ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス感染症対策特設ページ > 新型コロナワクチン追加接種(3回目)のお知らせ(1月7日更新)

新型コロナワクチン追加接種(3回目)のお知らせ(1月7日更新)

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年1月7日更新

新型コロナワクチン追加接種(3回目)について

新型コロナウイルスワクチンを2回接種した場合であっても、接種後の時間の経過とともにワクチンの有効性や免疫原性が低下することが諸外国において報告されています。
このことから、ワクチンの追加接種(3回目)の実施についての方針が国から示されました。本市としても、国の方針に基づき、希望される方へのワクチン接種が安全にできるよう進めていきます。

追加接種(3回目)の概要

接種が受けられる時期

令和3年12月1日~令和4年9月30日(予定)

対象者

以下のすべてを満たす人

▶2回目接種を完了した日から原則8か月以上経過した人

▶18歳以上の人

▶日本国内で初回接種(1回目・2回目接種)または初回接種に相当する接種(※1)が完了している人

(※1)初回接種に相当する接種が完了している人とは、日本で承認されている「ファイザー社製ワクチン」「武田/モデルナ社製ワクチン」「アストラゼネカ社製ワクチン」のいずれかを接種している次の人です。

1.海外で2回接種した人
2.海外在留邦人等向け新型コロナワクチン接種事業で2回接種した人
3.在日米軍従業員接種で2回接種した人
4.製薬メーカーの治験等で2回接種した人

接種ワクチン

1回目・2回目に接種したワクチンの種類に関わらず、メッセンジャーRNA(mRNA)ワクチン(ファイザー社製ワクチン、武田/モデルナ社製ワクチン)を使用します。

接種回数と接種費用

1回(公費負担のため無料)

*ただし、解熱鎮痛剤等が処方された場合は、実費となります。

保健所や市役所の職員になりすまし金銭を要求する不審な電話が発生しています。新型コロナワクチン接種の予約等で前金等の支払いが発生することはありません。そのような電話があった場合は電話を切って、警察に通報してください。

追加接種(3回目)に係るスケジュール

接種可能な時期が近づいた人へ順次接種券を発送します。
追加接種の接種券は、1回目・2回目の接種と異なり予診票と一体化したものを送付します。
2回目の接種日によって、同居するご家族やお知り合いと、接種券等の到着時期が異なります。

接種券等の発送時期および接種時期(予定) [PDFファイル/148KB]

*2回目の接種日から7か月以上経過した人で、追加接種に関する封筒が届かない場合は、柳井市新型コロナウイルスワクチン対策室(Tel0820-23-1190)にご連絡ください。

追加接種までの流れ

(1)追加接種に関する封筒が届きます。
 封筒に入っているもの:追加接種のお知らせ・接種券付き予診票と接種済証が1枚になったもの(ピンク色の用紙:切り離さないでください)
 

(2)接種する医療機関や接種会場を探します。 
 *医療機関で接種する「個別接種」と保健センターで接種する「集団接種」があります。
 ★追加接種(3回目)が受けられる場所について

(3)柳井市新型コロナワクチン接種相談予約センターに予約します。→令和4年1月11日(火曜日)8時30分~予約開始
 *予約開始直後は、電話はつながりにくい状況が予想されます。時間をおいてかけ直してください。 
 *接種券付き予診票に接種可能な時期を掲載していますので、接種可能日以降を予約してください。
 *予約時に接種券番号が必要です。ピンク色の接種券や接種済証の接種券番号をご確認ください。
 *2回目接種後に柳井市に転入した人、市外に住民登録がある人は、柳井市保健センターで手続きをした後でもWebによる予約はできません。電話での予約のみになります。

 *予約先:柳井市新型コロナワクチン接種相談予約センター 

  Web予約:1月11日(火曜日)8時30分~ 24時間受付
        URL   https://jump.mrso.jp/352128/<外部リンク>    

      https://jump.mrso.jp/352128/

   
  電話予約:1月11日(火曜日)8時30分~ 平日8時30分~17時
        Tel0820-24-5670
       *電話回線は20回線を用意していますが、予約開始直後はつながりにくい状況が予想されます。
          時間をおいてかけ直してください。 

(4)予約した場所で接種を受けます。
 *当日の持ってくる物:市から届いた追加接種に関する封筒の中身一式・本人確認書類(健康保険証・運転免許証等)・お薬手帳(内服中の人のみ)
 *マスク着用の上、肩を出しやすい服装にご協力いただきますようお願いいたします。
 *体調不良等で接種が受けられない場合は、新型コロナワクチン接種相談予約センターに連絡をしてください。

効果や安全性

追加接種において、初回接種(1・2回目)で使用したワクチンと異なるワクチンを使用すること(交互接種)の効果や安全性を評価した米国の研究によれば、交互接種を伴う追加接種の抗体価の上昇は良好であること、また、副反応に関しては、初回接種で報告されたものと同程度であり、交互接種と同種接種で差がなかったと報告されています。

厚生労働省ホームページ「追加(3回目)接種では、どのワクチンが使用されますか。初回(1・2回)接種とは異なるワクチンを使用(交互接種)しても大丈夫でしょうか」   https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0100.html<外部リンク>

副反応

新型コロナワクチンは、接種後に注射部位の痛み・腫れ、疲労感、頭痛、筋肉痛、寒気、関節痛、下痢及び発熱等が報告されています。また、稀に急性アレルギー反応であるアナフィラキシーが発生したことが報告されています。

新型コロナワクチン接種後は、15~30分程度、医療機関や接種会場に留まっていただき、万が一アナフィラキシーが起きた時にはその場ですぐに治療などを行います。

接種を受ける際の同意

新型コロナワクチンの接種は、国民の皆さまに受けていただくようお勧めしていますが、接種を受けることは強制ではありません。しっかり情報提供を行ったうえで、接種を受ける人が同意した場合に限り、接種が行われます。

予防接種を受ける人には、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意志で接種を受けていただいています。

受ける人の同意なく、接種が行われることはありません。職場や周りの人などに接種を強制したり、接種を受けていない人に差別的な扱いをすることのないようお願いいたします。

人権相談に関する窓口はこちら(法務省ホームページ)<外部リンク>

2回目接種後に柳井市に転入した人で追加接種を希望される人へ

2回目接種後に柳井市に転入した人は、柳井市で接種記録を確認できないため、3回目の接種券の発行ができません。
転入した人で3回目の接種を希望する場合は、郵送か窓口で申請をお願いします。

新型コロナワクチン接種後に柳井市へ転入して3回目の接種を希望される人へ

住所地外で接種を希望をする場合

新型コロナウイルスワクチン接種は、住民票所在地の市町村で接種することが原則です。ただし、長期入院、長期入所している等やむを得ない事情による場合は、住民票所在地以外でワクチン接種を受けることができます。初回接種(1・2回目)前に手続きをされた人も3回目の予約前にもう一度手続きが必要となります。

住所地外で接種を希望される人はこちら

 


Adobe Readerダウンロード<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)