ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 大畠公民館 > 月性&明治維新150年

月性&明治維新150年

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年2月21日更新

月性&明治維新150年

「やまぐちの歴史おでかけ講座」を開催しました!

 平成30年1月28日(日曜日)ふれあいタウン大畠にて14時から15時30分の90分間、大島商船高等専門学校准教授の田口由香先生による“「時習館」から始まる維新への道”と題した講演を開催しました。四境の役での大島口の戦いを中心に月性の門下生の活躍など、改めて「明治維新」に至った経緯を勉強するきっかけになりました。

講座講座

月性生誕200年記念行事

月性生誕200年式典&第7回講演会を開催しました!!

 平成29年11月5日(日曜日)、月性生誕200年記念行事が柳井市遠崎の妙円寺・サンビームやないで行われました。

 月性生誕地でもある柳井市遠崎の妙円寺では、9時から法要・法話が行われ、11時からは会場をサンビームやないに移して吟剣舞詩道等披露、午後からは記念式典、連続講演会の第7回講演が行われました。

 たくさんの方のご来場、大変ありがとうございました。ご来場された方々には、月性生誕200年を記念して記念誌をお配りいたしました。また、連続講演会全7回のうち4回以上の来場者の方には、粗品として2018年月性カレンダーとクリアファイル等をお配りいたしました。

上田上田月性月性

第6回講演を開催しました!

  第6回講演は台風18号により、平成29年10月14日(土曜日)に変更し開催しました。日程が変更になりましたが、多くの方にご来場いただき誠にありがとうございました。今回の講演から、月性さんを中心とする内容になります。月性さんの魅力の一つでもある漢詩に関する内容で、現在月性さん作の漢詩に一番詳しい京都女子大学教授の愛甲弘志先生による「漢詩のなかの月性-そのたぎる思い、そして寂寞」と題して講演いただきました。現存する四百首あまりの月性さんの漢詩の中から何首かを選んでご紹介しながら、漢詩創作の苦心や漢詩が持つ魅力などもあわせて漢詩人としての月性さん、またはその漢詩から読み取れる月性さんの「孝」と「忠」の思いを改めて知ることができました。

 

愛甲愛甲第6回

第5回講演を開催しました!

 平成29年8月27日(日曜日)アクティブやないにて第5回講演を開催しました。第5回目は愛知教育大学教授の前田勉先生による「「尊王」とは何か―国学の誕生から帝国憲法まで」と題した講演で、18世紀後半の本居宣長の国学を中心とした「尊王論」についてお話しいただきました。意見の異なる者であっても認め合い、受け入れるといった月性の思想も交えての内容で、「明治維新」へと導く月性の志を改めて考えさせられる講演でした。

前田先生第5回前田勉

第4回講演を開催しました!

 平成29年7月23日(日曜日)第4回講演会を開催しました。第4回目は京都橘大学准教授の後藤敦史先生による「洋上はるか彼方のニッポンへ-欧米列強は何を目ざし、どう動いたのか」と題した講演で、ペリー来航の本当の目的、なぜアメリカと条約を結んだのかなど、授業では教えてもらっていない詳細な事実を当時の世界情勢を背景に分かりやすく説明され、会場の皆さんも大絶賛されていました。また新たな幕末史を垣間見ることができました。大変暑い中、たくさんの方にご来場いただきありがとうございました。

後藤後藤後藤敦史

第3回講演を開催しました!

 平成29年6月18日(日曜日)第3回講演会を開催しました。第3回目の佛教大学教授の青山忠正先生による「「攘夷」とは何か―長州毛利家が意図したこと、実現したこと」と題した講演では、「攘夷」の意味を当時の人々の考え方に沿って考え直し、本来の「攘夷」の意義を改めて知ることができました。

 毎回講演で一般的には知られていなかった本当の意味での“明治維新”が発見できます!興味のある方はぜひご来場ください。

青山忠正青山忠正青山忠正

第2回講演を開催しました!

 平成29年5月27日(土曜日)第2回講演会を開催しました。第2回目は奈良勝司先生による「積極開国論か、攘夷論か-相異なる世界観のはざまで揺れ動いた幕末の徳川政権」と題した講演では、たくさんのご来場ありがとうございました。アンケートでは、長州藩側からみた「明治維新」だけでなく、もっと視野を広げ、違った角度からみることで、また新たな「明治維新」の発見ができたというたくさんのご意見をいただきました。

またこの連続講演会では全7回の講演のうち5回以上聴講された方に、粗品をプレゼントします!!

講演はまだまだ続きます。たくさんの方のご来場、お待ちしています。

奈良先生奈良先生奈良勝司

第1回講演を開催しました!

 平成29年4月23日(日曜日)第1回講演会を開催しました。

  第1回目は三谷博先生による「幕末維新の、ここが面白い―19世紀東アジアの歴史舞台で何が起こったのか」と題した講演が行われました。たくさんのご来場、誠にありがとうございました。

 当日は「柳井天神春まつり」等の催しと重なり、近くの臨時駐車場が満車になるなど、お車で来られた方に大変ご迷惑をおかけいたしました。

 当日行ったアンケートでは「明治維新」を東アジアから、また世界的視野から改めて考え直すきっかけになりましたという意見が多数寄せられました。

 連続講演会はまだまだ続きます。今年は月性生誕200年、来年は明治維新150年という節目の年です。「明治維新」「幕末」また「歴史」に興味のある方、知りたい方など、たくさんの方のご来場をお待ちしています。

 三谷博先生三谷博先生三谷博

  連続講演会は4月から11月までほぼ毎月行われます。

 第一線でご活躍の歴史家や気鋭の研究者をお招きしての必見講演シリーズです!どうぞご期待ください。

連続講演会(表)連続講演会(裏) 

第3回時習館市民講座@清狂草堂 開催しました!

   日時:平成29年3月26日(日曜日)14時30分から16時まで

   会場:柳井市遠崎729番地 妙円寺 (※駐車場は旧遠崎小学校)

   講師:小川國治 先生(山口大学名誉教授)

   演題:「江戸幕府輸出海産物と遠崎」

  時習館講座立志乃音

 同日、13時30分から清狂草堂披露も行われ、時習館講座を受講された方に月性生誕200年を記念して製作された「立志之音」(リッシ・ノート)を記念として配られました。講座とともに大変好評で、多くの人が聴講されました。

清狂草堂(時習館)の茅葺屋根葺き替え

 清狂草堂(時習館)の茅葺屋根修繕が完了いたしました。長期間、改修工事のため、来訪者の方々には大変ご迷惑をおかけしました。改修され、一新された“清狂草堂”をご覧いただき、周防からの維新の風を感じていただけたらと思います。

清狂草堂1清狂草堂2 

 平成29年3月26日(日曜日)、「清狂草堂改修披露」を行いました。式のあと、月性こども剣舞も披露され、たくさんの人で賑わいました。

清狂草堂披露子ども剣舞

第14回花香遊で「僧月性生誕200年記念パネル展示」を開催しました!

   平成29年3月19日(日曜日)柳井市観光協会主催の花香遊に出店しました。春が訪れたことが実感できる天候で、たく

さんの人で賑わいました。

   月性さんに関連するパネル展示、月性さんの紹介ビデオを映しました。また、佐川醤油蔵では月性さん紙芝居、月性

剣舞を披露させていただきました。たくさんのご来場ありがとうございました。

花香遊1花香遊2花香遊3