ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 水道課 > 水道管の修理と工事

水道管の修理と工事

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年3月11日更新

 給水装置の管理者は、あなたです。

 

水道管の修理と工事(H26.2)

  給水装置とは、水道本管(配水管)から分かれて家庭などに引き込まれている分水栓から蛇口までの設備のことで、水道使用者等の財産です。そのため、水道使用者等が、工事費を負担して設置し、適切に維持管理するものです。
  給水装置の老朽化による布設替え、漏水の修理や維持管理の費用などは、水道使用者等の負担となります。ただし、公道に埋設されている給水管については、車の振動等により漏水することもあり、配水管からメーターの1次側までの漏水の修理は、水道課の費用で行います。(詳しくは、水道課までお問い合わせください。)
  漏水などの修理は、柳井市指定給水装置工事事業者又は、「広報やない」に掲載されている柳井市指定水道工事組合へ申し込んでください。

  簡単にできる漏水の見つけ方

漏水の確認方法

漏水の確認方法

 前回の検針に比べて急に水道の使用量が増えた時、地下や床下など見えないところで水が漏れていることがあります。そんな時は、次のようにして調べましょう。

(1)家中の蛇口を全部閉める。
(2)水道メーターのパイロットマークまたは1リットル指針を調べ、少しでも回っていればどこかで漏水しています。水をすぐに止めたい場合は、メーターの隣にある水止め栓を回して止め、指定給水装置工事事業者等へ連絡しましょう。