ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 都市計画・建築課 > 柳井市狭あい道路拡幅整備事業

柳井市狭あい道路拡幅整備事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月31日更新

狭あい道路拡幅整備事業

目的

  私たちの身近にある生活道路は、人や車等の通行上、また、通風、採光、日照等環境衛生上、大変重要な役割を持っています。しかし、市内の生活道路の中には、緊急時や災害時に救急車や消防車の入れない道幅4m未満の道路(狭あい道路)がたくさんあり、様々な問題を抱えています。

  そこで、柳井市では、平成26年4月1日から市民が生活する上で良好な住環境の確保と安全で快適なまちづくりを推進するために、建築基準法により後退した用地を寄付していただき、生活道路の拡幅整備を行う「柳井市狭あい道路拡幅整備事業」をはじめます。

  なお、この事業は市民の皆さんと柳井市の協働により実施するもので、整備にあたっては費用の一部を助成する制度もありますので、皆さんのご理解と積極的なご協力をよろしくお願いします。

事業のイメージ図

事業のイメージ図

対象道路

  都市計画区域内の用途地域が定められた地域で、建築基準法第42条第2項の指定を受けた市道とします。

助成金制度について

  • 対象道路に面し、助成を受けようとする場合は、市との協議が必要となります。
  • 後退用地内の工作物等であれば、その撤去等に係る費用の一部を助成する制度や後退用地部分に係る擁壁設置費の一部を助成する制度もあります。

     ※助成を受けられるまでの流れは次を参考にして下さい。

       ◎事業の流れ [Wordファイル/99KB]

要綱・様式ダウンロード


Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)