ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 市民生活課 > 国民年金(申請免除の判定例)

国民年金(申請免除の判定例)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月1日更新

所得基準について

申請免除

本人、配偶者、世帯主の前年所得が審査の対象となります。
全額免除  57万円 + 扶養親族の人数×35万円 
4分の1納付  78万円 + 扶養親族等控除額 + 社会保険料控除額等  
半額納付 118万円  + 扶養親族等控除額 + 社会保険料控除額等  
4分の3納付  158万円  + 扶養親族等控除額 + 社会保険料控除額等 
 
 
※世帯構成別の所得(収入)の例(単位:万円)

世帯構成

全額免除

一部納付

4分の1納付 半額納付 4分の3納付 
4人世帯
(夫婦、子供2人)

 162
(257)

 230
(354)

 282
(420)

 335
(486)

2人世帯
(夫婦のみ)

 92
(157)

 142
(229)

 195
(304)

 247
(376)

単身世帯 

 57
(122)

 93
(158)

 141
(227)

 189
(296)

※上記の例は、次の条件によるものです。
・(  )内の収入のめやすは、収入がすべて給与所得であった場合を仮定して計算しています。
・一部納付のめやすは、社会保険料について一定の金額を納付していると仮定して計算しています。
・「4人世帯」及び「2人世帯」は、夫または妻のどちらかのみに所得がある世帯の場合。
・「4人世帯」のお子さんは16歳未満の場合。