ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

新庄の長溝

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年1月7日更新

新庄の長溝を作った「岩政次郎右衛門」

岩政次郎右衛門の写真

岩政次郎右衛門(いわまさじろうえもん)

(1656年~1735年)


黒杭川ダムの西側から馬皿を通り、新庄に続いている用水路がある。 
これはおよそ310年前、新庄の庄屋であった岩政次郎右衛門が新庄地区・余田地区の北部に水をひくためにつくったものである。

長溝の全景 (全長:約7Km)

長溝の全景写真

現在の長溝

現在の長溝の写真 

岩政次郎右衛門の碑岩政次郎右衛門の碑の写真

新庄の人びとは次郎右衛門を「水の神様」とよび、8月19日 には感謝のための「長溝祭」を毎年行っている。
新庄小学校の登校日も、毎年この日に行われている。