ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 総務課 > 改元に伴う元号表記の取扱いについて

改元に伴う元号表記の取扱いについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年5月1日更新

 市からの文書(納税通知書や国民健康保険の被保険者証などを含む)は、従来から元号を使用しています。

 改元に伴い、元号は「平成」から「令和」になりましたが、市の文書の中には、システム処理等の都合で、改元後の元号表記が「令和」となっていないものがあります。

 また、「令和」となっていても「令和1年(年度)」の表示となっているものがあります。

 「平成」の表示が残る場合や、「令和1年(年度)」の表示であっても、この表示は有効なものでありますが、「平成31年(年度)」や「令和1年(年度)」は、「令和元年(年度)」と読替えていただきますようお願いします。