ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 政策企画課 > 広島広域都市圏協議会

広島広域都市圏協議会

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月3日更新

広島広域都市圏協議会

 広島広域都市圏協議会(会長:広島市長)は、広島市を中心として、広島県と山口県にまたがる広島広域都市圏内の11市13町で構成し、圏域の一体的発展を目指して、様々な連携と交流を図る取組を推進しています。 

構成市町地図

はっしーイラズト

「広島広域都市圏」マスコットキャラクター
ひろしま都市犬 ” はっしー ”

広域情報

広島広域都市圏ホームページ

  各市町の観光スポットや特産品をはじめ、移住・定住の支援策などを紹介しています。
   広島広域都市圏ホームページ(広島市)へ

ひろしま都市犬はっしーFacebook

  ひろしま都市犬はっしーが、圏域のホットな情報をフェイスブックで紹介しています。
   ひろしま都市犬はっしーFacebookへ 

広島広域都市圏イベント情報誌「りーぶら」

  圏域の季節ごとのイベント情報や圏域市町の紹介などを掲載しています。
   イベント情報誌「りーぶら」ホームページ(広島市)へ

 まち起こし協議会

  圏域の更なる発展のため、行政区域を越えた連携の下に地域資源を積極的に活用し、町の活性化と産業・経済の活力増進等を図ることを目的とし、平成24年2月に広島広域都市圏協議会の内部組織として、「神楽」と「食と酒」をテーマとする「まち起こし協議会」をそれぞれ設置しました。

 (1) “神楽”まち起こし協議会(会長:安芸高田市長)
    構成市町(5市2町)
    広島市、呉市、三原市、廿日市市、安芸高田市、安芸太田町、北広島町

  ・ 主な取組
    多くの人に神楽の魅力を発信するためのオープン型神楽公演を開催しています。
    また、神楽の継承における課題を解決するための取組を行っています。

 

 (2) “食と酒”まち起こし協議会(会長:広島市長)
    構成市町(11市13町)
    広島市、呉市、竹原市、三原市、大竹市、東広島市、廿日市市、安芸高田市、江田島市
    府中町、海田町、熊野町、坂町、安芸太田町、北広島町、大崎上島町、世羅町、岩国市
    柳井市、周防大島町、和木町、上関町、田布施町、平生町

  ・ 主な取組
    圏内の各種イベントに参加し、郷土自慢の食と酒の魅力を多くの人にPRしています。
    また、圏内の中小事業者を対象に、産品の販路拡大を支援するための取組を行っています。

 

広島広域都市圏における連携中枢都市圏の形成 

 平成28年3月30日、「連携中枢都市圏」を形成して、圏域全体の経済成長のけん引、高次の都市機能の集積・強化及び圏域全体の生活関連機能サービスの向上に関する取組を行うに当たっての基本的な方針や取組内容、役割分担を定める「連携協約」を広島市と広島広域都市圏の23市町との間で、それぞれ締結しました。

構成市町の首長全体写真

広島市長と柳井市長の写真

  また、「200万人広島都市圏構想」の実現を目指して、都市圏の中長期的な将来像を示すとともに、その実現に向けて取り組む具体的な施策を取りまとめた「広島広域都市圏発展ビジョン」が策定されました。
 広島広域都市圏発展ビジョン(28年度改訂版) [PDFファイル/3.27MB]PDFアイコン


Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)