ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

家庭児童相談室

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月26日更新

家庭相談室とは

(1)すべての子どもが心身ともに健やかに育つことを願い、家庭における子どもの養育や家庭の人間関係などさまざまな問題について相談に応じています。

(2)家族の方々に限らず、幼稚園、保育園、学校、民生委員の方など、どなたからの相談にも応じます。

(3)相談内容について秘密は厳守します。

(4)18才未満の子どものことであれば、どんなことでも相談に応じます。

相談内容

(1)心と身体の発達に関する相談(多動、神経質、自己中心的など)

(2)心身障害に関する相談(ことば、知能、精神発達など)

(3)学校生活の相談(集団生活への不適応、不登校、いじめなど)

(4)非行・不良行為のある子の相談(夜遊び、万引き、薬物乱用(シンナー、煙草など)

(5)児童虐待に関する相談(原因不明の傷、激しい泣き声や人見知りなど気になる家庭の子)

(6)その他 (DV…配偶者等暴力・暴言など)

相談方法

(1)電話相談   柳井市役所 社会福祉課(家庭児童相談室)

           電話 0820-22-2111(内線190) 

(2)来所相談   柳井市役所 1階 社会福祉課内(家庭児童相談室)

           受付時間 午前8時30分~午後5時15分(土日祝日及び年末年始は除く)

           家庭児童相談員が対応しますが、できるだけ事前に連絡してください。

(3)家庭訪問   必要に応じてお伺いします。

(4)関係機関と連携

相談によっては、児童相談所、教育委員会、学校、ことばの教室、警察、保健センター、人権擁護機関、主任児童委員などと連携して、さまざまな制度をご紹介することができます。