ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

柳井市景観計画

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年11月4日更新

景観法とは

 「景観法」は、平成16年に制定されたわが国で初めての景観についての総合的な法律です。景観法は、良好な景観の形成を図るための基本理念、国等の責務、景観計画の策定、良好な景観の形成のための規制などについて定めています。

景観計画とは

「景観法」に基づき「景観行政団体(※)」が法の手続きに従って定める「良好な景観の形成に関する計画」のことで、景観まちづくりを進める基本的な計画として、景観形成の方針、行為の制限に関する事項などを定めることができます。

 ※ 『景観行政団体』は、「景観法」に基づき、地域の特性に応じた風景や景色を守る取り組みなどの様々な施策を独自に行うことができる地方公共団体です。

告示文 

景観計画本編 

柳井市景観条例、規則 

届出等の様式


Adobe Readerダウンロード<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)