ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

洋上投票・在外投票

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年6月1日更新

洋上投票

 一定の業務や航行区域を持ち、日本国外の区域を航海する船舶(指定船舶)に乗船する船員のためには、何通りかの不在者投票手続きがあります。このうち船舶からファクシミリによって投票するのが「洋上投票」です。洋上投票には、ファクシミリ投票用紙の交付を受けるなど、事前の手続きが必要です。また、洋上投票の対象は、衆議院議員総選挙および参議院議員通常選挙です。

在外投票

  仕事や留学などの事情で海外に住んでいる人が、外国にいながら国政選挙に投票できる制度を「在外選挙制度」といい、これによる投票を「在外投票」といいます。在外投票ができるのは日本国籍をもつ18歳以上の有権者で、在外選挙人名簿に登録され在外選挙人証を持っている人です。
 在外選挙人名簿への登録には、国外転出時に、選挙管理委員会に対し、在外選挙人名簿への登録の移転の申請を行うか、現在の住まいを管轄する在外公館(大使館・領事館)で登録の申請を行います。投票は、在外公館で行う「在外公館投票」、その現在する場所(自宅等)において行う「郵便投票」、選挙の際に一時帰国した人や、帰国後間もないため国内の選挙人名簿にまだ登録されていない人が行う「帰国投票」があります。在外投票の対象は衆議院議員および参議院議員の選挙です。