ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

母子健康手帳交付(妊娠届)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年1月8日更新

妊娠おめでとうございます

おなかの中に、小さな命が芽生えていると気がついたら、なるべく早く医療機関を受診しましょう。
あなたにとっても、おなかの赤ちゃんにとっても、とても大切な時期です。

出産予定日がわかったら、住民票のある保健センターで妊娠届を提出して「母子健康手帳」の交付を受けましょう。

交付時には保健師が面接し、妊娠中の体や心の変化・注意することなど、いろいろな話を一緒にします。
できるだけご本人がお越しください。
お父さん(夫)の同伴も大歓迎です。

母子健康手帳とは

妊娠初期から子どもさんが小学校入学までの間、母と子の一貫した健康記録をする手帳です。自分自身と生まれてくる子どもさんのためにきちんと記録し、保管しておきましょう。

母子健康手帳の交付を受けるには(妊娠届に必要なもの)

 次のものを持って、保健センターへお越しください。

 〇妊娠届(病院で用紙を受け取ってください。ない場合は、病院で発行された分娩予定日がわかるものを持ってお越しください。)

 〇個人番号カード または 個人番号通知カードと本人確認書類

 代理人がお越しになる場合には、上記の2つに加え、以下のものをお持ちください。

 〇委任状  委任状様式 [PDFファイル/51KB]

 〇代理人の本人確認書類

母子保健法の改正に伴い、平成28年1月1日から妊娠届に個人番号の記入が必要になりました。

母子健康手帳交付時にお渡しするもの

*柳井市では母子健康手帳以外に次のものを差し上げています。

母子健康手帳交付時にお渡しするもの

妊婦健康診査受診票プリント【赤ちゃんが生まれました】・封筒
予防接種予診票つづり乳児一般健康診査受診票子育てナビ
予防接種手帳教室案内各種パンフレット


Adobe Readerダウンロード<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)