ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 政策企画課 > 柳井商業高等学校跡地利活用事業の取組

柳井商業高等学校跡地利活用事業の取組

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年12月24日更新

複合図書館の外観

 本市では、柳井商業高等学校跡地を中心に、サンビームやない、市体育館、市文化福祉会館等を含めたエリアを“防災・文教・交流ゾーン”として位置付け、同跡地に複合図書館や駐車場、防災公園、弓道場を整備する取組を進めています。
 ※掲載内容は、掲載日時点のものです。

 

全体整備計画方針

 

跡地計画図

■Aエリア:駐車場整備エリア

・周辺公共施設の利用者も使用できる駐車場(約200台分)の整備

・市道洲崎落合線の改良(2車線及び歩道整備)

■Bエリア:今回の施設整備エリア

・複合図書館の新築

・防災機能を持つ芝生広場の整備

・老朽化した柳井市弓道場の移転

■Cエリア:将来的な施設整備エリア

・公共施設再配置用地 ※当面は柳井商工高校硬式野球が引き続き利用します。 

 柳井商業高等学校跡地の全体整備計画方針 [PDFファイル/993KB]PDFアイコン 

 

基本構想の一部変更(令和3年9月)

 令和3年7~8月に開催した「柳井商業高等学校跡地利活用市民会議」を始め、これまで市民の皆さんからいただいた意見を踏まえ、平成30年5月に策定した「柳井商業高等学校跡地利活用基本構想」を一部変更、「文教ゾーン」から「防災・文教・交流ゾーン」へと位置付けを改めました。

 
各施設の整備・活用の方向性
  •  

複合図書館の整備

 複合図書館は、幼児からご年配の方まで様々な世代が利用でき、多様な学び、体験、活動ができる複合的な機能を備えた施設です。
 知識や情報を得るだけでなく、様々な情報や人が集まる場にすることで、人とつながり、主体的にまちにかかわることができる「学びあいの場」を目指します。

 
複合図書館の館内複合図書館の機能

 複合図書館実施設計概要資料 [PDFファイル/37.34MB]PDFファイルのアイコン

※市民会議等の意見を踏まえ、現在、設計内容の一部について見直し中です。

 

これまでの主な取組

その1 これまでの主な整備状況

 柳井商業高等学校跡地整備について、これまでの主な整備状況を紹介しています。

 これまでの主な整備状況のページはこちらから

その2 市民ワークショップ「やないのおしゃべりとしょかん」(平成30年2月~10月)

 複合図書館にどのような機能が必要か検討するため、市民ワークショップ「やないのおしゃべりとしょかん」を開催しました。

 市民ワークショップ「やないのおしゃべりとしょかん」のページはこちらから

その3 説明会・意見交換会(平成29年5月~令和元年5月)

 これまでに開催しました説明会や意見交換会の概要を紹介しています。

 説明会・意見交換会のページはこちらから

その4 複合図書館整備に関するこれまでの経緯と運営方針について(令和元年12月)

 複合図書館整備に関する実施設計やこれまでの経緯と運営方針について、令和元年12月に取りまとめました。※市民会議等の意見を踏まえ、現在、一部内容を見直している部分があります。

 複合図書館整備に関するこれまでの経緯と運営方針 [PDFファイル/4.06MB] PDFファイルのアイコン

その5 柳井商業高等学校跡地利活用市民会議(令和3年7月~8月)

 柳井商業高等学校跡地の利活用について、幅広くご意見をいただくため、『柳井商業高等学校跡地利活用市民会議』(略称:市民会議)を開催しました。

 市民会議のページはこちらから

 


Adobe Readerダウンロード<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)