ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

水産物の消費拡大

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年3月23日更新

近年、一般家庭における魚の入手手段は、スーパー等で調理済みのものを購入するのが主流で、柳井市近海で獲れた新鮮でおいしい魚を食べる機会が少なくなっています。こうした状況の中で、自分で魚をさばいて、調理する方法を講習することで、地魚の消費拡大を目指しています。

 

柳井学園高等学校

 

生徒がタイのウロコをとっている写真です
(山口県漁協柳井支店青壮年部主催)

 

柳井西中学校

 生徒がさばいた魚にパン粉をつけている写真です。
(山口県漁協柳井支店青壮年部主催)

 

 

男の魚料理教室

男性が教わりながら刺身を作っている写真です
(柳井地区魚食普及推進協議会主催)