ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

入居資格

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年6月8日更新

入居資格

次の要件をすべて満たしている人

 (1)現に同居し、または同居しようとする親族があること

 (2)政令で定める基準の収入のある者であること ⇒ 収入基準について

 (3)現に住宅に困窮していることが明らかな者であること

 (4)申込者、同居者または同居しようとする親族が、暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第6号に規定する暴力団員でないこと

 (5)申込者、同居者または同居しようとする親族が市町村税を滞納していないこと

 (6)過去、市営住宅に入居していた者で、家賃、駐車場使用料等の未納がないこと

単身入居資格 

上記(2)から(6)の条件を満たしている単身者で次のいずれかに該当する人は、単身入居可能住宅への申込資格があります。ただし、身体上または精神上著しい障害があるために常時の介護を必要とし、かつ、居宅において介護を受けることができず、または受けることが困難であると認められる方は、単身での申込はできません。

 ア 60歳以上の方

 イ 身体障害者 (身体障害者障害程度等級表1級から4級)

 ウ 精神障害者 (障害等級1級から3級)

 エ 知的障害者 (精神障害の程度に相当する程度)

 オ 戦傷病者 (障害の程度が特別項症から第6項症までまたは第1款症の者)

 カ 原子爆弾被爆者

 キ 生活保護受給者及び中国残留邦人等

 ク 海外からの引揚者 (引き揚げた日から5年以内の者)

 ケ ハンセン病療養所入所者等

 コ DV被害者 (県男女共同参画相談センター等の配偶者暴力相談支援センターまたは婦人保護施設において保護を受けた後5年以内の者、または配偶者に対し裁判所から接近禁止命令または退去命令がだされた後5年以内の者)   

 サ 犯罪被害者等

※単身入居可能住宅は、住戸の広さに制限があります。

 注意事項

  (1)市外にお住まいの方も申込資格のある方は申込できます。

  (2)原則、県営住宅及び市町村営住宅にお住まいの方は、申込できません。