ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 社会福祉課 > 災害時における要援護者の支援制度

災害時における要援護者の支援制度

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年3月23日更新
 地震や風水害などの災害時に、避難支援を必要とする人(要援護者)からの申請に基づき、下記の要件に該当する人を登録し、個別の避難支援プランを作成する制度です。
 この登録情報を地域の支援者へ事前に伝えることで、地域における自助・共助を基本とした避難支援を受けることができます。
 また、携帯電話等の情報受信機器をお持ちの方は、市防災メールによる防災情報等の提供を受けることもできます。
対 象 者▼65歳以上の一人暮らし、または75歳以上のみの世帯の人
▼要介護認定を受けた人(寝たきり、認知症)
▼身体障がい(身体障害者手帳が2級程度以上)、知的障がい(療育手帳A)、精神障がい(精神障害者保健福祉手帳1級)のいずれかがある人
▼その他支援が必要と判断される人
   ※ ただし、施設入所者、長期入院者を除きます。
登録の注意点・地域支援者へ登録情報を提供することへの同意が必要です。
・民生委員児童委員が登録事項の確認のためお伺いすることがあります。
申込・問い合わせ 要援護者登録申請書に必要事項を記入し、協力いただける避難支援者(事前の同意が必要となります。)を確認のうえ、市社会福祉課へ申請してください。
 詳しくは、市社会福祉課またはお近くの民生委員児童委員へご相談ください。
申請書 ・ 要援護者登録申請書(様式第1号)(PDF)
 ・ 避難支援プラン・個別計画(様式第2号)(PDF)
 ・ 要援護者名簿等変更届出書(様式第3号)(PDF)

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)