ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 税務課 > 個人市県民税の申告にはマイナンバー(個人番号)の記載が必要です

個人市県民税の申告にはマイナンバー(個人番号)の記載が必要です

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月27日更新

個人市県民税の申告にはマイナンバー(個人番号)の記載が必要です

 社会保障・税番号制度の導入により、平成29年度以降の個人市県民税の申告書にはマイナンバー(個人番号)を記載していただくこととなります。

 また、申告の際には記載されたマイナンバーの本人確認が必要となりますので、窓口で提出される場合は本人確認書類を提示、郵送などで提出される場合はマイナンバーカードなどの写しを添付していただくこととなります。

*マイナンバー(個人番号)とは、国民一人ひとりが持つ12桁の番号のことで、マイナンバーカード(裏面)、又は通知カードに記載してあります。

マイナンバー1

*申告書は、1月下旬に発送します。

本人確認書類(写)添付台紙 [PDFファイル/143KB]

税務関係書類を提出を提出する際のマイナンバー(個人番号)の本人確認について


Adobe Readerダウンロード<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)