ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 政策企画課 > 男女共同参画社会の実現

男女共同参画社会の実現

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年6月15日更新

 男女共同参画社会とは

 男女共同参画社会とは、すべての人が、性別に関係なく互いに一人ひとりの人間としての尊厳が守られ、基本的人権を尊重し、その個性と能力を十分に発揮することができる社会です。

6月23日~29日は男女共同参画週間です

 男女共同参画社会基本法の目的や基本理念について理解を深めることを目指して、毎年6月23日から29日までの1週間を「男女共同参画週間」としています。

令和3年度「男女共同参画週間」キャッチフレーズ

 「女だから、男だから、ではなく、私だから、の時代へ。」

 「自分を好きになって、自分を信じ、創り上げた自由な発想が受け入れられる社会。みんなで築いていく 男女共同参画社会とは?! みなさんが進んでいく社会への願い・想いのこもったキャッチフレーズ」を内閣府がユース世代(15~20歳)を対象に募集し、決定しました。

 職場で、学校で、地域で、家庭でそれぞれの個性と能力を発揮できる「男女共同参画社会」を実現するためには、皆さん一人ひとりの取組が必要です。

 私たちのまわりの男女のパートナーシップについて、この機会に考えてみませんか。 

男女共同参画基本計画

 第3次柳井市男女共同参画基本計画 

実現に向けての取り組み

柳井市男女共同参画協議会

 男女共同参画社会の実現に向けて、柳井市における男女共同参画に関する施策に関して広くご意見をいただくため、平成18年3月に設置されました。本協議会は、第3次柳井市男女共同参画基本計画の策定に伴い、「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」の規定に基づく協議会として位置づけました。

 構成員(出身団体等)

  • NPO法人やまぐち男女共同参画会議
  • 教育委員
  • 市内一般事業主
  • 人権擁護委員
  • 柳井公共職業安定所
  • 柳井市小中学校PTA連合会母親委員会
  • 柳井市母子保健推進協議会
  • 柳井商工会議所女性会
  • 山口県保育協会柳井支部

 

各種審議会等への女性委員の参画推進  

    参画状況(令和2年3月31日現在) [PDFファイル/69KB]

柳井市女性団体連絡協議会への支援

情報提供・啓発事業                                                       

配偶者からの暴力

 配偶者からの暴力(ドメスティック・バイオレンス。略してDV)は、配偶者からの身体に対する暴力またはこれに準ずる心身に有害な影響を及ぼす言動であり、また、配偶者には元配偶者、婚姻の届出をしていないが事実上婚姻関係と同様の事情にある者も含まれます。

 配偶者からの暴力は、犯罪となる行為をも含む重大な人権侵害であり、決して許されるものではありません。また、外部からその発見が困難な家庭内において行われることも多いため、潜在化しやすく、また加害者に罪の意識が薄いという傾向にあるため、暴力がエスカレートし、被害が深刻化しやすいという特性があります。

 新型コロナウイルス感染症に伴う生活不安・ストレスなどからDVの増加や深刻化が心配されています。

 一人で悩まず相談してください。

DV相談+(プラス)

 内閣府では、DV相談事業を拡充し、電話・メール・チャットによる相談を受け付けています。

 DV相談+(プラス)

 電話 0120-279‐889(つなぐはやく) 24時間受付   

 メール・チャット DV相談+のページ(リンク)<外部リンク>

DV相談ナビ

 配偶者からの暴力に悩んでいることをどこに相談すればよいかわからないという方のために、内閣府では全国共通の電話番号(#8008)から相談機関を案内するDV相談ナビサービスを実施しています。発信地等の情報から最寄りの相談機関の窓口に自動転送され、直接ご相談いただくことができます。

 DV相談ナビ #8008 (はれれば)

 山口県内でDV相談ナビ(#8008)にかけると、山口県男女共同参画相談センターにつながります。                                                             

山口県男女共同参画相談センター

 電話 083-901-1122(相談専用) DVホットライン(緊急用)0120‐238122

 受付 月曜日~金曜日 8時30分~22時00分
     土曜日 ・ 日曜日 9時00分~18時00分(祝日・年末年始を除く)

女性に対する暴力の根絶

 配偶者等からの暴力、性犯罪、ストーカー行為、売買春、人身取引、セクシュアルハラスメント等女性に対する暴力は、人権を著しく侵害する行為であり、重大な問題です。

 一人で悩まず相談してください。身近な人が悩んでいたら相談先を教えてあげてください。

 詳しくは、内閣府男女共同参画局のホームページ(リンク)<外部リンク>をご覧ください。

性暴力に関するSNS相談「Cure Time(キュアタイム)」

 内閣府では、チャットによる相談を受け付けています。

 受付 月・水・土曜日 17時00分~21時00分

 Cure Time(キュアタイム)のページ(リンク)<外部リンク>

性暴力・性暴力被害者のためのワンストップ支援センター

 全国共通短縮番号 ♯8891(はやくワンストップ)

 発信場所から最寄りのワンストップ支援センターにつながります。山口県内で(#8891)にかけると「やまぐち性暴力相談ダイヤルあさがお」につながります。

「やまぐち性暴力相談ダイヤルあさがお」

 性暴力被害にあわれた人のための相談専用電話です。専門的な研修を受けた、女性の相談支援員がお話を伺い、必要に応じて、病院での診察や臨床心理士によるカウンセリング、弁護士による法律相談などを受けることができます。一人で悩まず、相談してください。

電話 083-902-0889

相談時間 終日 (24時間365日)

詳しくは山口県男女共同参画課のホームページ(リンク)<外部リンク>をご覧ください。

法テラス山口の電話による法律相談(予約制)

 法テラス山口では、DV、ストーカー、児童虐待の被害を現に受けている方に対して、資力に関わらず再被害の防止に必要な法律相談を行っています。新型コロナウイルス感染症の影響により、面談での法律相談が困難であることを踏まえ、電話での法律相談(予約制)を行っています。

 電話 0570-078353

     050-3383-5490(IP電話をご利用の場合)

 受付 平日(土日及び祝日除く)  9時00分~17時00分

詳しくは法テラス山口のホームページ(リンク)<外部リンク>をご覧ください。

関連リンク

内閣府 男女共同参画局へのリンク<外部リンク>

山口県男女共同参画課へのリンク<外部リンク>

柳井市ホームページへお問い合わせへ個人情報保護方針へ柳井市ホームページへ柳井市の紹介へ


Adobe Readerダウンロード<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)