ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

認知症サポーターになりませんか

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年2月20日更新

認知症サポーター養成講座を受けて『認知症サポーター』になりませんか

『認知症サポーター』とは

認知症について正しく理解し、認知症の人やその家族を温かく見守る応援者(サポーター)です。
家族や友人に講座で学んだ知識を伝える、認知症になった人や家族の気持ちを理解するよう努める、困っている人を見かけたら声をかけるなど、自分のできる範囲で活動します。

『認知症サポーター養成講座』について

認知症の人が安心して暮らせるまちづくりを目指して、認知症の人との具体的な接し方や認知症について正しく理解していただくための講座です。キャラバン・メイト(講師役)とともに『認知症サポーター』を増やすために『認知症サポーター養成講座』を実施しています。

講座の内容

■講師:キャラバン・メイト(県が主催する研修を受けた者)

■場所:柳井市内の会場に講師が出向きます

■日時:第1希望~第3希望を申請用紙にご記入ください(原則として平日昼間)

■講座の時間:90分間

■内容:認知症の症状、支援の方法、私たちが地域でできることなど

■費用:無料(ただし会場費用が必要な場合はご負担ください)

申し込みの条件

地域住民、学校、職場等、柳井市民を含むおおむね10人以上のグループ

申し込みの方法

申込書(下記)に必要事項を記入し、開催希望日の30日前までに高齢者支援課地域包括支援センター(内線157)へお申し込みください。


Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)