ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

学校の沿革

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月14日更新
【学校の歴史】
明治 6年 松村嘉太之助宅を仮教場として余田小学校を開設。
       字一里塚にわら葺平屋校舎を新築。
   13年 名合八幡宮の鳥居西側に校舎を新築。
   15年 玖珂郡第22小学区立余田小学校と改称。
    〃  余田小学校畑分校を建築。
   16年 字松堂に瓦葺2階建校舎を新築。(現在の余田保育地)
   20年 余田村立余田尋常小学校と改称。
   31年 余田村立余田尋常高等小学校を併設。
   42年 現校地に校舎を新築し移転。
昭和16年 国民学校令公布により余田村立余田国民学校と改称。
   22年 六・三制実施により余田村立余田小学校と改称。
   29年 市制施行により柳井市立余田小学校と改称。
   35年 現在地に鉄筋校舎を改築。(現校舎)
   38年 畑分校を廃止し、柳北小学校に併合。
   45年 プール建設。
   48年 創立100周年の記念行事を実施。
   57年 県学校環境緑化優秀校。
   58年 校旗完成。県学校環境緑化優秀校、県準健康優良校。
   60年 県準健康優良校、『心身障害児理解推進校』県・市指定校。
   61年 ふれあい教育推進地域指定。(~62年)
平成 2年 文部省指定道徳教育協同推進校となり発表。
   10年 滑り台を設置。県花いっぱい運動奨励賞。
   11年 講堂解体。体育館新設。県健康優良学校。
   13年 特別教室棟設置。健康推進準優良校。
   17年 日本スポーツ振興センター主催学校安全表彰。
   22年 耐震校舎完成 ゆうかりの植樹
   27年 県学校保健安全(保健の部)優秀校表彰。 県花いっぱい運動奨励賞。

学校の沿革