ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広報やない > 広報やない令和3年6月10日号テキスト版02

広報やない令和3年6月10日号テキスト版02

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年6月10日更新

広報やない令和3年6月10日号(P8~14)

市政だより

 

掲載された行事等は新型コロナウイルス感染症の状況により日程・内容などが変更される可能性があります。事前に主催者等によく確認しましょう。またマスクの着用や検温など感染症対策へのご協力をお願いします。


7月から国民年金保険料の免除申請を受け付けます

国民年金保険料の納付が困難な人は、申請をして承認を受ければ、7月から翌年6月までの保険料が免除・猶予されます。
区分/保険料月額
令和3年度/16,610円
免除・猶予
1/4免除/12,460円
半額免除/8,310円
3/4免除/4,150円
全額免除・納付猶予/納付なし
▼保険料の免除や猶予を受けずに未納の状態で障害や死亡など不慮の事態が発生すると、障害基礎年金・遺族基礎年金が受けられない場合があります。
▼令和2年度に全額免除または納付猶予が承認された人は申請不要です。後日届く結果通知を確認してください。ただし、失業や新型コロナウイルス感染症による減収を理由に承認された人は、新たに申請が必要です。
▼申請時点から2年1カ月前の月まで遡って申請できます。未納期間がある人は相談してください。
▼学生の人は「学生納付特例制度」を、出産の際は「産前産後期間の免除制度」を利用してください。
▼郵送でも受け付け可能です。
〇手続きに必要なもの
▼年金手帳または納付書
▼マイナンバーカードまたは本人確認書類
▼失業による特例申請の場合は離職票または雇用保険受給資格者証の写しなど
▼新型コロナウイルス感染症による臨時特例申請の場合は所得見込額のメモ
●問い合わせ 市民生活課
電話22-2111内線168,169


7月は再犯防止啓発月間・社会を明るくする運動強調月間

犯罪や非行のない安心・安全な社会を築くには家庭や地域づくりとともに、立ち直ろうと決意した人を社会で受け入れていくことが大切です。
▼犯罪や非行をした人たちの立ち直りを支えましょう。
▼犯罪や非行に陥らないよう地域社会で支えましょう。
▼就労や住居等の生活基盤づくりに協力をお願いします。
●問い合わせ
市社会福祉課 電話22-2111内線183


福祉医療費受給者証(重度心身障害者用)の交付申請

重度心身障害者を対象に保険適用となる医療費の自己負担額を助成する制度です。

〇対象 (1)または(2)に該当する人(本人の所得要件有り)
(1)身体障害者手帳1~3級・療育手帳A・精神障害者保健福祉手帳1級のいずれかの交付を受けている人
(2)国民年金法施行令別表1級程度の障害を有する人
〇必要書類等 医療保険の被保険者証、障害程度を証明する書類(手帳等)、本人確認書類
※1月2日以降に転入した人は1月1日現在の住所地で発行する令和3年度所得課税証明書またはマイナンバーカードも必要。
〇申請手続 現在受給者証が交付されていて更新手続きが必要な人には申請書を送付します。
▼過去に所得制限となった人は、申請により令和2年中の所得で再審査をします。
▼対象要件が継続していると判断される一部の人は申請を省略し、6月下旬に受給者証を郵送します。
〇申請期限 6月30日水曜日
※期限後は随時受け付け、申請月の初日から助成します。
●申込・問い合わせ 市社会福祉課
電話22-2111内線183


交通遺児等見舞金の支給

交通災害等により父母等を失った遺児のため、遺児を養育する人に交通遺児等見舞金を支給しています。
〇対象 市内に居住し、父母等が交通災害等により死亡または障がい者となった就学前、義務教育学校および高等学校に在学中の遺児を養育している人
〇内容 令和3年12月1日現在において該当する遺児一人につき年額1万円を12月末日までに支給
該当する場合は申し出てください。
●申込・問い合わせ
市社会福祉課(家庭児童相談室) 電話22-2111内線194


6月23日水曜日~29日火曜日は男女共同参画週間

〇キャッチフレーズ
「女だから、男だから、ではなく、私だから、の時代へ。」
●問い合わせ 政策企画課
電話22-2111内線470


野生鳥獣から農作物を守ろう

■侵入防止柵の設置補助
野生鳥獣から農作物被害を防止するため、侵入防止柵の設置を補助します。
〇対象 電気柵、トタン壁、ワイヤーメッシュ(パネル状・ロール状)
〇補助率
▼受益戸数1戸で侵入防止柵を設置する場合/原材料費の1/3以内(補助限度額10万円)
▼隣接する受益戸数2戸以上が共同で侵入防止柵を設置する場合/原材料費の1/2以内(補助限度額20万円)
●申込・問い合わせ 購入前に連絡してください。
農林水産課 電話22-2111内線355


ネコの正しい飼い方 お宅のネコはご近所に迷惑をかけていませんか?

ネコの迷惑行為による苦情が数多く寄せられます。これらは飼い主がネコの習性を理解し、周囲への気配りと責任を持ち飼育することで解決できます。皆が気持ちよく生活できるように飼いましょう。
■習性を理解しましょう
 ネコの習性は…夜行性/縄張りを持ち単独生活を好む/爪とぎをする/メスは年2~4回発情/1回の出産で3~8匹生まれる
■飼い方を見直しましょう
▼屋外にエサを置くと野良ネコが集まってきます。屋内でエサを与えましょう。
▼排便のしつけをしましょう。
▼首輪やリボンなどをつけておきましょう。
▼管理できる頭数で飼いましょう。
■不妊、去勢手術を考えましょう
 繁殖を望まない場合は不妊、去勢手術を考えましょう。
■屋内飼育に努めましょう
 ネコは広い生活空間を必要としません。外では交通事故や病気への感染、害虫の寄生などの危険も増すため、屋内で飼いましょう。
■ネコを捨ててはいけません
 愛護動物を遺棄すると動物愛護法により罰せられます。やむを得ず飼うことが出来なくなった場合は市に相談してください。
■野良ネコにエサを与える人へ
 野良ネコにエサを与えると他所からも集まり子を産むため、手に負えなくなります。ところかまわず糞尿をするなど周囲に様々な被害を与えます。飼う自覚のない無責任な餌付けはやめましょう。
※野生動物(タヌキ・ハトなど)への餌付けも生態系のバランスを崩し、害獣化の要因になるのでやめましょう。
●問い合わせ
市民生活課 電話22-2111内線166


飼犬の登録と狂犬病予防注射を忘れずに

▼飼犬の登録、狂犬病予防注射接種、犬の鑑札と注射済票の飼犬への装着は飼い主の義務です。飼犬の登録をしていない人は登録手続きをしてください。
▼狂犬病予防注射を動物病院で接種し「狂犬病予防注射済証」の発行を受けてください。これを市民生活課に持参し、狂犬病予防注射済票の交付(550円/頭)を受けてください。
※病気・体調不良などが原因で予防注射を受けられない犬は、動物病院を受診し「狂犬病予防注射実施猶予証明書」の発行を受け、市民生活課へ提示してください。
●問い合わせ
市民生活課 電話22-2111内線166


6月は環境月間・住環境衛生推進月間です

〇環境保全活動に取り組みましょう
6月5日土曜日は環境の日です。「ぶちエコやまぐち~CO₂削減県民運動~」に取り組みましょう。
▼ライトダウン/可能な範囲で照明を消灯しましよう。
▼クールビズ/ノーネクタイ、ノー上着など服装を工夫しましょう。
▼エコドライブ/やさしいアクセル操作でゆっくり発進しましょう。タイヤの空気圧は定期的に点検しましょう。
▼緑のカーテン/つる性植物で窓を覆うと室内を約3℃下げる効果があります。
▼ノーマイカー運動/6月はノーマイカー強化月間です。
〇ねずみ・衛生害虫の防除を!
▼ゴキブリなどの衛生害虫は気温の上昇とともに活動が活発になります。生活環境への侵入を防ぎ駆除に努めましょう。
▼掃除や食品、残飯などをしっかり管理しましょう。
▼薬剤を使うときは使用上の注意を守り安全に注意しましょう。
〇空き地の適正管理を!
▼草刈りなどにより土地の環境美化に努めましょう。
〇換気にご注意を!
▼気温が高い時期、特に新築・改築・改装後の建物では換気に努めましょう。
▼化学物質を放散する建材・内装材で室内の空気が汚染され、体調不良を訴える事例が起きています。夏期は十分換気するよう心がけましょう。離れた2カ所の窓を開けると効果的です。
●問い合わせ
市民生活課 電話22-2111内線165


やまぐち森林づくり県民税を活用した森林の整備

森林所有者で荒廃したスギ、ヒノキの人工林、繁茂した放置竹林等でお困りの人は相談してください。
■森林機能回復事業(間伐)
〇対象 長期間放置され荒廃している36年生以上のスギ・ヒノキの人工林
※事業実施後20年の協定期間および皆伐禁止等の制約あり。
■繁茂竹林整備事業(伐採)
〇対象 周辺の人工林の成長や生活面で支障をきたす繁茂拡大した竹林
※事業実施後、9年間の転用禁止等の制約あり。
●問い合わせ
岩国農林水産事務所 電話0827-29-1565


ボランティア専用ごみ袋でつくる「ごみ飛散のないきれいなまち・柳井」

公共の場において環境美化のボランティア活動をする個人または団体に対し、ボランティア専用ごみ袋を交付しています。
▼『燃やせるごみ』用と『燃やせないごみ』用の袋あり。
▼『燃やせないごみ』は「ビン・ガラス類」と「カン・金属類」に分別。
▼事前に登録申請が必要。
▼袋に登録番号を記載して交付。
●問い合わせ
市民生活課 電話22-2111内線165


老朽危険空き家除却費用補助

〇対象空き家 次の条件を全て満たす木造住宅で、不良度判定が基準を満たし、かつ周辺への危険があるもの
▼常時無人の状態の戸建て住宅
▼2分の1以上が居住用
▼個人が所有する住宅 
▼所有権以外の権利が設定されていない住宅
▼法的措置を命じられている特定空家等でないこと
※申込後、事前に現地調査を実施し、住宅の不良度や周辺への危険度を判定します。
〇補助対象者 次の全てに該当する人(法人を除く)
▼老朽危険空き家の所有者または老朽危険空き家がある敷地の所有者(相続人・代理人を含む)
▼柳井市の市税の滞納がない人
▼世帯全員の市町村民税所得割額の合計額が304,200円未満の人
〇募集期限 8月31日火曜日
〇募集件数 7件(申込多数の際は現地調査の判定により決定)
〇補助対象経費 市内に本店がある解体業者へ依頼し支払った老朽危険空き家の除却工事費用(住宅の一部を除却する工事、他の制度による補助金等の交付対象となる工事費用は補助対象経費に含まない)
〇補助額 補助対象経費の額の1/3(上限額30万円)
〇注意事項
▼補助金の交付決定前に工事に着手した場合(契約を含む)は補助対象外となります。
▼令和4年1月31日月曜日までに事業を完了できない場合は補助を受けられません。
●申込・問い合わせ
都市計画・建築課 電話22-2111内線236,237


木造住宅の無料耐震診断・耐震改修補助

〇対象 木造住宅の耐震診断を無料で行い、耐震改修を実施する場合は補助します。
所有する昭和56年5月31日以前に着工した木造住宅に現住し、市税の滞納がない人(賃貸住宅は対象外)
〇募集件数
▼木造住宅耐震診断 6戸
▼木造住宅耐震改修 1戸
※申込多数の際は10月上旬に抽選
〇補助限度額
 100万円(4/5補助)
〇申込期限 9月17日金曜日
●申込・問い合わせ
都市計画・建築課 電話22-2111内線236,237


寝具洗濯乾燥消毒の回収サービス

市の委託業者が寝具を訪問回収し洗濯・乾燥・消毒したのち即日宅配します。
〇対象 在宅生活をする市民で、次のいずれかに該当する人
■高齢者
(1)80歳以上の高齢者のみの世帯の人
(2)75歳以上の高齢者のみの世帯で、要介護状態・指定の難病等で寝たきりの状態にある人(同居者による寝具の衛生管理が可能な場合や、同一敷地内や隣接地に別世帯の75歳未満の家族が居住している場合は対象外)
■重度障がい者 障がい者のみの世帯または同居者による寝具の衛生管理が困難な世帯の重度身体障がい者(一定の要件に該当する人、常時寝たきり状態にある障がい者)
〇日時 7月5日月曜日~8月6日金曜日 /土曜日日曜日祝日を除く
〇料金 敷・掛布団:160円/枚、毛布:60円/枚、枕時30分円/個
〇その他
▼サービスの利用は布団等3枚と枕1個以内で年1回限りです。
▼訪問日は7月以降に業者から直接電話で連絡します。
▼離島など場所によっては訪問回収ができない場合があります。
〇申請期限 6月24日木曜日
●申込・問い合わせ
以下の窓口か各出張所・連絡所で申請してください(電話申請は不可)。
▼高齢者:高齢者支援課
 電話22-2111内線186
▼障がい者:市社会福祉課
 電話22-2111内線191


「はかり」の定期検査

取引や証明に使う「はかり」は2年ごとの定期検査(計量士による代行検査含む)が義務付けられています。ただし前回の定期検査よりも後に購入した場合、今回の検査は免除されます。
〇対象 取引や証明に使用するはかり
〇日時・場所
▼7月1日木曜日
10時30分~11時30分/柳東文化会館
13時~15時/大畠出張所
▼7月2日金曜日
10時~10時30分/伊陸出張所
11時~12時/日積出張所
13時30分~15時/新庄出張所
▼7月5日月曜日
10時30分~11時30分/余田出張所
13時~14時30分/伊保庄出張所
▼7月6日火曜日
11時~11時30分/阿月出張所
13時~16時30分/アクティブやない
▼7月7日水曜日
10時30分~11時30分/平郡出張所
13時~14時/西平郡連絡所
▼7月8日木曜日
10時30分~12時/柳井市役所
13時~15時/柳井市役所
〇持参物 清掃したはかり、手数料(金額は問い合わせてください)
●問い合わせ
 (一社)山口県計量協会
 電話083-986-2591
 商工観光課
 電話22-2111内線369


羽毛製品の寄付にご協力をお願いします

■「UMOUプロジェクトin山口」の取り組み
 いらなくなった羽毛製品のリサイクルを行っています。その収益金の一部は、赤い羽根共同募金を通じて地域福祉活動に活用されています。
〇羽毛布団、ダウンジャケットなどの羽毛製品が対象です。
※穴や汚れのある製品も可能です。
▼品質表示中ダウン率が50%未満の製品、綿ふとん、羽根布団は対象になりません。
▼次のいずれかの場所へ直接持ち込んでください。
●持ち込み先・問い合わせ
▼市社会福祉協議会 電話22-3800
▼市清掃センター 電話22-2270


令和2年度 情報公開制度の運用状況

※件数の詳細はPDF版または音訳版で確認してください。
1件の請求につき複数の処分があるため、請求等の件数と処理状況の件数が異なります。

令和2年度 個人情報保護制度の運用状況

※件数の詳細はPDF版または音訳版で確認してください。
訂正・削除・利用中止に関する請求は0件。

令和2年度 審議会等の会議の公開運用状況

※件数の詳細はPDF版または音訳版で確認してください。
会議の開催は市役所1階ロビー掲示板、各出張所・連絡所、総務課ホームページに掲載しています。
個人情報保護などの理由で非公開とする場合があります。

●問い合わせ 総務課 電話22-2111内線432


6月のくらしの護身術
~消費生活センターからのお知らせ~

まさかの高額請求!?水漏れ修理、開錠でのトラブルにご注意を

水漏れやトイレのつまり、鍵の開錠など緊急事態は突然起こります。
困った時に、折り込みチラシやインターネットでみつけた業者に相談したら「請求内容が広告と違う」「作業後に、高額な料金を請求された」などのトラブルに巻き込まれた、という相談が全国的に発生しています。
緊急時に慌てないためにも水漏れの応急処置や、安心して依頼できる事業者の情報を準備しておくと安心です。契約状況によってはクーリング・オフできる場合もあるので、気になる時は相談してください。
●消費者相談窓口
 柳井地区広域消費生活センター
 (商工観光課内)
 電話22-2125


防災行政無線放送予定

▼6月17日木曜日10時ごろ
 緊急地震速報訓練
▼7月1日木曜日12時30分ごろ
 消防署による
 サイレン吹鳴テスト
●問い合わせ
 危機管理課
 電話22-2111内線491

 

市民相談

 

「弁護士による福祉無料法律相談/高齢者・障がい者優先(要予約・市民対象)

〇日時 7月21日水曜日9時~11時30分
〇場所 市総合福祉センター3階研修室
〇内容 遺産分割、債務不存在確認、成年後見申立などの初期相談
〇定員 5人(先着順)
〇相談時間 30分以内
●申込・問い合わせ 市社会福祉協議会 電話22-3800


弁護士による無料法律相談(要予約・市民対象)

〇日時 7月14日水曜日9時30分~12時
〇場所 市役所3階大会議室
〇定員 8人(定員になり次第締切)
●申込・問い合わせ 7月1日木曜日8時30分から電話で受け付けます(先着順)。
市民生活課 電話22-2111内線161


知的障害者更生相談所巡回相談(要申込)

〇日時 7月19日月曜日10時~15時
〇場所 市総合福祉センター
〇内容 療育手帳相談、保健相談など
〇対象 18歳以上で知的障がいのある人
〇持参物 療育手帳、身体障害者手帳
●申込・問い合わせ
▼市社会福祉課
 電話22-2111内線191
▼山口県知的障害者更生相談所
 電話083-922-7511


児童巡回相談(無料・要申込)

18歳未満の児童の虐待、育児、健康、障がい、非行などあらゆる相談に応じます。
〇日時 7月12日月曜日10時30分~16時30分
〇場所 県柳井総合庁舎2階大会議室
〇相談員 児童心理司、児童福祉司、家庭相談員等
〇申込期限 6月21日月曜日
●申込・問い合わせ 岩国児童相談所
電話0827-29-1513


岩国年金事務所による年金相談(要電話予約)

〇日時 7月8日木曜日,21日水曜日※
 /10時~12時,13時~16時
 ※第4木曜日が祝日のため水曜日に開催
〇場所 市役所3階大会議室
●申込・問い合わせ 8月12日木曜日,26日木曜日の年金相談の予約は7月1日木曜日から受け付けます(先着順)。定員になり次第締め切るため、早めに申し込んでください。予約の際には基礎年金番号を確認します。
岩国年金事務所お客様相談室
電話0827-24-2222


行政・市民相談

〇日時 7月14日水曜日13時30分~16時
 /受付15時30分まで
〇場所 市役所3階大会議室
〇内容
 行政相談:行政相談委員による行政への苦情や要望の相談
 市民相談:行政書士会岩国支部柳井地区会員による官公署手続、書類作成等の相談
●問い合わせ 市民生活課  電話22-2111内線161


行政相談

〇日時 7月14日水曜日13時30分~16時
 /受付15時30分まで
〇場所 ふれあいタウン大畠
〇内容 行政相談委員による行政への苦情や要望の相談
●問い合わせ 大畠出張所 電話45-2211

 

講座・教室

 

狩猟免許の更新および試験・講習会(要申込)

(1)狩猟免許更新講習会
〇日時・場所
 6月30日水曜日,7月1日木曜日 10時~17時/県柳井総合庁舎
 7月6日火曜日,7日水曜日 10時~17時/県岩国総合庁舎
〇料金 2,900円
〇申込期限 実施日の1週間前
(2)狩猟免許試験
〇日時・場所
 7月18日日曜日9時~16時/ゆめプラザ熊毛
 9月5日日曜日9時~16時/市文化福祉会館
〇料金 5,200円
〇申込期限 実施日の9日前
(3)狩猟免許取得等経費の助成
わな猟免許、第一種銃猟免許の新規取得者に助成します(新規に取得し、当該年度内に狩猟者登録をすることが必要)。
〇助成額 わな猟免許15,000円、第一種銃猟免許67,000円
■共通事項 (1)~(3)
●申込・問い合わせ 岩国農林水産事務所 電話0827-29-1567
(4)狩猟免許講習会
〇日時・場所 各会場の試験日前日9時30分~16時/試験と同会場
〇料金 一般6,000円、猟友会会員4,000円
●申込・問い合わせ 県猟友会 電話083-924-3517


親と子の海辺の教室「プラスチックモンスターをやっつけよう! In やない」(無料・要申込)

親子で身近な海岸にてマイクロプラスチックの調査や観察、海岸清掃を実施します。プラスチック製品が海や自然環境に与えている影響の一端を学びます。
〇日時 8月3日火曜日9時30分~11時30分
〇場所 柳井南小学校体育館、小学校横海岸 ※雨天中止
〇講師 専門研究員 梶原丈裕氏
 (山口県環境保健センター職員)
〇対象 市内小学校児童と保護者
〇定員 20組(先着順)
〇申込期限 7月26日月曜日
●申込・問い合わせ 市民生活課
電話22-2111内線165,166


島スクエアプラス起業家育成講座(無料・要申込)

■起業基礎講座
 「身近な起業のノウハウ」
〇講師 中本和幸氏
 (中本経営コンサルタント事務所代表・中小企業診断士)
〇場所 島スクエア起業教育研究センター
〇日時 7月3日土曜日・17日土曜日 両日とも13時30分~16時30分
●申込・問い合わせ 受講者は氏名と連絡方法を5日前までにお知らせください(当日受付も可)。
〒742-2106
周防大島町小松91-4
NPO法人島スクエアプラス
電話090-7979-4615
メール npo-shimaplus@sea.icn-tv.ne.jp


手話奉仕員養成講座(無料・要申込)

手話での日常会話に必要な手話語彙、表現技術が習得できます。
〇基礎編
〇対象 令和元年度入門編受講済みの人
〇日時 全13回・各土曜日/(1)8月7日(2)8月21日(3)8月28日(4)9月11日(5)9月25日(6)10月2日(7)10月16日(8)10月23日(9)11月20日(10)11月27日(11)12月11日(12)12月18日(13)令和4年1月8日
 各回9時30分~12時45分(開始時刻、終了時刻が異なる場合あり)
〇入門編
〇対象 来年度基礎編を受講できる人
〇日時 全11回・各土曜日/(1)8月7日(2)8月21日(3)8月28日(4)9月11日(5)9月25日(6)10月2日(7)10月16日(8)10月23日(9)11月20日(10)11月27日(11)12月11日
 各回13時30分~16時45分(終了時刻が異なる場合あり)
〇場所 市文化福祉会館
〇定員 25人程度
〇料金 テキスト代は実費負担
〇申込期限 7月14日水曜日
●申込・問い合わせ 市社会福祉課
電話22-2111内線192


親子のためのおかね楽習フェスタinやない(無料・要申込)

小学生親子向けに、お金にまつわる講座プログラムと、お札鑑査や貯金箱作成などの体験プログラムを開催します。
〇日時 8月6日金曜日10時~15時45分
〇場所 アクティブやない
〇対象 小学生(応募多数の場合は抽選)
〇申込期限 7月21日水曜日
●申込・問い合わせ 山口県金融広報委員会
電話083-933-2608
URL http://yamaguchi-kinkoui.jp/<外部リンク>


「土砂災害から命を守る」パネル展示

〇日時 6月29日火曜日~7月8日木曜日
〇場所 市役所1階ロビー
〇内容 過去に発生した災害の状況や非常時に向けた対策などをパネルで紹介します。
〇主催 山口県防災・砂防ボランティア協会
●問い合わせ 危機管理課
電話22-2111内線491


やない西蔵ギャラリー展示情報(入館無料)

開館9時~17時/毎週火曜日休館
■柳井古木愛好会古木加工展示 7月9日金曜日~8月2日月曜日
●問い合わせ やない西蔵 電話23-2490


柳井図書館 おはなしの会(無料・申込不要)

〇日時 6月26日土曜日
■乳幼児向け 13時30分~14時10分
 おはなしバスケット/絵本の読み聞かせ
 「わにさんどきっはいしゃさんどきっ」「ぞうくんのあめふりさんぽ」・パネルシアターほか
■幼児・児童向け 14時30分~15時30分
 おはなしの会/絵本の読み聞かせ「にんじゃじゃ!」「バスをおりたら」・素話・パネルシアターほか
〇場所 柳井図書館2階視聴覚室
〇出演 お話サークル ことこと
●問い合わせ 柳井図書館 電話22-0628

 

募集

 

児童クラブ職員(補助員)

〇内容 放課後児童の育成支援の補助
〇場所 柳井・新庄・柳東・小田の各児童クラブ
〇勤務時期 夏休み期間
 7月20日火曜日~8月31日火曜日
〇勤務時間 毎週月曜日~金曜日、7時45分~18時45分のうち6時間以内
〇報酬 時給976円
〇採用 書類選考、面接のうえ採 用。履歴書を提出してください。
●問い合わせ 市社会福祉課
電話22-2111内線188


市営住宅入居者

入居資格など詳しくは問い合わせてください。
〇住宅名
▼一般住宅:琴風・迫田・高須・新庄北・瀬戸・本町
▼身体障がい者向け:高須(1戸)
〇申込期限 6月30日水曜日
 ※郵送の場合は当日消印有効
〇注意事項
▼申込多数の場合は抽選
▼単身者の申込が可能な住宅あり
▼同一の募集住宅・住戸タイプが2戸以上ある場合、高齢者世帯等のみで抽選する優先枠を設定
▼原則、公営住宅居住者は申込不可
所定の申込書に63円切手2枚を貼付して申し込んでください。
●申込・問い合わせ 〒742-8714 都市計画・建築課
電話22-2111内線236,237


柳井市子ども・子育て会議委員

幼児期の教育・保育や地域の子ども・子育て支援の推進を図るため、柳井市子ども・子育て会議の委員を募集します。
〇応募資格 次の要件を全て満たす市民。ただし、国・地方公共団体の議員・常勤の公務員を除く。
▼令和3年6月1日現在、20歳以上の人
▼18歳未満の子どもの保護者で 子育て支援に関心のある人
▼平日の日中に開催する会議に出 席可能な人
〇募集人員 2人
 (うち1人は女性優先)
〇任期
 9月1日~令和5年8月31日
〇報酬 日額5,100円
〇応募方法「応募の動機、柳井市の子育てに関する課題と望むこと」を800字程度(様式自由)にまとめ、住所・氏名・年齢・性別・電話番号を明記し、窓口、郵送、FAX、メールにより応募してください。
〇その他 提出された応募用紙等は委員の選考以外には使用しません。ただし、選考の結果、委員となった人の氏名は公表します。
〇応募期限 7月9日金曜日
 ※当日消印有効
●応募・問い合わせ 市社会福祉課
 電話22-2111内線188
 FAX23-7566
 メール shakaifukushi@city-yanai.jp


放送大学2021年度第2学期(10月入学)学生

多彩な放送授業が300科目あり、1科目から選べます。生涯学習やキャリアアップ、資格取得を応援します。
〇出願期間
▼第1回 ~8月31日火曜日
▼第2回 9月1日水曜日~14日火曜日※いずれも必着
●申込・問い合わせ 放送大学山口学習センター
〒753-0841山口市吉田1677-1
電話083-928-2501
URL https://www.ouj.ac.jp<外部リンク>


税務職員採用試験(高校卒業程度)

〇受験資格 令和3年4月1日において、高等学校・中等教育学校を卒業して3年を経過していない人、令和4年3月までに高等学校・中等教育学校を卒業見込みの人または人事院が同等の資格があると認める人
〇第1次試験日 9月5日日曜日
〇受付期間
▼インターネット申込/6月21日月曜日9時~30日水曜日(申込データを受信完了)
▼郵送・持参/6月21日月曜日・22日火曜日 ※当日消印有効
●問い合わせ
広島国税局人事第二課
電話082-221-9211内線3743・3635
柳井税務署 電話22-0277


消防設備士試験

〇試験日 9月5日日曜日
〇受験地
 下関市、山口市、周南市
〇試験の種類
▼甲種(特類、第1~5類)
▼乙種(第1~7類)
〇願書受付期間
▼電子申請
 6月29日火曜日~7月13日火曜日
※電子申請詳細は(一財)消防試験研究センターホームページで確認してください。
▼書面申請
 7月2日金曜日~16日金曜日
●問い合わせ 柳井地区広域消防本部予防課  電話23-7774