ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広報やない > 広報やない令和2年2月13日号テキスト版03

広報やない令和2年2月13日号テキスト版03

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年2月13日更新

広報やない令和2年2月13日号(P14~20)

健康 & すくすく

 

3月1日日曜日~8日日曜日は女性の健康週間
女性が健康で明るく、充実した日々を過ごすために
●問い合わせ
 市保健センター 電話23-1190

■子宮がん・乳がんの予防と早期発見
 がんの多くは高齢になるほど発症するリスクが高くなりますが、子宮がん(とくに子宮頸がん)や乳がんは、比較的若い世代で発症する人が多いがんです。これらのがんには初期症状がほとんどなく、早期発見・早期治療するためには検診が有効です。2年に1回は検診を受けましょう。
■これからでも受けられる市の子宮がん・乳がん検診
 職場や人間ドックなどでがん検診を受ける機会のない人は、市のがん検診を受けましょう。
●指定医療機関での個別検診の受け方
 (1)指定医療機関に市のがん検診を受けたい旨を伝え、予約します。
 (2)予約日に健康手帳と検診料金と保険証を持って受診します。
【市の個別子宮がん・乳がん検診】3月31日火曜日まで/周東総合病院は3月17日火曜日まで
    検診の種類              対象者(柳井市民)           指定医療機関(要予約)               受診者負担額
                                                                                      69歳以下      70歳以上
子宮がん検診(細胞診)        20歳以上の女性           周東総合病院(健康管理センター) 
                      (平成12年3月31日以前生まれ)    電話22-3456(代)                  (頸部のみ)   (頸部のみ)
                       ※頸体部の検診は半年以内に    優クリニック                     1,400円       500円
                       自覚症状のあった場合に限る)   電話22-0317                      (頸体部)      (頸体部)
                                                     光市立大和総合病院(健診科)       2,000円       500円
                                                     電話48-2112
乳がん検診(マンモグラフィ)  40歳以上の女性           周東総合病院(健康管理センター)   1,500円       500円
                      (昭和55年3月31日以前生まれ)    電話22-3456(代)
                                                     平生クリニック
                                                     電話56-2000
                                                     光市立大和総合病院(健診科)
                                                     電話48-2112
※どちらも2年度に1回の検診です。平成30年4月以降に検診を受けた人は受診できません。

 

3月は自殺対策強化月間です
自殺を防ぐためにあなたにもできることを学びましょう
警察庁の統計によると、全国の自殺者数は平成10年から平成23年まで毎年3万人を超えていましたが、平成22年から減少が続き、平成30年には20,840人になりました。
 しかし、同年の交通事故による死亡者数3,532人の約5.9倍であり、特に近年の19歳以下の自殺者数の増加など、社会にとっても深刻な状況は現在も続いています。
 自殺の多くは「自殺以外には苦しみから逃れる方法がない」と追い詰められ、精神的に孤立した状況の中で起こっています。ひとりで悩んでいる人が自殺に至らないようにするために、周囲の人にできることがあります。
 市保健センターでは、悩んでいる人が心の病気や自殺に至るのを防ぐために、こころのサインや周囲の対応の仕方、心の健康づくりを学ぶ講座を行っています。
■講座(無料・要申込)
 『こころのサインに気づきましょう』
 ~大切な人の悩みに気づき、支えるために~
○日時 3月9日月曜日13時30分~15時
○場所 市保健センター
○内容 大切な人の悩みに気づき、心を支え合うことの大切さ、悩んだときは周囲に助けを求めてよいこと、日頃からのコミュニケーションが大切であることなど
○講師 市保健師
○申込期限 3月4日水曜日

■出前講座(無料・要申込)
 大切な人の心を守り、支えるために、出前講座を積極的に利用しましょう。
○場所
▼グループが集まる場所に保健師が出向きます。
▼保健センターで開催することもできます。
○内容 悩んでいる人のこころのサイン、周囲の人にできること、心の健康づくりなど(45分~1時間程度)
○対象 市内在住、在勤の6人以上のグループ
○申込 事前相談で開催日時を決め、申込書を提出。

●申込・問い合わせ 市保健センター 電話23-1190

 

園芸療法&にこにこ健康づくり(要申込)
スロージョギング講習や見頃を迎えた花の紹介などを受けながらフラワーランドを散策します。(雨天時は屋内実施)
○日時
 2月29日土曜日13時30分~15時
 3月18日水曜日10時30分~12時
○場所 やまぐちフラワーランド
○講師 三島孝雄さん(運動トレーナー)丸山恵利加さん(園芸療法士)
○対象 医師から運動の制限を受けていない人
○定員 各回15人
○参加料 無料(ただし、別途入園料が必要)
●申込・問い合わせ
 やまぐちフラワーランド 電話24-1187

 

離乳食セミナー(要申込・託児有)
○日時 4月14日火曜日13時30分~15時30分
○場所 市保健センター
○内容 離乳食の進め方についての講話と試食、赤ちゃんとの遊び方
○対象 市内在住で3~6カ月の赤ちゃんの保護者
○定員 15人(先着順)
○参加料 試食材料代300円程度
○持参物 母子健康手帳
○申込期限 4月7日火曜日
●申込・問い合わせ
 市保健センター 電話23-1190

 

スロージョギングR倶楽部(無料・当日現地申込)
市内で多くの人が取り組んでいるスロージョギングRをトレーナー指導のもと無料で基礎から学べます。
○日時 3月16日月曜日,23日月曜日/10時~10時45分※雨天中止
○場所 アクアヒルやない
○講師 三島孝雄さん
○対象 医師に運動の制限を受けていない人
●申込・問い合わせ
 アクアヒルやない電話24-0025

 

柳井医師会
第19回市民公開講座(無料・申込不要)
○日時 3月14日土曜日14時~16時
○場所 アクティブやない
○内容
■テーマ「介護のための感覚器(視覚・聴覚)の知識(仮題)」
▼第一部/基調講演
○講師 周東総合病院 山本和隆眼科部長、松田医院耳鼻咽喉科 松田嘉子院長
▼第二部/シンポジウム
●問い合わせ
 柳井医師会 電話22-2696

 

心配ごと相談(無料・市民対象)
○日時 3月3日火曜日9時30分~12時
○場所 市総合福祉センター2階会議室
○内容 家族、健康、福祉、医療などの悩みごと相談
●問い合わせ
 市社会福祉協議会 電話22-3800

 

3月の健康相談(予約不要)
■健康相談の日
○日時 毎週月曜日・水曜日・金曜日 ※20金曜日を除く/9時~11時30分
■こころの相談会
○日時 3月4日水曜日13時30分~15時
■乳幼児健康相談・栄養相談
○日時 3月11日水曜日9時30分~11時
○場所 いずれも市保健センター
■一般健康相談
○日時・場所  3月18日水曜日
▼10時30分~11時/平郡東地区老人憩いの家
▼13時~13時30分/平郡西出張診療所
●問い合わせ
 市保健センター 電話23-1190

 

まちの出来事

 

12月26日 地域の農業振興などに貢献
市生活改善実行グループ連絡協議会会長の松村敏子さん(写真左)が20年以上にわたる農家生活の改善、農村の知恵・技・文化の継承活動、農家女性の社会参画の促進などの取り組みを評価され、山口県選奨・産業功労を受賞し、市長に報告しました。松村さんは「今回の賞は私一人ではなく仲間と一緒に受賞したもの。一番大切なものは仲間であり、これからも自分たちなりにできることを仲間と一緒にやっていきたい」と語りました。

1月11日-12日 東京ドームで柳井をPR
1月10日金曜日から19日日曜日までの間、東京ドーム(東京都文京区)で開催された「ふるさと祭り東京2020」において、約150個の金魚ちょうちんが装飾されました。期間中は約44万人が会場を訪れ、11日土曜日・12日日曜日に実施した製作体験では100人を超える人が金魚ちょうちん作りを楽しみました。

1月12日 令和2年 柳井市消防出初式
消防出初式が開催され、消防団の各分団や幼年消防隊などによる徒歩隊約400人と車両13台が参加し、市中を行進しました。また、サンビームやないで開催された式典では、消防団員らの表彰や藤川祐治消防団長による訓示、消防団歌斉唱などが行われました。

1月13日 日積地区・柳北地区でどんど焼き
ふれあいどころ437で「風ん子どんど」が、柳北小学校で「どんどやき・第18回おしくらまんじゅう大会」が開催されました。風ん子どんどでは、正月飾りなどを持ち寄った高さ約3m、径約2mの大松明に子どもたちが点火し、一年の無病息災、五穀豊穣を願いました。また、柳北小学校ではどんど焼きの後におしくらまんじゅう大会が開かれ、小学生や地域住民など25団体・約200人が参加し、熱戦を繰り広げました。

1月24日 民生委員活動で厚生労働大臣表彰
民生委員活動団体として63年以上活動を続ける伊保庄地区民生委員児童委員協議会(村瀬久美子会長・写真左から2番目)が、民生委員優良活動団体として厚生労働大臣表彰を受賞し、市長に報告しました。村瀬会長は「栄えある受賞で心から感謝している。先輩方の苦労をかみしめながら、今後も皆さんと協力して地域の福祉や安心・安全に貢献したい」と話しました。

1月28日 昔の遊びで地域交流
柳井小学校で、昔から伝わる遊びを楽しむ体験授業が行われ、同校1年生の児童92人や保護者、学校応援団「なぎの会」メンバーらが参加しました。児童は6つのグループに分かれ、各教室に設置された遊びコーナーを巡り、地域の人たちから手ほどきを受けながらあやとり(写真左上)、けん玉(写真右上)、竹とんぼ(写真下)など様々な遊びを楽しんでいました。

1月31日 志を立て、共に学び高め合う-柳井西中学校・立志の会-
昔の元服にあたる15歳の節目に志を立てる「立志の会」が、柳井西中学校で行われました。同会は2年生自身が企画・運営し、自分の将来に夢や希望を抱き、志を立て、目的意識をもった生き方を考えることを目的に開催されるもので、出席した44人は保護者や地域の皆さんを前に、立志に向けての決意と書を発表しました。発表後は同校第7回卒業生で気象予報士の山本昇治さんを講師に迎え、「なるほど!お天気よもやま話」と題して山本さんの中学校時代の思い出や気象予報士になるまでの足跡、気象予報士の仕事内容などについての講演がありました。

 

郷土史コラム(臨時掲載)
千手観音菩薩坐像を市有形文化財に指定
当地の中世仏教文化を研究するに役立つ優品

市教育委員会社会教育指導員 松島 幸夫

白潟東にある心光寺の観音堂には、千手観音菩薩坐像が秘仏として安置されていました。調査をしてみると、室町時代(15世紀)に院派の仏師によって製作された仏像と判明しました。院派とは、院吉と院広が創り出した仏師集団で、南北朝時代に将軍足利家や臨済宗五山からの注文に応じて仏像の製作をしました。本像は、院吉や院広の造像と比較すると、衣文がやや形式化し、面相や筋肉の表現に写実性よりも穏やかな趣を優先させています。本像を含めて山口県下には院派の像が少なからず残っていますが、いずれも大内氏の影響下での製作と考えられます。
 本像は、柳井市や周辺の中世仏教文化の様相を考察するうえで重要であり、美術史的に見ても価値があると認められます。また、秘仏であったことから保存状態が良好である点も評価できます。あわせて「観音縁起」などの関連古文書も残存しており、当地の歴史について記されていました。坐像本体だけでなく関連資料も併せて有形文化財に指定しました。
 なお、心光寺のように小形の千手観音像は42本の手に造形されています。合掌している2手以外の40本の手がそれぞれに25人ずつ救済するので、合計して1,000人を救済すると考えられています。
●問い合わせ
 文化財室 電話22-2111内線332

○郷土史講演会(無料)
■日時 3月14日土曜日 10時~
■会場 市文化福祉会館2階大会議室
■演題 貴重な文化財であることが判明した心光寺の千手観音菩薩坐像

○千手観音菩薩坐像の開帳
■日時 3月20日祝日10時~15時
■会場 心光寺(白潟東)

 

休日夜間応急診療所 電話22-9001
受付は診療終了時間の30分前まで/土曜日休診
■休日昼間:9時~12時,13時~17時
■平日夜間:19時~22時

 

救急医療電話相談
こども(15歳未満)の相談 19時~翌朝8時
電話#8000(つながらないとき/電話083-921-2755)
おとな(15歳以上)の相談 24時間365日対応
電話#7119(つながらないとき/電話083-921-7119)
※緊急・重症の場合は迷わず119番に通報してください。

 

水道修理連絡先 電話090-9505-1140
市指定水道工事協同組合加盟業者
有限会社笹木設備、トオル電気株式会社、日昭住設株式会社、ベルダ株式会社、株式会社一山電業

 

3月のけんけつ (400ml限定)
8日日曜日  9時30分~12時      ゆめタウン柳井
          13時15分~15時30分       〃
19日木曜日 9時45分~11時45分  中国電力株式会社柳井発電所
          13時30分~14時30分  坂本病院
          15時30分~16時30分  山口県農業協同組合柳井支所
●問い合わせ 市保健センター 電話23-1190

 

市の人口 1/31現在
31,581人(前月比54人減)
男性14,759人
女性16,822人
15,634世帯

増 転入 70 人
 出生 18 人
 その他 0 人
減 転出 70 人
 死亡 72 人
 その他 0 人

※令和元年12月31日現在の人口
 (1/9号には発行時期の都合により未掲載)
 31,635人(前月比25人減)
  男14,775人、女16,860人、15,664世帯
  増/転入66人、出生12人、その他0人
  減/転出56人、死亡47人、その他0人

 

人権標語
仲良しは  やさしい気持ちの  バトンパス
ちがっても  どっちも良いよね  きみとぼく

 

しらかべ ポリスニュース
柳井警察署 電話23-0110

うそ電話詐欺被害から家族の財産を守ろう
県内では、高齢者だけでなく中高年世代や若い世代の方にもうそ電話詐欺の被害が発生しています。
 犯人からの電話に出たり、送られてきたはがきやメールの連絡先に電話をすることで、被害に遭ってしまいます。
 家族みんなで声をかけあい、注意し合って、大切な財産を守りましょう!
■被害に遭わないためのポイント
○電話で現金やキャッシュカードを要求されたら詐欺!
○在宅中も留守番電話機能を活用!
○「未納料金の請求」や「訴訟最終告知」などと書かれたはがき・封書が届いたら、一人で判断せず、家族や警察へ相談!
■詐欺文書の例
▲未納料金の請求はがき
▲訴訟最終告知文書と封筒

 

新刊情報  図書館だより
柳井図書館 電話22-0628
大畠図書館 電話45-2226
■休館日:毎週月曜日
 柳井図書館/祝日の翌日、2/29土曜日
 大畠図書館/祝日
新刊図書の一部をご紹介します。
■一般書(柳井図書館)
着物憑き 加門 七海
聡乃学習 小林 聡美
気がつけば、終着駅 佐藤 愛子
キッドの運命 中島 京子
きまぐれエトセトラ 星  新一
うつくしが丘の不幸の家 町田そのこ
ぷくぷく 森沢 明夫
リボンの男 山崎ナオコーラ
後家殺し 山本 一力
日本語をつかまえろ! 飯間 浩明
サクランボの丸かじり 東海林さだお
リュウジ式悪魔のレシピ リ ュ ウ ジ
■一般書(大畠図書館)
さんかく 千早  茜
はんぶんのユウジと 壇   蜜
自閉症の僕の七転び八起き 東田 直樹
ひとりで生きていく ヒロシ
枝元なほみの今夜はおでん 枝元なほみ
■児童書(柳井図書館)
大岡越前 北村 裕花
春・夏・秋・冬 村上  勉
こどものうた 村上  勉
食虫植物のわな 木谷 美咲
地獄の楽しみ方 京極 夏彦

 

表紙写真の説明
「世界と戦うPGに」
柳井中学校卒業生で福岡第一高校バスケットボール部主将としてインターハイとウィンターカップで優勝を飾った河村勇輝選手(3年)が帰郷し、市長と教育長に高校3年間の成果を報告した際の写真です。小学生時代にもミニバスで全国制覇を経験した河村選手は高校1年次からレギュラーに抜擢、2年次にはウィンターカップで優勝し、U-18日本代表にも選出、3年次には前述の2大会優勝のほか、ウィンターカップで2年連続でベスト5に選出されるなど、輝かしい成績を残しました。今後の目標を聞かれた河村選手は「NBAも大きな夢ではあるが、まずは日本代表のポイントガードとして世界と戦える選手になりたい。その先に目標が広がってくると思う」と力強く答えました。現在河村選手は三遠ネオフェニックスに特別指定選手として加入し、デビュー戦で得点するなど、すでに中心選手として目覚ましい活躍をしています。

 

季節のたより

 

12月26日 柳井縞2020人機織りプロジェクトがスタート
柳井商工高校、周防大島高校、厚狭高校の3校が連携し、「柳井縞2020人機織りプロジェクト」がスタートしました。3校はこのプロジェクトに向け、東京2020のエンブレムの白色と藍色を基調とし、モールス信号で「TOKYO2020」とメッセージを組み込んだ「2020縞」を考案。今後、市内イベントや小学校などに出向いて機織り体験を行い、7月のオリンピック開幕までに2020人の参加を目指しています。(写真上段はプロジェクトをスタートさせる3校の生徒ら、下段左は機織りの様子、下段右は機織り機にかけられた「2020縞」の糸)

 

1月5日 令和2年 柳井市成人祝賀式(6ページに関連記事)
令和2年柳井市成人祝賀式でスタッフを務めた11人の皆さんです。成人式の企画、運営のために、昨年9月から準備を重ね、当日は受付や式典・懇親会の司会進行、挨拶など、裏方として式を支えました。
●成人式スタッフを務めた皆さん(順不同)
豊島佑樹さん、平山絢乃さん、池永将太さん、藤本さくらさん、藤山あゆみさん、藤川光浩さん、感王寺瑞貴さん、芳崎千尋さん、三戸遥さん、堀本大希さん、吉岡翔さん

 

やまぐちフラワーランド 電話24-1187
カレンジュラ“ブロンズビューティー"
一年草 キク科
和名は「キンセンカ」、仏花としてもなじみのある花です。鮮やかな黄色やオレンジ色のイメージの強い花ですが、ブロンズビューティーは花弁の裏がブロンズ色をしています。フラワーランドでは、フラワーガーデンに約770本のカレンジュラを植栽しています。

「音訳しらかべの会」の皆さんによる「声の広報(音訳版広報)」を市ホームページに掲載しています。