ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 都市計画・建築課 > 宅地開発するとき(開発許可等)

宅地開発するとき(開発許可等)

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年3月1日更新

開発行為は、建築行為と一体となって周辺の市街地環境に影響を及ぼすものであることから、開発行為に対して一定の水準を保たせることを目的に開発許可制度が設けられています。

柳井市内において、土地の開発を行う場合に必要な手続の面積要件は、次のとおりです。

 

手続き内容

柳井都市計画区域

旧大畠町の区域
(神代・大畠・遠崎)

宅地開発を行うとき

都市計画法に基づく許可
(事前手続き)

1,000平方メートル以上

10,000平方メートル以上

 一定面積以上の土地を宅地造成する場合は開発行為に該当しますので、あらかじめ都市計画法に基づき1,000平方メートル以上10,000平方メートル未満は柳井市長、10,000平方メートル以上については山口県知事の許可を受ける必要があります。
 詳しくは「開発許可ハンドブック」<外部リンク>及び「柳井市開発行為の手引」 [PDFファイル/1.01MB]をご覧ください。
「柳井市開発行為の手引」は、事業者の理解と協力のもと開発許可制度が円滑に運用されることを目的として開発行為に必要な手続、基準等を明確化していますのでご理解、ご協力をお願いします。

 

 また、開発許可に該当しない土地造成の場合は、書面による届出を行ってください。

  ◆開発行為でない旨の届出書

  ◆開発行為に関する届出書(許可不要の宅地目的の場合)

  ※様式は柳井市の申請書一覧(都市計画・建築課)のページからダウンロードできます。


Adobe Readerダウンロード<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)