ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

柳井市の都市計画

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月28日更新

都市計画とは

 都市には、大勢の人が集まり、働き、学び、遊び、そして生活しています。もし、誰もが自分の都合だけで生活したり、仕事をしたりすると、他の人の生活や仕事に迷惑をかけたり、全体から見ると不都合な場合があります。
例えば、住宅地の真ん中に、自分の土地だからといって大きなお店や工場を建てる人がいたらどうでしょうか?周りの住宅では日が当たらなくなり、静かな住宅地だったところがお店や工場に出入りする人や車で騒がしくなり、道路も車であふれることになりかねません。
 このように、都市では自分の土地を使うのにも、まわりのことを考えないと大勢の人に迷惑をかけることになるのです。
ですから、大勢の人が生活している都市では、土地の使い方や建物の建て方にマナーが必要なのです。こうしたマナーをみんなに共通のルールとして定め、それをおたがいに守っていかなければなりません。
 また、都市で生活し、働いていく上で、道路、公園、下水道などのまちの骨組みとなる公共施設は欠かせません。
例えば、住宅地といっても、建物の建つ敷地だけがあればよいのではなく、道路などの公共施設があってはじめてそこで暮らせるのです。
 こうしたみんなに共通の都市施設は、まちの中の住宅などの分布、人や物の流れ、他の都市との関係などを考えて、あらかじめ計画をたてておき、それに従って整備をしていく必要があります。
 これからは、まちの中の貴重な自然をみんなで守り、残していくことも、ますます重要になります。
 このような土地の使い方や建物の建て方についてのルールをはじめ、まちづくりに必要なことがら、相互の関係を定めているのが「都市計画」なのです。(外部リンク~国土交通省のホームページ「みんなで進めるまちづくりの話」へ<外部リンク>

柳井都市計画区域

柳井都市計画区域は、いわゆる非線引都市計画区域であり、市街化区域、市街化調整区域の区分はありません。

決定年月日

面積

備考

昭和10年6月19日

2,330ha

旧柳井町

昭和29年6月1日

10,550ha

日積、伊陸、新庄、余田、平郡を追加

昭和48年4月10日

12,746ha

伊保庄、阿月を追加(地先公有水面を含む)

 *旧柳井市の全域が区域区分非線引きの都市計画区域です。
   なお、旧大畠町の区域(神代、大畠、遠崎)については都市計画区域ではありません。    
 *最新の数値(平成27年国勢調査) 面積:12,786ha、人口:30,069人

地域地区

     用途地域・準防火地域・臨港地区・伝統的建造物群保存地区

都市施設

     都市計画道路・都市計画公園・都市計画緑地

地区計画

  柳井津古市地区地区計画  [PDFファイル/712KB]

 


Adobe Readerダウンロード<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)