市の交通安全対策は
 (1)市民に対する交通安全対応について
 (2)当市の公用車、スクールバス等、職員、生徒への安全指導と車
  の維持管理について

[5] 下土井 進 議員
 1 環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)協議開始に対して、市長の
  考えについて
 (1)政府は11月9日に「環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)」の関
  係国との協議を開始することを含む「包括的経済連携に関する基本
  方針」を閣議決定しました。TPPに対して、市長として明確に反対な
  り見直しを求める意思表示は、していただけますでしょうか。
 2 里山保全に対する取組みについて
 (1)10月に開催された生物多様性条約第10回締約国会議で「SAT
  OYAMAイニシアチブ」が採択されました。今後、里山保全を支援す
  る活動計画策定も必要となると思いますが、今後の具体的な取組
  みについて伺います。
 3 原子力発電に関して市民への正確な情報の伝達について
 (1)隣の上関町においては、原子力発電所の建設について、賛成、
  反対を含め30年近く論議がなされてきていますが、柳井市民に対し
  て行政としての情報発信は、非常に少なく感じます。市として市民に
  対する情報提供についての考え方を伺います。


 

[6] 坂ノ井 徳 議員
 1 柳井市づくりについて
 (1)元気で安心して暮らせ、かつ未来に夢が持てる柳井市づくりにつ
  いて、実現に向け集約された意見を伺う。
 2 税、料金等の徴収について
 (1)これらの徴収、減免等について伺う。
 3 鳥獣対策について
 (1)鳥獣対策について伺う。

[7] 光野 惠美子 議員
 1 事業仕分けについて
  先日の全員協議会にて「柳井市事業仕分け結果に対する市の見直
  し等の内容について」報告説明があり、見直しの方針が示されまし
  た。
 (1)統合後の学校施設維持管理事業について
   (1)旧大里小学校プール使用の期限を決めるための関係者の方と
    の協議について、内容とタイムスケジュールをお伺いします。
   (2)使用許可が適当でない各校舎、講堂は、平成26年度から優先
    順位をつけて年次計画により解体を進めるとありますが、優先順
    位をつける基準内容と各地区住民への説明合意について、お伺
    いします。
 (2)ファミリー・サポート・センター事業について
   (1)稼働率を上げるため、新しいシステムの構築の詳しい内容
   (2)高齢者向けの有料在宅福祉サービスとの統合理由と可能性に
    ついて
   (3)今後の事業縮小の影響に対して、他の事業の充実化を図られ
    るのでしようか?お伺いいたします。
 2 介護保険について
 (1)「行き届いた介護の実現」を願う国民の声を背景に、2000年4月
  からスタートした介護保険制度ですが、この10年間の度重なる制度
  の改定のたびに費用負担が増やされ、利用が制約され、介護報酬
  が切り下げられ続けてきた結果、当初かかげられた「介護の社会化
  」とは裏腹に、「介護崩壊」とも言われる危険な状況が広がっている
  現実があります。柳井市において
   (1)介護保険料、利用料の独自軽減対策の今後の取組みについて
   (2)家族の同居を理由に訪問介護打切りがありましたが、柳井市で
    の影響はいかがでしたでしょうか?
   (3)特別養護老人ホームの待機者数について、お伺いいたします。
    国は、来年度に更なる介護保険制度改正を行います。その前に
    、市長として柳井市の現状を示し、国の責任で低所得者の介護
    保険料、利用料負担の軽減、応能負担原則の確立、介護保険
    料の値上げにつながらない基盤整備の強化、国庫負担の大幅
    増額などの要望を上げるお考えはありますでしょうか、お伺いい
    たします。
















[8] 田中 晴美 議員
 1 公共施設(道路、河川、公園、緑地帯)の里親制度について
 (1)市の管理する道路、河川、公園、緑地帯などの公共施設に里親
  を募り、ボランティアで美化清掃等を行う団体を支援する事業を取り
  入れていただけないか、お伺いいたします。
 2 柳井市の周辺部の活性化について
 (1)昭和、平成の合併後に、周辺部はとても寂れてきているが、今後
  の周辺部の活性化は、どのように考えておられるのかをお伺いいた
  します。
 3 C型肝炎の治療について
 (1)平成20年より、インターフェロン治療に対して、国からの助成金
  制度が開始されていますが、国からの治療促進について、地方には
  どのような啓発活動を指示されているのか、お伺いいたします。
[9] 篠脇 丈毅 議員
 1 井原市長の市政運営について
  地域主権改革が進む中
 (1)合併が進まなかった柳井地域の振興をどうリードする考えか。
 (2)国道柳井バイパス整備のあり方について
[10] 三島 好雄 議員
 1 視覚障害者への情報バリアフリー化対策について
 (1)視覚障害者は、国内で約30万人以上にのぼると言われています
  が、その中には糖尿病などの病気を原因とする中途失明者の方々
  が圧倒的に多く、87%以上が点字を読めない、という実態がありま
  す。
   そこで、「音声コード」活用の「活字読み上げ装置」を利用し、視覚
  障害者の皆さんに音声情報を紙で提供できる環境づくりが必要であ
  ると考えるが、市長の見解を伺いたい。
 2 柳井商工会議所の観光振興策の提言について
 (1)柳井商工会議所は、藤麻会頭を中心に観光振興策を提言されて
  いる。その中で、(1)金魚ちょうちんを柳井市観光の目玉にし、強力に
  全国に情報発信する、(2)金魚ちょうちんポスター全掲示、(3)農林漁
  家民宿の実施、などの案については、すぐに実行でき、効果も大き
  いと考えるが、市長の見解を伺いたい。
 3 柳井市職員の窓口対応について
 (1)長引く不況で、福祉や保険関係で市の窓口を訪れる市民が増え
  ている。その中で、職員の市民から見て傲慢な言動はあってはなら
  ない。また、職員が窓口対応に困っていても、上司が助け船を出さ
  ないケースをよく見るが、どうなっているのか。
 4 近隣町との連携について
 (1)近隣町との連携については、先輩議員が質問し、市長もその時
  は前向きな答弁をしているが、現状はどうか。