ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

市有地売却

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月13日更新

市有地売却随時募集申込要領

 随時募集は、一般競争入札で不調となった市有地売却物件について、あらかじめ売却価格を提示し購入希望者を募集し、先着順で購入者を決定する方法です。
 売却物件は、下記「売却物件一覧表」のとおりです。
 物件の購入を希望される方は、次の事項をご承知の上、お申し込みください。

1 売却物件一覧表  

平成28年9月販売価格を見直しました。

所 在

地目

地 積

公募価格

物件説明書

22-1

柳井市柳井字古御旅所1784番2

雑種地

240.64平方メートル

(新)281万円

(旧)313万円

説明書22-1

22-2

柳井市柳井字宮本開作中ノ割694番1

雑種地

85.53平方メートル

(新)152万円

(旧)157万円

説明書22-2

  物件説明書番号をクリックすると、「物件説明書」にリンクします。

2 申込者の資格

この度の売払いは、日本国内に居住する成人の方であればどなたでも申し込めます。
また個人、法人または2者以上の共有による共同購入も可能です。
ただし、次の事項に該当する方は申し込むことができません。

 1. 土地売買契約を締結する能力を有しない者及び破産者で復権を得ていない者
 2. 次のいずれかに該当すると認められる者で、その事実があった後2年を経過しない者及びその者を代理人、支配人、その他の使用人または申込代理人として使用する者
  ア 柳井市との契約履行に当たり、故意に工事もしくは製造を粗雑にし、または物件の品質もしくは数量に関して不正の行為をした者
  イ 柳井市の行う競争入札またはせり売りにおいて、その公正な執行を妨げた者または公正な価格の成立を害し、もしくは不正の利益を得るために連合した者
  ウ 柳井市の行う競争入札の落札者が契約を締結することまたは柳井市との契約者が契約を履行することを妨げた者
  エ 地方自治法第234条の2第1項(監督または検査)の規定による監督または検査の実施に当たり職員の職務の執行を妨げた者
  オ 正当な理由がなく柳井市との契約を履行しなかった者
  カ アからオまでのいずれかに該当する事実があった後2年を経過しない者を、契約の履行に当たり、代理人、支配人、その他の使用人として使用した者

 3. この物件を暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2項に規定する暴力団その他反社会的団体及びその構成員がその活動のために利用する等公序良俗に反する用途に供しようとする者

3 購入の申し込み

  1. 申し込み方法

 購入を希望される方は、申し込みが必要です。
市有地購入申込書(第1号様式)に次の書類を添えて、柳井市総務課財政課へ直接持ってくるしてお申し込みください。(郵送、電話、Fax等による申し込みはできません。)

○個人の方 住民票、印鑑登録証明書、暴力団排除に関する誓約書(第3号様式)

○法人の方 法人登記簿謄本(現在事項証明書又は履歴事項全部証明書)、印鑑登録証明書、暴力団排除に関する誓約書(第3号様式)、役員等名簿(第4号様式)
共同購入の場合は、代表者選任届(第2号様式)が必要です。
 代理人による申し込みの場合は、申込者の委任状(第5号様式)が必要です。
申し込みは、原則先着順で受け付けます。ただし、同一日に複数の方から申し込みがあった場合は、くじ引きにより決定します。


   申し込み必要書類一覧

市有地購入申込書(第1号様式)

代表者選任届(第2号様式)暴力団排除に関する誓約書(第3号様式)役員等名簿(第4号様式)委任状(第5号様式)住民票法人登記簿謄本

印鑑登録証明書※2

個人

※1

法人

※1

共同購入

※1

注)※1 委任状は、代理人による申し込みの場合に必要です。
  ※2 印鑑登録証明書は、3か月以内に発行のもの。
 2. 申し込み受付場所
 柳井市南町一丁目10番2号
 柳井市役所総務部財政課 本館4階
 受付時間:8時30分から17時15分まで
  ※閉庁日は受付を行いません。

4 契約及び代金の支払い

 1. 契約の締結

 購入予定者は、申込から原則14日以内に柳井市と売買契約(市有財産売買契約書)を締結していただきます。市の準備ができましたら、ご連絡します。
 なお、ご契約時には、契約保証金(契約金額の10%以上)をお預かりするほか、契約書に貼付する印紙をご負担いただくことになります。

 2. 契約代金の支払い

 契約代金は、契約締結後から30日以内にお支払いいただきます。この契約代金には既にお預かりしている契約保証金を充当し、契約代金と契約保証金の差額を期限までにお支払いしていただくことになります。
 契約代金は、柳井市の発行する納入通知書により、所定の金融機関でお支払いください。
 なお、上記期限までに支払われない場合には、契約は解除されることがあります。この場合契約保証金はお返しできませんのでご注意ください。

5 所有権の移転等

 1. 所有権の移転

 所有権は、売買代金が完納されたときに、柳井市から購入者へ移転します。
 物件は、現況のまま引き渡します。

 2. 所有権移転登記

 所有権の移転登記の手続は、柳井市で行い、登記完了後に「登記識別情報通知」をお渡しします。
 登記手続き自体の手数料は不要ですが、登録免許税法に基づく登録免許税は購入者のご負担となります。

6 その他

 1. 不正な申し込みがあった場合は、その申し込みを取り消すことがあります。
 2. 申し込みにあたって、必ず事前に物件の下見をして現状を確認してください。
 3. 現地を確認されるときは、周辺の迷惑にならないように注意してください。
 4. 足元が悪いところもありますので、注意してください。
 5. この要領に定めない事項については、地方自治法(昭和22年法律第67号)、同施行令(昭和22年政令第16号)、柳井市契約規則(平成17年柳井市規則第52号)、その他の法令規則等に定めるところにより処理します。

柳井市のトップページへお問い合わせプライバシーポリシートップページへ柳井市の紹介へ

Adobe Readerダウンロード<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)