ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 危機管理課 > ハザードマップ等・危険度分布図
救急、消防
ハザードマップ等
津波に関すること
避難所等
災害への日頃の備え
航空機騒音
国民保護計画、自衛官募集
交通安全・交通災害共済、防犯等
地域防災計画等
国土強靭化
防災関係情報
東日本大震災関連

ハザードマップ等・危険度分布図

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年5月12日更新

ハザードマップ等

台風、地震、地すべりなど災害の種類によって避難場所も異なります。家の周りにはどういった災害の危険性があるのか、避難できる場所はどこがあるか、日頃から考えておきましょう。 

情報マップの種類内容

洪水ハザードマップ

柳井川、土穂石川、灸(やいと)川、田布施川が氾濫した場合の浸水想定区域や洪水に対する備え等を記載。

土砂災害ハザードマップ

土砂災害警戒区域等の位置や、災害時にいち早く円滑な避難が行えるよう避難場所、気象情報、災害情報の伝達方法等を記載。

地震(ゆれやすさ)マップ

柳井市への影響が大きいと考えられる地震が発生した場合の地盤のゆれやすさや地震に対する備え等を記載。

危険ため池ハザードマップ

大雨等により、ため池が万が一決壊した場合の浸水区域図。

高潮ハザードマップ

過去最大規模の高潮被害を発生させた台風と同等の気象条件を想定した浸水区域に加え、高潮発生の仕組みや浸水時避難のポイント等を記載。

津波ハザードマップ

南海トラフを震源とする地震で想定される津波浸水区域に加え、避難場所や避難の目安となる海抜10m以上の等高線を記載。
ハザードマップポータルサイト<外部リンク>国土交通省が運営する、「ハザードマップポータルサイト」です。身の回りでどんな災害が起こりうるのか、調べることができます。 洪水・土砂災害・津波のリスク情報、道路防災情報、土地の特徴・成り立ちなどを地図や写真に自由に重ねて表示できます。

※最新の指定緊急避難場所等は、「指定緊急避難場所と指定避難所について」のページでご確認ください。

 

液状化危険度分布図(山口県地震被害想定調査報告書)

「地域被害想定結果の概要」<外部リンク>
※P14からP18をご覧ください

・液状化危険度分布図拡大版
<11第Ⅱ編 自然現象(液状化)><外部リンク>

 


Adobe Readerダウンロード<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)